余り布でできるハンドメイドレシピ集|バザーに出せる小物たち

余り布でできるハンドメイドレシピ集|バザーに出せる小物たち

photo by:ahmiosho

ハンドメイドで作品を作ったときに出る余り布。皆さんどうしていますか?

お気に入りの布なので捨てるのはもったいないですよね。ちょっとした布があればできる小物もあります。余り布でできる小物のレシピをずらりとラインナップしました。

余り布をつかって作ってみましょう。

余ったハギレはどうする?

まずは捨てないで!

*

ハンドメイドは楽しいですよね。それはもう布選びの段階から始まっています。手芸店や布屋さんに行ってワクワクしながら生地を選ぶ。そうして吟味して買ってきた生地で目的のハンドメイドのお品を作る。それはもうきっと満足のいく作品、思い入れのある作品になることでしょう。

しかし、余りがでないようにきちんと型紙をとっても、余り布は必ずでるもの。
大好きな布、柄、素材なので捨てるのは躊躇しますよね。
だからといって、使い道もないし…。

ちょっと待って!!
いろいろな作品に余り布が生まれ変わります。まずは、捨てないで取っておいて下さい。

ハギレの保存

photo by:ahmiosho

1cm幅くらいのハギレでもつくれるものがあります。かさばるときは巾着や、箱などに入れて保管しておきましょう。

何かを作ってでるハギレの中には、長くて細いものも出るかと思います。そんなごくごく小さなハギレでも針金ハンガーに巻きつければ布のハンガーになります。途中で切れていても大丈夫。何かと役に立つハギレ。スペースに余裕があればとっておいて下さい。

もしかしたらあるかもしれないバザー

お子さんが成長すると

photo by:ahmiosho

お子さんが幼稚園、小学校と進級するにつれ、幼稚園ではバザーがあるところも多く、何か品ものを提供しないといけない(義務ではありませんが、お声がかかります)ところもあるようです。

クラブ活動でもその収益が部費の拡充につながり遠征費の一部になるところも多いようで、ここぞとばかり張り切る保護者も。

たいていお中元、お歳暮の品をそのままバザーに出すということが多いようですが、中にはハンドメイドであっと思うものを出されているお母さんもいます。

photo by:ahmiosho

現在は何も予定がなくても、お子さんが大きくなると何かとそのような行事が出てきます。それはそんなに先のことではないかもしれません。
そんなときに余り布は多いに役立つ救世主になってくれます。

ワンディショップさながらの作家さんの気分で作品を作って出してみるのもいいですね。
何より喜ばれるし、ハギレならコストもそれほどかかりません。

それに捨ててしまう布が生まれ変わって誰かに喜んでもらるのなら嬉しいですよね。

コツを覚えたら案外簡単に量産できるものもあります。そんなハンドメイド作品をこれからご紹介したいと思います。

しかし、駄作を商品として出すなんて…

*

心配ご無用。
そもそも、幼稚園や小学校のバザーは収益を目的としていません。商品を提供するのもボランティアなのです。

そのため商品自体の値段も小学生でも気軽に買える値段をつけているところも多く、買ったものが壊れたとしても、そこはご愛嬌でまかり通るところもあります。
かといって、あまりにも粗悪品はNGですが…。

なので、あまり気を遣いすぎず、気楽に作ってみることが大切です。要はこれを使ってくれる人は喜んでくれるかな~という気持ちで、作ることが大切です。

余り布でできる小物たち

それではさっそく余り布でできる小物を見てみましょう。ほんの少しの布でできるものから余り布を寄せ集めてできるもの…。工夫しだいで楽しいハンドメイド作品ができます。

コースター

photo by:ahmiosho

ハギレでできるものといえば、真っ先に思いつくのは「コースター」。

余り布を、11cm×11cmの正方形に裁断、切り替えをつけたい場合は、2種類の布を縫い合わせて、好きな位置で11cm×11cmになるように裁断するか、先に全体の大きさが11cm×11cmになるよう8cmと3cmにするなどして縫い合わせて作る方法があります。

ミシンがない!という方は手縫いでもできます!

ミシンでするなら…

基本のコースターの作り方|切り替えつきでかわいくアレンジ
余り布を使ってコースターを作りましょう。11cm×11cmの切れ端があればできます。パッチワークならもっと小さな布でOK。作り方の基本をみてみましょう。

手縫いなら…

リネンの風合いを活かした手縫いのコースターの作り方【本返し縫いのしかた】
真四角のコースターって一見簡単そうですが、ちゃんときれいな四角に仕上げるのは結構難しい。それなら手縫いだからこそ感じられる風合いと多少の歪みが魅力のコースターを作ればいいのでは…。手縫いのときに縫う「本返し縫い」の縫い方もガイダンスします。

ふたつきポケットティッシュケース

photo by:ahmiosho

シンプルなティッシュペーパーケースもいいけど、このようにふたがついているとオシャレです。一見難しそうにみえますが、コツを覚えれば簡単にできます。

photo by:ahmiosho

ふたを開くとこんな感じです。ティッシュペーパーを入れるところの奥にもうひとつポケットがあるので、バンドエイドなど入れておいてもいいですね。

材料

【切り替えなしの作り方:材料1個分】

・54㎝✕14㎝の布(両端それぞれ1cmの縫い代込)……1枚

【切り替えありの作り方:材料1個分】

・20㎝✕14㎝の布(両端それぞれ1cmの縫い代込)……2枚

・16㎝✕14㎝の布(両端それぞれ1cmの縫い代込)……1枚

・お好みでレース、タグ

photo by:ahmiosho

1枚の布を山折り谷折りを繰り返して折り込んでいき、両端をミシンで縫っただけ。コツをつかめば簡単。量産するにはもってこいの小物です。

ふたつきポケットティッシュケースの作り方。画像でガイダンス
ふたつきのポケットティッシュケースの作り方です。内ポケットもあってちょっとしたものを入れるのに便利。複雑そうにみえて簡単!そのからくりは…

ICパスケース

photo by:ahmiosho

これはバザーで出すと喜ばれる品物です。おけいこごとで電車やバスに乗る子どもも多く、目立つ柄のパスケースはかばんの中で見つけやすいし、ホルダーをつけているので、自分でひもやボールチェーンなどつけて首にぶら下げてもいいし……。
もちろん、バザーでなくても自分用に欲しいハンドメイド作品です。

パスを入れると隠れてしまうけど、自分だけの楽しみとして好きなスタンプを押してます。
ビニールシートはなんと100均のクリアケースです。

材料

photo by:ahmiosho

・ハギレ布(背面、中側の布)…9cm×13cm(2枚)

・ハギレ布(表窓の布)…9cm×11.5cm

・革ひも…8mm×6cm長さ

(なければ綿テープなどで代用可能)

・窓部分のクリアケース…7cm×9cm

・接着芯…7cm×11cm、5cm×7cm

※すべて縫い代込のサイズ

photo by:ahmiosho

自分が好きなタグやレース、もちろん布地がかわいければそのまま何もつけずに作ります。

タグも1枚ずつ買うと結構高いので量産するときは、綿テープにスタンプを押して、カットしてミシンすれば即席タグが完成です。

ICパスケース・定期入れを作ろう。窓つきで通勤通学に便利。
ICパスケース・定期入れはほんの余り布ででき、窓の部分は100均のクリアケースを利用しています。革タグをはさんで作ればボールチェーンなどつけて首にかけることもできます。簡単に作れるのでチャレンジしてみませんか?

モバイルケース

photo by:ahmiosho

かばんなどにちょっとひっかけておくと取り出しやすく便利です。ガラケーの頃には活躍したケースですが、スマホ、iphoneではあまり使わないかな……。
でも、3DSが入るサイズに作ってバザーに出したところ、子どもたちや、なんとお年寄りが真っ先に買ってくれました。
まだまだ需要はありそうです。

材料

photo by:ahmiosho

・表布……32㎝×12㎝
・裏布……32㎝×12㎝
・キルト芯……30㎝×10㎝
・革ひも……3mmくらいの幅の物を6㎝
・綿テープ……3㎝幅のものを23㎝
・飾りのレース(好みで)
・シェルボタン……1個

ボタンはシェルボタンを使っています。

※シェルボタン
貝殻を加工してできたボタンです。手芸店や雑貨屋さんなどで売られています。キラキラ光る天然素材がいい感じです。

かばんに引っかけるモバイルケースの作り方
ガラケー時代にみかけたモバイルケース。スマホ、iphoneに移行してプラスチックケースが主流となりましたが、まだまだ需要はありそうです。かばんにひっかけてサッと取り出しやすいモバイルケースの作りかたのご紹介です。

リコーダーケース

photo by:ahmiosho

小学校になったら使うリコーダー。学校指定で買うことが多いと思いますが、リコーダーケースはシンプルというより味気ないものだったりしますよね。
ちょっとかわいくリコーダーケースを作ってみましょう。ランドセルにひっかけると注目の的です。

材料

photo by:ahmiosho

・表布……縦8cm×横74cm
・裏布……縦8cm×横68cm
・ふた部分……縦8cm×横6cm
お好みでタグやシェルボタン、モチーフ、レースなど

photo by:ahmiosho

学校指定のリコーダーケースが味気ないせいかバザーで出したらまっさきに売れました。

手作りのリコーダーケースでお子さまも大喜び!2パターン作り方紹介
学校指定のリコーダーはケースがいまいち可愛くない。いっそハンドメイドしてお友だちに自慢しましょう!お子さんの好きな布で作ってランドセルに引っかければテンションもアップ。2パターンの作り方をご紹介します。

じゃばらのカードケース

photo by:ahmiosho

油断するとすぐにたまるポイントカード類、それだけでお財布はもうパンパン。こんなときに専用のカードケースをカバンに入れておくと便利です。
財布もかさばらず急な買い物のときもカード忘れになることなくポイントを加算することができます。

パッチワーク風に組み合わせればほんのわずかなハギレでOK。

材料

・表面の布:18.5cm、横10cm(縫い代別)……1枚
・裏面の布:18.5cm、横10cm(縫い代別)……1枚
・仕切り板用の布:輪にして6.5cm×9cm(縫い代別)……2枚
・接着芯:6.5cm×9cm……2枚
・じゃばら用の布:輪にして12cm×7.5cm……2枚

・バイアステープ

・スナップボタン

・お好みでレースやタグ

photo by:ahmiosho

ちょっと上級者コース。じゃばらの部分が細かい作業になり難しいですが、挑戦してじゃばらのカードケースを作ってみましょう。
これはひとつ持っておくと大変便利なお品です。

じゃばらのカードケースを作ろう。これで財布のパンパンを解消!
じゃばらのカードケースの作り方のご紹介です。財布の中がカードでパンパンになっていませんか?カードケースを別にカバンに入れておけば財布もスッキリ。カードを取り出すときもスムーズ。そんな重宝するカードケースを余り布で作ってみましょう。

Wガーゼでマスク

photo by:ahmiosho

給食に欠かせないのがマスク。かわいい布で作れば給食当番も楽しくなるかも?

材料

できあがりサイズ:横約12㎝×縦8.5㎝(小学生用)

・Wガーゼ布…20㎝×36㎝

・ゴム…28㎝くらいを2本

photo by:ahmiosho

給食タイムだけではなく、風邪のシーズンにも活躍しそうです。

Wガーゼでマスクを作ろう!ミシンでも手縫いでも
Wガーゼ素材でマスクを作りましょう。お子さんの給食タイムに欠かせないマスク。ハンドメイドでかわいい柄のものだとテンションもあがります。給食当番が楽しみになるようなかわいいものを手作りで。

シュシュ

photo by:ahmiosho

直線縫いだけでできるシュシュはもっともお手軽なハンドメイド。もちろん手縫いでもOK。

ただ意外と布地は必要です。ハギレでつくるならパッチワーク風にするか、3色、4色展開でつくればいいですね。

材料

・布…幅12㎝×長さ52㎝(縦、横ともに縫い代を2㎝ずつ含む)

・ゴム…長さ約22㎝(ヘアゴム、平ゴムどちらでも可)

シュシュ基本の作り方。直線縫いだけでできる基礎編【画像でガイダンス】
シュシュの作り方をみてみましょう。もっとも簡単な基礎編です。画像でていねいに解説します。コツをつかめばすぐに作れるようになり、サイズも自由自在。余り布を使って作ってみましょう。

ハギレの布ブローチ

photo by:ahmiosho

一見ゴージャスに見える布ブローチですが、なんとハギレでできます。

材料

photo by:ahmiosho

余り布2.5cm×40cm~50cmを6本用意します。それを手縫いでザクザク縫って重ねるだけ。少々おおざっぱで構いません。

photo by:ahmiosho

リボンをつけたり、ゴムをつけたり…。100均にも売っているブローチピンをつけてバザーに出すと目立ちます。

布ブローチは切りっぱなしが可愛い。ザクザク縫ってできる作り方
端切れでできるおしゃれな布ブローチを作りましょう。50cm×24cm程度の布があれば1個できます。リネンやダブルガーゼ、コットンなど余ったものでOK。縫い方もおおざっぱで大丈夫。ミシンも必要なし。簡単なのにゴージャスに見える布ブローチのご紹介です。

サニタリーポーチ

photo by:ahmiosho

ファスナーも100均に置いてますし、手芸店でも100円以下であります。ファスナーのつけ方をマスターして作ってみましょう。

材料

photo by:ahmiosho

・14cmのファスナー……1本
・30cm×17cmの布……1枚

photo by:ahmiosho

サニタリーポーチは女子にはうれしい!友だちの誕生日プレゼントとしても喜ばれます。

ポーチを作りながらファスナーのつけ方をマスターしよう
ファスナーつけができるようになれば、小物作りのバリエーションがぐっと広がります。ファスナーつけの基本をマスターしながらお気に入りの布で可愛いサニタリーポーチを作ってみましょう。裏地なしであっという間に完成しますよ。

ミニトートバッグ

photo by:ahmiosho

A4のコピー用紙で型紙をとってつくるトートバッグです。切り替えを入れれば余り布でもできます。パッチワークにして繋げてつくってもいいですね。

材料

photo by:ahmiosho

〈本体の型紙〉1枚布の場合と裏布

・縦21cm×横30cm

 下の両角を縦3cm×横4cmの部分をカットする

〈本体の型紙〉切り替えタイプの場合

・縦21cm×横12㎝=2枚

 下のどちらか1方の角を縦3cm×横4cmの部分をカットする

・縦21cm×横10cm=1枚

作り方自体は簡単なのですぐ作れてしまいます。

A4コピー用紙の型紙で作るミニトートバッグ
「型紙がないから作品を作れない」と思っている方に必見です。A4コピー用紙で型紙が簡単におこせます。まずは簡単なミニトートバッグにトライしてみましょう。型紙の基本形ができたらあとは好きなようにアレンジを加えて作ると作品の幅が広がります。一緒に作ってみましょう。

ほんの少しの余り布でできるハンドメイド

布ハンガー

photo by:ahmiosho

クリーニング屋さんの針金ハンガーに布を巻いただけですが、殺風景なハンガーもナチュラルに仕上がります。

リネン生地の余りに両面テープを貼ってぐるぐる巻きつけるだけ。

巻くだけ、簡単!リネンハンガーの作り方
作り方というたいそうなモノではありませんが、リネンハンガーの作り方をご紹介します。 最近のクリーニング店では針金ハンガーにかかってでき...

リボンの髪ゴム

photo by:ahmiosho

作り方というほどのものではなく、余り布を長方形に裁断し、真ん中をしばって、同じ布でくるんで縛るだけの簡単にできる髪ゴムはいくつも作っておくと便利ですね。

手縫いでできるつくり方を紹介しています。

手縫いでできるヘアリボンの作り方
手縫いだけでできる髪ゴムのリボンの作り方です。チクチク針仕事でかわいいリボンを作ってみましょう。

布テープ

photo by:ahmiosho

ほんのちょっと、1cmくらいの余り布でも捨てないで!!
オシャレな布テープが出来ます。

ラッピングの袋に貼ったり、文房具に貼ったり……。ワンポイントになってカワイイですね。

余り布で布テープ|ごくごく小さなハギレでできるもの【作り方&活用事例】
いろんな小物を作って余ったごくごく小さなハギレでも捨てずに取っておきましょう。最後の最後にできるものとして布テープがあります。布に両面テープを貼って切り取るだけの簡単布テープは、いろいろな活用法がありストックしておくと便利。さっそく作ってみましょう。

くるみボタン

photo by:ahmiosho

くるみボタンなら、ほんの少しのハギレでOK。カラフルな布地だとキュートなボタンが作れます。ゴムを通してヘアゴムとして使ってもいいし、ワンポイントとして小物につけてもかわいい!

くるみボタンで髪ゴムを作ろう。100均のキッドが便利!ダイソーVSセリア
100均のくるみボタンキッドが意外と便利!ダイソーとセリアのくるみボタン、両者それぞれ作り方が違います。どちらのほうが作りやすいでしょうか…。見てみましょう。

ヨーヨーキルト

photo by:ahmiosho

ハギレを丸くカットして端を5mm折りながら、折った山の近くを1周ぐるりとぐし縫いして、しぼるとできます。

手縫いでできるので気軽につくることができて便利ですね。

ピンにつけてヘアピンにしたり、繋げてコースターにしたり…。アイデア無限大!

手縫いでできるハンドメイド|余り布でヨーヨーキルトを作ろう
お気に入りの布は最後までちゃんと使いたいもの。余り布の活用法としてヨーヨーキルトを作ってみませんか?作り方のご紹介です。型紙もダウンロードできます!ぜひご活用ください。

余り毛糸でもできる小物

余り布だけではなく、セーターやマフラーなどを作って余った毛糸も活用できます。捨てずに取っておいて!

麻ひもで作るコインパース

革と麻ひもでコインパースを作ってみましょう。細編みができれば大丈夫。革は切りっぱなしでいいし、アクセントにすることでまるで市販品のような仕上がりに。

麻糸は100均にも置いてあります。慣れたら1個編むのに30分程度でできますよ。

材料

・麻ひも…適宜

・革…適宜

・スナップボタン…1個

・内布(リネンなどお気に入りの布)…15cm×12cm程度

革と麻ひもの細編みのコインパース【画像ガイダンスでわかりやすく】
革と麻ひもでコインパースを作ってみましょう。初心者にもわかりやすく編み方をていねいにガイダンスします。革は切りっぱなしでいいし、アクセントにすることでまるで市販品のような仕上がりに。作り方をみていきましょう。

コットン糸のシュシュ

photo by:ahmiosho

100均でゴムを用意し、余り毛糸で巻きつけながら編んでいくだけ。くさり編みができれば大丈夫!慣れたら30分でできます。

材料

photo by:ahmiosho

・コットン糸
・リングゴム…直径5cmくらいのもの
・編み針…4/0を使用

photo by:ahmiosho

2色使いで編めばかわいいシュシュのできあがり。

コットン糸でシュシュを編もう。くさり編みで簡単しかもかわいい!
コットン糸でかわいいシュシュを編んでみましょう。慣れたら30分程度ででき簡単。まずはオーソドックスなくさり編みで作るシュシュを作ってみましょう。

編み花びらのブローチ

photo by:ahmiosho

花モチーフ3枚を重ねてつくるブローチです。ブローチにしたり、ゴムを通して髪ゴムにしたり、小物のワンポイントにしたり…といろんな場面でさりげない華を添えてくれます。

編み花びらのブローチを100均グッズで作ろう
余り毛糸や100均の糸で簡単にできる花びらのブローチを作ってみましょう。途中、長々編みが入りますが、編み方を画像を交えて丁寧に解説します。ちゃちゃっと作れるブローチなのですき間時間にどうぞ!

バザーに出すならこんなものも人気

余り布ではないですが、バザー目的でなにかハンドメイドしようと考えている方必見!こんなものも喜ばれます。

デコパージュの石けん

photo by:ahmiosho

100均にも置いてあるデコパージュ専用液を塗るだけで簡単にデコレーションできます。

photo by:ahmiosho

バザーに出すなら石けんや、木製クリップなんかいいですね。

100均のデコパージュで私にもできた!簡単・おしゃれな雑貨づくり
100均で買えるデコパージュ専用液を使っておしゃれに簡単にデコパージュしてみました。お気に入りの紙ナプキンの絵柄を残しておきませんか?

ボトルフラワー

photo by:ahmiosho

ドライフラワーは簡単に自宅でつくることができます。100均のかわいい瓶にいれたら超かわいい飾りになりました。

バザーに出したら人気出そう…。

ボトルフラワーがじわじわ人気。作り方をみてみよう。その美しさ永遠に…
特別な日に頂いたお花、ずっと残しておきたいものです。そんなときボトルフラワーはいかがですか?ドライフラワー用のシリカゲルがあれば1週間でできます。お気に入りに瓶に入れてディスプレイしましょう。

不用になった傘でエコバッグ

photo by:ahmiosho

娘たちが所属するクラブ活動のバザーのときにある保護者のお母さまが(子どもたちからしたらおばあちゃん)不用になった傘を部員たちから集めて素敵なエコバッグを作ってくださいました。

子どもたちもモノを大切にする心が養われ、有意義なバザーになったところでした。壊れた傘は捨てないで!

壊れた傘は捨てないで!ステキにリユース。エコバッグの作り方も解説
壊れた傘はすてていませんか?耐水性があるのでエコバッグに最適です。そのほか傘でこんなものができるんだ!というアイデアも盛りだくさん。まずはエコバッグ作りにチャレンジしてみませんか?

Note

お気に入りの布はたとえハギレでも捨てるのはもったいない。こんな作品に生まれかわるのならさらに楽しい時間を過ごせそうです。

バザー出店と量産できる小物をご紹介しましたが、バザーでなくても自分用、お友だちにおすそ分けでもいいです。そこまで利用してさらに余った布端は掃除用のウエス(雑巾)として使い切りましょう。



スポンサーリンク
人気ブログランキング

ブログランキングに参加しています!応援クリックお願いします♪

人気ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る