壁もポスターも傷をつけずにきれいに飾る方法7選

壁もポスターも傷をつけずにきれいに飾る方法7選

シェアボタンを押して情報を共有しましょう。

スポンサーリンク
photo by:ahmiosho

ポスターって穴を開けたくないですよね。特にコレクターの方は大切にしたいポスター。

穴を開けたくないのは、ポスターだけではありません。

賃貸住宅や家にこだわりがあるなら壁にも穴は開けたくないし、できれば最低限にとどめたいですよね。

でもカッコいいポスターは飾りたい!!

そんな両方の願いを叶えるポスターの飾り方7選です!いいアイデアがあれば実践くださいませ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ポスターや壁に傷をつけない7つの方法

【1】粘着ラバーを使う

※画像をクリックすると詳しい商品サイトに飛びます

賃貸でも使える貼って剥がせる練り消しゴムのようなラバーを使うとポスターにも壁にも穴は開きません。

しかも表からみてピンやテープが見えないのでスッキリ飾ることができます。

丸めて壁に貼るだけ

※画像をクリックすると詳しい商品サイトに飛びます

使い方は簡単。

適当な大きさに丸めてポスターの四隅に貼り、壁に押し当てるとくっつきます。

【2】シールや両面テープを使う

ワッポン

※画像をクリックすると詳しい商品サイトに飛びます

貼る画鋲と言われる「ワッポン」は、見た目がちょっとレトロな感じのシール。

アクセントになってかわいいかも?


ミツヤ WAP195-CJ-RD ワッポン オリジナル 赤 丸型120片・十字75片 5枚入

価格: ¥410 (税込)

※最新の情報は商品ページをご確認ください

3Mスコッチ


3M スコッチ はがせる両面テープ 超透明 厚手 15mm×4m SRT-15

価格: ¥579 (税込)

※最新の情報は商品ページをご確認ください

貼って剥がせる両面テープならポスターも壁も傷つきません。

ザラザラした面にもしっかり貼れて、きれいに剥がせるのでひとつ持っておくと便利。

【3】ニンジャピンを使う

ninjapin

普通に壁にピンを刺しても、外したときに穴が目立たないニンジャピンというものがあります。

普通のピンと比較してみましょう。

ninjapin

左側がニンジャピン、右側が普通のピンです。

ニンジャピンで刺したあとが画像ではわかりづらいので下の画像でガイダンスしてみました。

普通のピンは刺した跡が一目瞭然ですが、ニンジャピンはぱっと見、全然わかりませんね。

【4】マスキングテープを使う

マスキングテープは貼って剥がせるのがいいですね。おしゃれにデコレーションして飾ることも可能です。

*画像が表示されないときはここをクリックしてください。一旦pinterestに飛び再度ブログに入りなおして頂くと画像が表示されます。

四隅を十字にして貼り付けるとおしゃれ度アップ。

*画像が表示されないときはここをクリックしてください。一旦pinterestに飛び再度ブログに入りなおして頂くと画像が表示されます。

マスキングテープの使い方によっては、むしろアート作品。

*画像が表示されないときはここをクリックしてください。一旦pinterestに飛び再度ブログに入りなおして頂くと画像が表示されます。

カレンダーをこんな風に飾ってもおもしろいですね。

*画像が表示されないときはここをクリックしてください。一旦pinterestに飛び再度ブログに入りなおして頂くと画像が表示されます。

モノトーンでおしゃれに。

*画像が表示されないときはここをクリックしてください。一旦pinterestに飛び再度ブログに入りなおして頂くと画像が表示されます。

貼り方も工夫するとさらにかこいいポスターに。

【5】厚紙+マスキングテープを使った裏技

マスキングテープは貼って剥がせるものの、どうしても直接ポスターにマスキングテープをくっつけたくないと言う場合、こんなアイデアもあります。

厚紙を使ってポスターにマスキングテープが直接触れることなく飾る方法です。

厚紙を利用した方法

厚紙裏にマスキングテープを貼る

1

厚紙にマスキングテープを貼ります。

マスキングテープを貼ったところをカットする

2

マスキングテープの幅に沿って厚紙をカットします。

ポスターにあてる

3

ポスターに切った厚紙を当てて、ちょうどかぶる角度90度でカットします。

台形になるようにマスキングテープをカットする

4

はさみで切ります。このようにカットしました。

マスキングテープを重ねる

5

カットした厚紙の上にマスキングテープを貼りつけます。

裏から見たところ

裏側から見たところです。

ポスターに当たる面は厚紙なのでマスキングテープがポスターに触れることはありません。ポスターを避けて壁にしっかり貼るので剥がれません。

ポスターを差し込んで貼る

6

同じように四辺作り壁に貼り、ポスターを差し込みます。

貼る、というより差し込むというイメージです。

貼った面の拡大図

これならポスターに直接マスキングテープを貼りつけるわけではないので、ポスターはきれいなままで飾ることができます。

【6】画びょうと磁石を使った裏技

この方法は壁に穴はあくもののポスターはきれいに保てる方法です。画鋲と磁石がくっつくのにヒントを得たアイデアです。

画びょうの上にマグネット

1

ポスターの四隅になる位置に画鋲を刺します。

間にポスターを挟む

2

その上にポスターを置き、上から磁石で止めます。

ポスターの重さにもよりますが、磁石は強力タイプのものがいいでしょう。100均にも置いています。

ただしこの方法だと四方の磁石が見えてしまいます。

どうしても見せたくない場合、ポスターの裏側に薄いマグネットをマスキングテープで貼り、壁に押した画鋲にくっつけるという方法もあります。

これなら表からみてマグネットが見えないのでスッキリします。

【7】クリップとピンを使った裏技

こちらも画鋲+磁石と同様、壁に穴はあくもののポスターには穴があかない方法です。

pinにクリップをつける

1

このようにセットしてポスターを挟みます。

ポスターを挟む

2

ポスターにクリップをつけて、クリップの端っこに画びょうを入れて壁に取り付けます。

ただしずっとクリップで押さえつけておくと、その部分にクリップの跡がついてしまうことも…。

しかも1枚だけのポスターだとすり抜けてしまうかも…。こちらの画像はカレンダーで試したもので、枚数があるため厚みが確保できています。

Note

お気に入りのポスターには穴をあけたくないし、汚したくないものですよね。

7つの方法をご紹介しました。

ポスターの厚みや重量によってそぐわない方法もあるかもしれません。

いくつかアイテムを試してみて一番ベストな方法を見つけてみましょう。

人気ブログランキング

お役に立てたなら、ぽちっと応援クリックお願いします☆

人気ブログランキング
いつもありがとうございます!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアボタンを押して情報を共有しましょう。

購読する(更新都度お知らせが届きます)

RECOMMEND こちらの記事も人気です。



スポンサーリンク
トップへ戻る