パソコンのデスクトップの時刻表示を「令和」に変えて心機一転! | 【暮らしの音】kurashi-*note

パソコンのデスクトップの時刻表示を「令和」に変えて心機一転!

シェアボタンを押して情報を共有しましょう。

Sponsored Link
令和

大型連休も終わり、世の中徐々に従来の体制に戻しつつありますね。

元号が令和に変わり、ビジネスにおいても、家庭においても何かと変更事項も増えてきました。

そんな中、パソコンでも和暦入力をしていたなら、変更作業が必要になるし…。

これって自力でやるの?

いえいえ、マイクロソフトが自動でアップデートしてくれます。

万が一、なっていない場合は更新作業が必要です。

それについてはこちらを参照ください。

エクセル(Windows10)が令和に対応しない?マイクロソフトは自動アップデートするはずでは?
いよいよ新元号ですね。 業務や家庭でパソコンをお使いの方も多く、日付を和暦表示されている方もいることでしょう。 (私は西暦にしているので...

この更新作業が終わったら、エクセルなど従来通り日付を入力すると、

「R1.5.8」または「令和1年5月8日」となるのでご安心ください。

ところで、せっかくならパソコンのデスクトップの通知領域の時計表示も「令和」に変えてみませんか?

Sponsored Link
Sponsored Link

通知領域を「令和」に変更する方法

PC画面

ここ!デフォルトでは西暦表示になっています。

ここを

令和に変更してみましょう。

PC画面

時計表示のところを右クリックするとメニューが表示されます。

PC画面

「日付と時刻の調整」を選択します。

PC画面

「データ形式を変更する」をクリック。

PC画面

カレンダーの西暦表示を変更します。

PC画面

和暦を選択。

デスクトップ

時計表示の下の日付表示が「令和」に変更されました。

うううん…微妙。

個人的には西暦かな……。ま、参考までに!笑

人気ブログランキング

お役に立てたなら、ぽちっと応援クリックお願いします☆

人気ブログランキング
いつもありがとうございます!

Sponsored Link
Sponsored Link
Sponsored Link

シェアボタンを押して情報を共有しましょう。

購読する(更新都度お知らせが届きます)

RECOMMEND こちらの記事も人気です。



Sponsored Link
トップへ戻る