着物や浴衣の着かたは右、左どっちが上?絶対忘れない覚え方

着物や浴衣の着かたは右、左どっちが上?絶対忘れない覚え方

シェアボタンを押して情報を共有しましょう。

スポンサーリンク
浴衣

久々に、ほんと久々にしか着なくなった着物や浴衣。

着ながら、はて?右が上だったけ?左だったけ?って悩みませんか?

ここはいざ着ようとして、あ、忘れた…

すぐに知りたいという方のために結論をズバリ申します。

着物、浴衣は左が上です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

着物の着かたの忘れない覚え方

もし、今まさに旅館の温泉上がりで浴衣を羽織ろうとして、はて?どっちだった???って焦っているかもしれないあなた!(それ、私…)

左が上ということだけ素早く知りたいので、着物の歴史がうんたらこったら…とか、着物の右前や左前には意味がある…くどくどくどくど…などはこの際必要ないっ!

まさにそうです。

まずは、恥ずかしい思いをしなくてよかったですね。これで安心です。

そしていったんこのページは閉じて、どうぞ宴の席へとお越しあそばせ。

でも、落ち着いたら戻ってきてね。

ここから、二度と忘れない覚え方を紹介します。

右前に着ること

右前

和装で着物を着るときに、「右前」「左前」という表現をし、浴衣や着物は「右前」に着ます。

さきほど左が上と言ったのですが、「右前」とはどういうことでしょうか?

ちょっと混乱してしまいますよね。

これは、時間が大いに関係します。

前という言葉は、時間が前という意味で、先に合わせたほうが前となります。

合わせる順番が先に右を合わせて、左を合わせるので、「右前」ということです。

更に言うと、自分からみて「手前」が右側で、その上に左側を重ねている状態が「右前」です。

着物の合わせかたが右前に統一されたのは、719(養老3)年、元正天皇によって「衣服令」が発令され、右衽着装法(うじんちゃくそうほう)が定められてからに遡ります。

以来着物は男女とも「右前」が習わしになっています。

その反対で「左前」は、仏式の葬儀で亡くなった方に着せる着物です。なので「左前」に着ると、早死するなどと言われ縁起が悪いとされています。

手を入れやすい方

着物右前

和装では「右前」に着るということは理解できました。

しかしこれだとまた久しぶりに着るときに混乱しそうです。

「右前」って言うからには、右が上か???

てな具合で…。

余計な知識が却って混乱を招いてしまいます。汗

ここで絶対忘れない方法。

大抵の人は右利きですよね。

着物を着たときに懐にお財布やハンカチなど入れるときに、入れやすいのはどっち?

右利きの人は右手をスッと入れるときに、左前になっていると入れにくいですよね。

「右前」になっていると、スーッと手が懐に入ります。

そうです。

着物を合わせるときに、手を入れやすいほうを上にすればいいわけです。そうすると自然に左が上(右前)になっていると思います。

右手がスーッと懐に差し込めるように着る

これさえ覚えておけば、左が上だとか、「右前」というのは忘れていてもすんなり着れると思います。

左利きの方、ごめんなさい!左利きの方は着物って懐に手入れにくい!!って覚えておいてください。汗

人気ブログランキング

お役に立てたなら、ぽちっと応援クリックお願いします☆

人気ブログランキング
いつもありがとうございます!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアボタンを押して情報を共有しましょう。

購読する(更新都度お知らせが届きます)

RECOMMEND こちらの記事も人気です。



スポンサーリンク
トップへ戻る