茶碗蒸しを「ス」が立たないように作るコツはこれ!

茶碗蒸しを「ス」が立たないように作るコツはこれ!

シェアボタンを押して情報を共有しましょう。

スポンサーリンク
photo by:ahmiosho

茶碗蒸しってうまく作れていますか?

スが立ってしまったり、固まらなかったり…。簡単なようで案外難しいですよね。

いろいろと試してみて、スが立たない作り方を発見しました。

また、固まらず液体のままの茶碗蒸しという失敗も過去にありましたが、この作り方に変えてから今のところ失敗はありません。

作り方のコツを押さえておいしい茶碗蒸しを作りましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

失敗なしの茶碗蒸しレシピ

材料

【8個分】

  • 卵(M玉なら4個、LL玉なら3個)…200g
  • だし汁…600g
  • 薄口しょうゆ…小さじ1
  • 塩…小さじ1/2
  • 酒…大さじ1
  • お好みの具材
    鶏肉、えび、しいたけ、かまぼこ、銀杏、みつば等

出し汁をとる

鍋に鰹節で出汁をとる

水1リットルに対して30gのかつお節を使います。

  1. 鍋に水を入れ火にかけて、沸騰したら火を止めてかつお節を入れます。

  2. かつお節が鍋底に沈むまで1~2分ほどおきます。

  3. ザルで静かにこします。

ザルで濾す

かつお節は絞らないようにしましょう。しぼるとえぐみが出てしまいます。

出し汁はしばらく置いて粗熱を取ります。

下ごしらえ

  • 干ししいたけ4枚はぬるま湯につけ、柔らかくなったら、しいたけの戻し汁とみりん(小さじ2)、醤油(小さじ2)で少し煮る。

  • 鶏肉はひと口大に切ってしょう油と酒で下味をつけ10分ほど浸しておく。

  • かまぼこを気持ち斜めに切る。

卵とだし汁の割合

卵と出汁の割合

分量が変わっても押さえておきたいのは、卵とだし汁の割合です。

卵 : だし汁

1 :  3

これが基本です!

How to cook

1)卵をはかる

卵をはかる

卵の大きさによってグラム数が変わってきます。

200gの量にするには何個必要か計測しましょう。

2)卵を溶き調味料を加える

卵を溶く

菜箸で卵を切るようにていねいに溶きます。

薄口しょうゆ小さじ1、塩小さじ1/2、酒大さじ1を加えざっくり混ぜ合わせます。

3)出し汁と卵液を合わせる

出汁と溶き卵

だし汁も600gになるように重さをはかります。

混ぜ合わせて混ぜる

出し汁と卵液を混ぜ合わせゆっくりと溶きます。

4)こし器でこす

卵液を濾す

ボウルにザルをセットして3)の出し汁をこします。

ザルに白身が流れきれずに残ると思いますが、それは使いません。

5)茶碗に具材を入れて卵液を流し入れる

茶碗に具材を入れて卵液を流し入れますが、三つ葉はまだ入れません。

ここで入れると色が変色しておいしくなさそうに見えるので、蒸らしの最後のほうで加えます。

6)蒸す

蒸し器にセット

【蒸し器で作る場合】

蒸し器のフタに布巾を巻く

蒸し器の下段に水を張り沸騰させます。

沸騰したら、茶碗をセットした段を沸騰した段の上にのせます。

ふきんを敷き、ふたをします。

強火で4分加熱、火を止めて余熱で7~8分蒸らす。

余熱のときに三つ葉を加えます。

【電子レンジで作る場合】

電子レンジ

我が家のはコンベクションオーブンで、過熱水蒸気で作るため23分レンジにかけます。

通常のレンジの場合は、下段にいれ、オーブン(予熱なし)、140度で35分~40分加熱しますが、あまり長く加熱するとスが立つので、ときどき様子を見ながら固まり具合を確認しましょう。

できあがり

茶碗蒸しのできあがり

茶碗蒸しができあがりました。ちゃんと固まっていますし、スも立っていません。

味もGOOD!

Note

我が家は7人家族のためこの分量で作りました。ひとつおまけの8個できる分量です。

4人分の場合は半量にして作ってください。

でも結構、好評なのでこの分量でもひとり2個はペロリと平らげます。

人気ブログランキング

お役に立てたなら、ぽちっと応援クリックお願いします☆

人気ブログランキング
いつもありがとうございます!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアボタンを押して情報を共有しましょう。

購読する(更新都度お知らせが届きます)

RECOMMEND こちらの記事も人気です。



スポンサーリンク
トップへ戻る