ボトルフラワーがじわじわ人気。作り方をみてみよう。その美しさ永遠に…

ボトルフラワーがじわじわ人気。作り方をみてみよう。その美しさ永遠に…

photo by:ahmiosho

ボトルフラワーをご存知ですか?ドライフラワーやプリザーブドフラワーなどありますが、それとは違い咲き誇った美しい花のまま瓶に入れて永遠に保存できる花です。

贈り物や自宅のディスプレイ用として今、じわじわ人気が出てきております。

そんなボトルフラワーの作り方のご紹介です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ボトルフラワーの作り方

材料

photo by:ahmiosho

・ドライフラワー用乾燥剤

・容器

・ピンセット

・瓶

・お花

・小石など(お好みで)

シリカゲル

photo by:ahmiosho

食品用のシリカゲルではなく、ドライフラワー用の乾燥剤(シリカゲル)を用意します。

なぜドライフラワー用がいいかと言うと、食品用のシリカゲルよりも粒が細かくなっています。乾燥させるときは花びらの中までシリカゲルを入れなければなりません。

粒が大きいと中までシリカゲルが行き渡らず、また大きい粒だとシリカゲルが花びらを折ってしまうからです。お花は繊細に扱わなくてはいけないので食品用だと不向きです。砂のようなドライフラワー用の乾燥剤は花びらの奥まで入り込んでしっかり乾燥してくれます。

しかしドライフラワー用の乾燥剤は、私の住む街のホームセンターや大きなスーパーなどいくつか問い合わせてみましたが、どこも置いてなくようやく1件置いてあるところを見つけましたが高かったです。通販のほうが手軽で安いです。

お花

photo by:ahmiosho

今回はこちらのお花をボトルフラワーにします!

容器

photo by:ahmiosho

ちょうどいい大きさのタッパ(容器)がセリアにありました。1Kgのシリカゲルがすっぽり入る容量です。

シリカゲルはフライパンで乾煎りするか電子レンジで加熱すれば何度でも使えます。この容器は電子レンジあたためOKなので便利!そのままシリカゲルの保存容器としても使えます。

How to make

1.空の容器に乾燥剤を3cmの高さまで敷き詰めます。

photo by:ahmiosho

2.乾燥させたいお花の花弁から1cmくらいの茎を残してカットします。

photo by:ahmiosho

私は花をそのまま瓶詰めにしてディスプレイにしたいのでこのままの状態で乾燥させますが、花を立たせたいなどディスプレイが決まっているなら、花の上から中心にワイヤーを通すか、茎からワイヤーを花の上部へ刺すかして、ワイヤーの先をカギ状に曲げて止まるまで引き下げてワイヤーを固定します。

photo by:ahmiosho

花のディスプレイで葉も一緒に飾りたいときは、葉とワイヤーをテープで止めて花に刺したワイヤーとおなじように曲げてまとめておきます。

3.容器にお花を入れていきます。

photo by:ahmiosho

4.花びらの中もシリカゲルをゆっくりかけていきます。

photo by:ahmiosho

花を埋めるときのコツは、花が咲いていた状態に近い形でシリカゲルを埋めていき、花びらの間にもまんべんなく入れることです。

5.花が見えなくなるまでシリカゲルを入れます。

photo by:ahmiosho

6.フタをして1週間~2週間置いておきます。

photo by:ahmiosho

容器に日付を書いておくとわかりやすいですね。

【1~2週間後】

7.別の容器にゆっくりシリカゲルを移しながら、花をそっと取り出します。

photo by:ahmiosho

※手あれの原因になるのでゴム手袋か軍手をして作業しましょう。

photo by:ahmiosho

花びらが落ちないように慎重にピンセットを使ってつまんで取り出します。優しくゆすって花びらについたシリカゲルを落としていきます。

1週間前に咲き誇っていたお花たち。そのままの姿を保っているものもあれば、色が黒くなってしまったものもあり…。少し寂しい気分になりますが、黒くなったものもそれなりに趣がある感じかな…。

8.瓶の下に100均で購入した観葉植物用の小石を敷き、そっと花を入れてフタをします。

photo by:ahmiosho

今回使用した瓶はキャン・ドゥで購入したもの。素敵なボトルフラワーができました。

瓶の下には、小石と一緒に今度は食品用の粒々のシリカゲルを敷いて瓶内の乾燥をキープさせます。

再生可能なシリカゲル

シリカゲルは再生して何度でも使用できます。

再生方法

【フライパン】

鍋やフライパンに使用したシリカゲルを入れて、中火で5~10分木べらなどを使い、ゴマなどを炒るようにかき混ぜながら火を通します。

青色がはっきりしてきたら再生完了です。

フライパンに傷がつくことがあるので使っていないフライパンを使用することをおすすめします。

【電子レンジ】

耐熱性の皿か容器に薄く並べて、短めの時間で加熱します。様子を見ながら時間調整し、ピンク色から青く戻るまで途中でヘラなどで軽くかき混ぜて繰り返し加熱します。

そのあと新聞紙の上に広げ冷まします。

高温になるので軍手をつけて行ったほうがいいでしょう。水蒸気は高温になるのでやけどには注意してください。また電子レンジは本来食品を温めて使うものなので、シリカゲルの乾燥として使用する場合は自己責任でお願いします。

シリカゲル乾燥剤の再生方法注意点

ごみ処理のしかた

捨てるときは燃えないゴミに出すか、土に戻してください。

シリカゲルは珪石から作られているので土に戻しても環境を汚染することはありませんのでご安心を!

Note

例えば誕生日や送別会など特別な日に頂いたお花はいつまでも眺めていたいものですよね。いつまでもそばにいられるようにボトルフラワーにして保存するのはいかがですか?

乾燥期間は1~2週間とありますが、今回(夏場)1週間でしっかり水分が抜けていました。シリカゲルも加熱すれば何度でも再生できるようなので、いつでも手軽に作れるように容器に入れて保存しておきましょう。

ボトルフラワーをお部屋に飾るとぱっと華やぎ、メンテナンスも不要なので煩わしさもありません。ぜひ作ってみてくださいね。

日比谷花壇 フラワーギフト 花のある暮らし

人気ブログランキング

お役に立てたなら、ぽちっと応援クリックお願いします☆

人気ブログランキング
いつもありがとうございます!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアボタンを押して情報を共有しましょう。

購読する(更新都度お知らせが届きます)

RECOMMEND こちらの記事も人気です。



トップへ戻る