100均の瓶でハーバリウム|素敵な植物標本でお部屋に彩りを

100均の瓶でハーバリウム|素敵な植物標本でお部屋に彩りを

ハーバリウムをご存知ですか?ドライフラワーやプリザーブドフラワーなどをオイルにつけて瓶詰めにした植物標本のことですが、インテリアとしても人気が出てきています。

オイルの状態によっては長く鑑賞することができ、瓶を優しく揺すると中のお花がふわふわ踊り癒し効果も…。

そんなハーバリウムは簡単に作れます。

ハーバリウムの作り方

材料

・流動パラフィン

・無水エタノール

・ドライフラワーまたはプリザーブドフラワー

・ピンセット

流動パラフィン

photo by:ahmiosho

流動パラフィンは石油原油から蒸留や精製などの工程を経て得られる炭化水素類の混合物であり、無色透明の液体です。

原料となる石油の潤滑油留分に含まれている芳香族炭化水素や硫黄化合物などの不純物を除去し、高度に精製しているため、流動パラフィンは純粋な炭化水素といえます。

流動パラフィンについて

流動パラフィンは化粧品や医薬品に使われる成分の1つでベビーオイルなどにも含まれています。

そのため流動パラフィンの代わりにベビーオイルでハーバリウムを作る方もおられます。

ただコスト的に割高になるので私は流動パラフィンを使いました。

ところがこの流動パラフィン、近所のドラックストアやホームセンター、大手のスーパーなどかたっぱしから当たってみましたが置いておらず、通販で購入しました。


小堺製薬流動パラフィン 500ML

 
 

無水エタノール

ハーバリウムを作るときは容器を煮沸しきれいに消毒する必要があります。そのときに使用するのが無水エタノール。

ドライフラワーまたはプリザーブドフラワー

ハーバリウムには向いていない花もあるようです。花の色はできるだけ鮮やかな色のものを選んだほうがいいですね。

乾燥した木の実も使えますが、ちゃんと汚れを落としてから使用するようにします。

今回私が使ったお花は、先日ボトルフラワーを作るときに自分で作ったドライフラワーです。

ボトルフラワーがじわじわ人気。作り方をみてみよう。その美しさ永遠に…
特別な日に頂いたお花、ずっと残しておきたいものです。そんなときボトルフラワーはいかがですか?ドライフラワー用のシリカゲルがあれば1週間でできます。お気に入りに瓶に入れてディスプレイしましょう。

How to make

容器の煮沸&消毒

photo by:ahmiosho

瓶を煮沸して完全に乾かしたら、無水エタノールをキッチンペーパーなどにつけ瓶の内部をきちんと消毒します。

お花をボトルに詰める

photo by:ahmiosho

ドライフラワーを瓶にいれます。

オイルを入れる

photo by:ahmiosho

瓶の中にゆっくりとオイル(流動パラフィン)を入れていきます。

ひとまずビーカーに流動パラフィンを入れて、ビーカーから注ぐようにします。ビーカーがなければ紙コップなどで代用できます。

オイルを入れながらピンセットで花の場所や、向きを決めながらゆっくり注いでいきます。

ふたをしてできあがり

photo by:ahmiosho

フタを閉めてできあがりです。

でも、なんだかあまりかわいくないですね…。シロップ漬けならぬお花漬けのような感じになっています(汗)

【コツ】たくさん入れない

photo by:ahmiosho

あまりお花を入れすぎるとかわいくないようです。オイルでフワフワ浮遊させる感じがよろしいかと…。画像左の瓶にオイルを入れてみました。

photo by:ahmiosho

なんとなくいい感じ…。

瓶はフタがきっちり閉まるタイプのものを選びましょう。コルクタイプのものは液もれするので向きません。

瓶について

photo by:ahmiosho

雑貨屋さんでアンティークでかわいい瓶はたくさんありますが、もっともリーズナブルに作りたいなら100均が一番。

近所の100均をリサーチ。

ダイソー

photo by:ahmiosho

瓶類については実用的なものが多いようです。アンティークな感じの瓶はちょっと大きめでハーバリウムにするにはオイルがたくさん必要なのでちょっと不向き…。

キャン・ドゥ

photo by:ahmiosho

ありました!ありました!私が思い描いていたようなアンティークでかわいいものが。

試験管のようなコルクキャップのものもあり、心弾んで購入しましたが、注意書きに液体が漏れる恐れがあるので傾けないで下さいと書いてある。

かわいいけれどオイルをいれるハーバリウムにはちょっと不向き。でもボトルフラワーならOK!

セリア

photo by:ahmiosho

スタイリッシュで男前のスリムな瓶を発見。欲を言えばもうすこしスリムなほうがいいけど、キャップも回して締めるタイプなので液漏れの心配もなし。

ハーバリウムにはこれが一番最適かな…。

素敵なハーバリウム実例

素敵にハーバリウムを作っている事例をみて参考にしてみましょう。

*

電球型の瓶に入れて素敵にディスプレイ。

*

ピンク系で春らしいイメージ。

*

作った日付をラベリングして。

*

色をまとめるとおしゃれ。同じ形状の花弁を並べただけでも素敵。

*

フラスコ型のスリムな瓶は安定感もありいくつか並べてディスプレイしてみて。

*

ピンク系で統一していろんな種類の花を並べてディスプレイ。

*

黄色系にアクセントカラーの花を加えてセンスアップ。

*

小薔薇がアクセント

*

赤い木の実がアクセント

*

4色のカラーで。オレンジを乾燥させて入れるアイデアもグッド。

*

寒色系はスタイリッシュなイメージ。

*

入れ方次第でたくさん入れてもおしゃれに見えます。いろんなディスプレイを参考にして色あわせや花の種類を楽しみたいですね。オイルに入れると質感が変わる花もあるのでいろいろ試してみてください。

Note

ハーバリウムの中にパワーストーンを入れてみるのもいいですね。お誕生石か願いごとの石など入れると癒し効果と運気アップにもつながります。

ドライフラワーは市販のものでもいいですが、お気に入りの花をドライフラワー用の乾燥剤で1週間くらい乾燥させて作ってみてもいいですね。

今回のお花はボトルフラワーを作るためにドライフラワーにしたお花たちです。

できたドライフラワーをボトルに入れてフタをしたものがボトルフラワー。瓶の中にオイルを入れて密閉したものがハーバリウム。

どちらも素敵なので気分に合わせて作ってみましょう。

永遠に咲く魔法の花「プリザーブドフラワー」【日比谷花壇】

スポンサーリンク
人気ブログランキング

ブログランキングに参加しています!応援クリックお願いします♪

人気ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る