リネンのサンタナハンドバッグの作り方

リネンのサンタナハンドバッグの作り方

photo by:ahmiosho

リネン生地でサンタナハンドバッグを作ってみましょう。リネンの風合いを活かしたシンプルな作りのバッグなので簡単に作れます。

ファスナーつきで中のものが丸見えにならずにいいですね。ファスナーのつけかたさえしっかりわかればできます。

長方形のリネン布でつくる

型紙

photo by:ahmiosho

では、早速作ってみましょう。サイズはシンプルな長方形なので、自分の好きな大きさで作ってOK。

今回は出来上がりサイズ横35cm、高さ21cmのバッグを作ります。

必要な型紙は本体と、ファスナー部分の左右の生地2枚だけです。新聞紙などに型紙を起こしてもいいのですが、慣れている方は直接生地を裁断してもいいでしょう。

本体は縫い代込みで横38cm、長さ42cmの布を用意しました。ファスナー用の布は32cm×3cmを2本です。ファスナーは30cmのイブシを用意しました。

How to make

本体を縫う

photo by:ahmiosho

1.本体生地の周りをロックミシン、またはジグザグミシンをします。

photo by:ahmiosho

2.生地を中表に半分に折り、左右の側面を縫い合わせます。

photo by:ahmiosho

3.側面を開いてまち部分を作ります。図のようにまちをつくりたいところにチャコペンシルで印をつけます。

photo by:ahmiosho

まちの幅はだいたい3㎝程度がバランスがいいでしょう。幅はあまり大きすぎなければ好きな幅で作ってOKです。

チャコペンシルで印をつけたところを縫います。

photo by:ahmiosho

本体ができました。

ファスナー部分を作る

photo by:ahmiosho

4.ファスナー部分の布2枚をファスナーに合わせます。こちらの布2枚も周りにロックミシンまたはジグザグミシンをかけておきます。

photo by:ahmiosho

5.ファスナーと布を合わせまち針と止めます。その部分をミシンで直線縫いします。

photo by:ahmiosho

6.表に倒してファスナーと布の縫い合わせたところを割り、ステッチします。左右同じ作業を行いましょう。

photo by:ahmiosho

7.ファスナーの先端部分の布を折り曲げステッチします。

photo by:ahmiosho

ステッチした画像です。上と下、両方ステッチします。

本体と合わせる

photo by:ahmiosho

8.ファスナーを本体に合わせます。まち針でしっかり止めましょう。

photo by:ahmiosho

9.ミシンで縫っていきます。

photo by:ahmiosho

10.本体の側面はファスナー部分と縫い合わせをしないので、折り曲げておきます。
ファスナーと本体をつなぐときにぐるりと一緒に縫っていきます。

photo by:ahmiosho

縫い合わせたところです。ファスナーの端の部分も画像白線のように縫い合わせます。

photo by:ahmiosho

本体の完成です。

photo by:ahmiosho

ファスナーの端の部分はこのように空洞です。

photo by:ahmiosho

このままでもポーチとして使えますが取っ手があったほうが使いやすいですね。

取っ手をつける

photo by:ahmiosho

10.取っ手の革の端の部分と本体を刺繍糸などで縫ってつなげます。そのためにあらかじめキリ(千枚通し)などで糸を通すところに穴をあけておきましょう。

photo by:ahmiosho

11.持ち手と本体をつなげたらでき上がりです。厚手の糸か刺繍糸で縫いつけていきます。

本当はもっと薄い革の取っ手をつけたかったのですが、持ち合わせがなく、ちょうどいい厚さの革も手に入らなかったので、手芸店においてあったバッグ用の革ベルトを購入して作ってみました。

思い描いたイメージはもっとくたっとしたものなのでちょうどいい厚さの革を入手したらつけかえようかと思います。

スポンサーリンク
人気ブログランキング

ブログランキングに参加しています!応援クリックお願いします♪

人気ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る