シリコン保存バッグで低温調理・サラダチキンの作り方 | 【暮らしの音】kurashi-*note

シリコン保存バッグで低温調理・サラダチキンの作り方

シェアボタンを押して情報を共有しましょう。

Sponsored Link
シリコン保存バッグレシピ

低温調理器でじっくり作るサラダチキン。

なんとシリコン保存バッグでできちゃいます!

こんなに簡単にできていいのでしょうか…。キッチンも汚れず、洗い物も少なくなるという、いいことづくめのシリコン保存バッグ調理。

さっそく、作ってみましょう♪

Sponsored Link
Sponsored Link

シリコン保存バッグでサラダチキンを作る方法

低温調理器、流行ってますね。

我が息子も昨春から新社会人として独り立ちし、東京で1人暮らし。

自炊を始めたらしく、低温調理器を購入して週に2~3回はサラダチキンを食べているようです。

低温調理器

↑低温調理器

興味はありますが、わざわざ買うまでもなく見送っておりました。

ところがシリコン保存バッグで低温調理ができるという…。

これは作ってみなければ…と試しに作ったところ、

なにこれ?

激うまっ…となりました。

ダイエット中の次女もこれなら食べれると好評。

サラダチキンの味付けはいくつかありますが、我が家で好評で、なおかつ簡単なレシピのご紹介です。

塩こうじで作るサラダチキン

材料
(2人分)

  • 鶏むね肉…1枚
  • 塩こうじ…大さじ1

材料って、たったこれだけなんですね。

他の味付けいっさいなし。

How to cook

鶏むね肉

1鶏むね肉を裏表ブスブスとフォークで刺します。

皮や脂身が嫌い方は取り除いてください。私はとり皮が好きなのでこのまま。

シリコン保存バッグに投入

2シリコン保存バッグに鶏むね肉を投入し、塩こうじを大さじ1入れます。

IKEAのシリコン保存バッグ大サイズで調理しました。

鶏むね肉を入れたシリコン保存バッグ

3軽く揉んでなじませます。

ジッパーは空気を抜きながら閉めます。

冷蔵庫に保存したシリコン保存バッグ

4冷蔵庫で一晩寝かせます。

お休みなさいZZZ…(*˘ ˘*)

シリコン保存バッグ

5鍋に水を入れて沸騰させ、シリコン保存バッグを沈め、火を止めます。

フライパンの中のシリコン保存バッグ

6フタを閉めて1時間から2時間くらい放置。

早く食べたいときは、鍋のお湯を手で触っても大丈夫なくらい温度が下がればOK。

サラダチキン

鶏むね肉を取り出し、スライスして盛り付けたらできあがり。

味付けは塩こうじだけですが、ドレッシングやソースなど何もつけずにおいしくいただけます。

物足りない方は、塩コショウしたり、タレを作ってかけてもいいですね。

クレイジーソルトで作るサラダチキン

材料
(2人分)

  • 鶏むね肉…1枚
  • クレイジーソルト…小さじ2
  • コショウ…少々
  • オリーブオイル…大さじ1

How to cook

鶏むね肉

1鶏むね肉を裏表ブスブスとフォークで刺します。

鶏むね肉に味付け

2クレイジーソルト(小さじ1~2くらい)とコショウ(少々)を鶏むね肉の裏表にまぶします。

オリーブオイル投入

3オリーブオイルを入れます。

IKEAのシリコン保存バッグ中サイズで調理しました。

シリコン保存バッグ

4軽く揉んでなじませます。

ジッパーは空気を抜きながら閉め、冷蔵庫で1時間ほど休ませます。

鍋に入れたシリコン保存バッグ

5鍋に水を入れて沸騰させ、シリコン保存バッグを沈め、火を止めます。

鍋の中のシリコン保存バッグ

6フタを閉めて1時間から2時間くらい放置。

(画像はわかりやすいようにフタが半開きですが、このあとみっちりフタを閉めました。

ジッパーが鍋に当たると熱で変形する恐れがあるようなのでできるだけ触れないように鍋におさめるといいです。

早く食べたいときは、鍋のお湯を手で触っても大丈夫なくらい温度が下がればOK。

クレイジーソルトのサラダチキン

鶏むね肉を取り出し、スライスして盛り付けたらできあがり。

こちらはクレイジーソルトの塩味が効いた味わいで、お酒の肴としても絶品。

冷蔵庫で保存

食べきれない分はシリコン保存バッグに入れ、しっかりとジッパーして密閉し、冷蔵庫で保存できます。

ただし2~3日うちに消費するようにしましょう。

簡単に作れるので、食べきれる分だけ作ったほうがいいですね。

またシリコン保存バッグは冷凍保存も可能です。すぐに食べない場合はシリコン保存バッグのまま冷凍しましょう。

ただしその場合も2週間~1ヶ月を目安に食べきってください。冷凍期間が長くなるほど味が落ちてしまいます。

解凍は冷蔵庫で自然解凍がベスト。急いでいる場合は、シリコン保存バッグのまま流水解凍します。

シリコン保存バッグでサラダチキンの作り方まとめ

recipe
スマホ・iPhoneで見やすいように再度レシピを箇条書きにします。スクロールしながら手順を確認し、作ってみてください。

塩麹のサラダチキン

    1. 鶏むね肉をフォークで刺し味がしみやすくします。

    2. シリコン保存バッグに投入します。

    3. 大さじ1の塩こうじを加えます。

    4. 空気を抜きながらジッパーを閉め、冷蔵庫でひと晩寝かせます。

    5. 鍋に水を沸騰させ、シリコン保存バッグを沈め、火を止めて鍋のフタをします。

    6. 1~2時間くらい放置します。鍋のお湯の温度が手で触れても大丈夫なくらい下がればOK。

    7. 鶏むね肉を取り出し、食べやすい大きさにスライスしてできあがり。

クレイジーソルトのサラダチキン

    1. 鶏むね肉をフォークで刺し味がしみやすくします。

    2. シリコン保存バッグに投入します。

    3. クレイジーソルト(小さじ1~2くらい)とコショウ(少々)を鶏むね肉の裏表にまぶします。

    4. オリーブオイル(大さじ1)を入れます。

    5. 空気を抜きながらジッパーを閉め、冷蔵庫で1時間ほど休ませます。

    6. 鍋に水を沸騰させ、シリコン保存バッグを沈め、火を止めて鍋のフタをします。

    7. 1~2時間くらい放置します。鍋のお湯の温度が手で触れても大丈夫なくらい下がればOK。

    8. 鶏むね肉を取り出し、食べやすい大きさにスライスしてできあがり。

\シリコンバッグでつくるレシピはこちら/

シリコンバッグ・レシピ

人気ブログランキング

お役に立てたなら、ぽちっと応援クリックお願いします☆

人気ブログランキング
いつもありがとうございます!

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアボタンを押して情報を共有しましょう。

RECOMMEND こちらの記事も人気です。



Sponsored Link
Sponsored Link
Sponsored Link
トップへ戻る