メソッドバスルームクリーナーの爽やかな香りと簡単ゲキ落ちが病みつき

メソッドバスルームクリーナーの爽やかな香りと簡単ゲキ落ちが病みつき

シェアボタンを押して情報を共有しましょう。

スポンサーリンク
メゾッドバスルームクリーナー
photo by:ahmiosho

コストコで薦められた「メソッドバスルームクリーナー」

テスターを吹き付けて香りを嗅いでみると、ユーカリミントの爽やかな香りが広がり幸せな気分に…。

何でも試してみたくなる私。とりあえず使ってみるか…と購入したところ…。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

メソッド(method)

アメリカ生まれのクリーナーブランド

*画像が表示されないときはここをクリックしてください。一旦pinterestに飛び再度ブログに入りなおして頂くと画像が表示されます。

メソッドが誕生したのは、2000年、アメリカカリフォルニア州にて1本のクリーナーから始まりました。

創業者であるエリック・ライアン氏とアダム・ローリー氏は、掃除用品のデザインの冴えなさに不満があり、スタイリッシュでありながら環境にやさしく、かつ洗浄力もあり、香りのよい洗剤はないものか…と考案されました。

その革命的な商品アイデアはじわじわと広がり、今では世界中に知れ渡るクリーニングブランドになっています。

5つのコンセプト

洗面所に置かれたボトル

地球にやさしい

自然由来で再生可能な製品を環境負荷に配慮しながら作っており、動物実験も行っていません。

原材料から生産過程まで透明性を大切にして生産しているので安心して使えます。

安全性

原材料の一つ一つを綿密にチェックし、手荒れや、洗剤の刺激で目が痛い、頭痛がするなどの危険のないよう配慮されて作られています。

小さなお子さんやペットが触れても安全性が高いものは安心してチョイスできるクリーナーではないでしょうか?

高い洗浄力

地球にやさしく、安全性が高い商品となると洗浄力が期待できないものも多々あるなか、メソッドが目指しているのは安全性と洗浄力を両立させた機能性クリーナーです。

植物由来の洗浄成分で高い洗浄力を提案しています。

見せたくなるデザイン

掃除用洗剤はデザインの冴えないものが多く、無造作に置いておくと生活感丸出しでしっくりきません。

そんな中、いつも目につく場所に置かれるクリーナーだからこそスタイリッシュなものにしたいとのこだわりを追求しています。

置いて置くだけでうれしくなるようなデザインで、毎日の掃除も楽しくなります。

鮮やかな香り

厳選した原料から生み出された花やくだもの、ハーブを彷彿とさせるメソッドの香りは、使うたびに幸せな気持ちを呼び起こし、リフレッシュさせてくれます。

一度その香りを嗅ぐと掃除をするのが楽しみになるくらい毎日がハッピーになります。

メソッドバスルームクリーナーを使ってみた

うっかり汚れをサッと撃退

カビが生えた浴室

ちょっとお掃除をサボってしまうとこうなる…。

どこからか浮き出るピンクぬめり。

メゾットバスクリーナー

メソッドバスルームクリーナーを約4回ほど噴射。

4~5回噴射

ユーカリミントの爽やかな香りが浴室いっぱいに広がります。

そのまま2~3分置いておきます。

通常のバスタブ洗いはそのあとシャワーで流せばOKとの説明を受けましたが、この汚れはそんな簡単では落ちないだろう…。

ブラシでこする

とりあえず軽くこすってみました。

きれいになった浴室

築15年の浴室なので劇的に「まるで新品のようになりました!」というわけにはいきませんが、さっと擦り洗いだけでピンクぬめりや黒カビは落ちました。

写真ではわかりづらいですが、黒くこびりついた汚れもしばらく置いておくことでスルスル落ち、掃除をしていて感動。そして楽しい。

2本のメゾットバスクリーナー

コストコでは2本セットでの販売です。

Instagram
インスタ映えするフォルム

ハンドソープのボトルは特に素敵。

メソッドバスルームクリーナー

Note

バスルーム用のクリーナーには香りをもとめておらず、こんなもんだろうな…と思っていましたが、メソッドバスルームクリーナーの香りを嗅いだとき思わず即効買いしてしまいました。

浴槽の中はシュシュっと吹き付けてしばらくおいた後、シャワーでサッと流すだけなので簡単。

しっかり掃除したいときはブラシで擦ればスルスル落ちてくれます。

毎日の苦痛な掃除がいい香りで満たされるとちょっぴり楽しいものに変化するから不思議です。

人気ブログランキング

お役に立てたなら、ぽちっと応援クリックお願いします☆

人気ブログランキング
いつもありがとうございます!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアボタンを押して情報を共有しましょう。

購読する(更新都度お知らせが届きます)

RECOMMEND こちらの記事も人気です。



スポンサーリンク
トップへ戻る