ふたつきポケットティッシュケースの作り方。画像でガイダンス

ふたつきポケットティッシュケースの作り方。画像でガイダンス

photo by:ahmiosho

簡単にできるポケットティッシュケースの作り方に続いて、今回はふたつきのポケットティッシュケースに挑戦してみましょう。一見難しいようにみえますが、コツをつかめば簡単です。早速つくってみましょう。

ふたつきポケットティッシュ入れを手作りしよう

How to make

photo by:ahmiosho

シンプルなポケットティッシュケースもいいけれど、ふたつきならぐっとおしゃれ度がアップします。

そればかりではなく機能性もバッチリ。見た目よりも簡単にできるので作り方を見ていきましょう。

Step1:型紙を作ろう

photo by:ahmiosho

作り方は、1枚布でガイダンスします。切り替えで作りたい場合、画像上のように型紙を作ってください。

【切り替えなしの作り方:材料1個分】

・54㎝✕14㎝の布(両端それぞれ1cmの縫い代込)……1枚

【切り替えありの作り方:材料1個分】

・20㎝✕14㎝の布(両端それぞれ1cmの縫い代込)……2枚

・16㎝✕14㎝の布(両端それぞれ1cmの縫い代込)……1枚

縫い代はあらかじめ加えて型紙を作るとそのまま生地にあてて裁断することができます。

Step2:両端を縫う

photo by:ahmiosho

布端は内側に隠れるため端ミシンの処理は必要ありません。両脇を1cmの3つ折りにし、アイロンできちんと型をとり、ミシンで直線縫いします。

Step3:レースをつけるなら

photo by:ahmiosho

レースやタグをつけるときはこのときにつけるようにしましょう。

つける位置は左端から約31cmの部分を目安にしています。レースの太さや好みによって位置は変わってくるので、型紙を実際に折り鉛筆でレースつけ位置を書いて長さを図ってみてください。
タグをつける場合は、タグの頭を右にして下の端の2cmくらいのところにおくと、できあがりは端から1cmくらいのところにタグがつきます。

Step4:左側右へ12cm谷折り

photo by:ahmiosho

まず、左側へ12cm谷折りにします。下に定規を当てて折り曲げるといいですね。

Step5:左側左へ4Cm山折り

photo by:ahmiosho

折った12cmの右端を4cmや山折りにし、生地をアコーディオンのように折り重ねます。じゃばらのようなイメージです。

Step6:右側左へ4cm谷折り

photo by:ahmiosho

今度は右端を左へ4cm谷折りにします。定規を右に寄せて図ってみましょう。折り曲げると画像のような形になります。全体図が見えてきましたね。

この状態で半分のところを谷折りに折って重ねます。

Step7:真ん中で折る

photo by:ahmiosho

まん中を折って開いてみたところです。左側をみるとティッシュの取り出し口が左右合わさっているのがわかります。

上からみたところ

photo by:ahmiosho

上からみると、画像の白で線をかいたような生地のたたみかたになっているのがわかります。始点と終点がティッシュの取り出し口になります。

Step8:両端を縫う

photo by:ahmiosho

始点から終点の布端をきちんと揃えます。この部分がティッシュの取り出し口になるので、あいだが開かないようにまち針できっちり止めて合わせましょう。

両端1cmのところをミシンで縫います。

Step9:ひっくり返す

photo by:ahmiosho

中を覗くとこんな感じ…

photo by:ahmiosho

一度ひっくり返します。形を整えながら返していきましょう。

さらに1回ひっくり返す

photo by:ahmiosho

さらにポケット口の片方をひっくり返します。だんだんと形になってきました。

ふたつきポケットティッシュケースのできあがり♪

photo by:ahmiosho

四隅の角を目打ちや爪楊枝などで出し、形を整えたらふたつきポケットティッシュケースのできあがりです。複雑そうにみえますが、実はさほど難しくないでしょう?

私は、角をツンとさせようと必死で爪楊枝などでだしていると、布を破ってしまったことが何度かあります。

くれくれも必死になりすぎないように、ほどほどに出してくださいね。

便利なポケットつき

photo by:ahmiosho

バンドエイドやちょっとしたものも一緒に保管でき便利です。もう少し幅を大きくして作ると、サニタリー用品も1個入れることができ、もしものときにも安心ですね。

タグをつけて

photo by:ahmiosho

アクセントに革タグをつけたらさらに可愛くなりました。革タグは裏に糸がでないように表生地だけすくって縫うようにしましょう。

ミシンで縫いつけるタグの場合は、レースをつけるときに一緒に縫っておきます。

イラストで復習

出典:ahmiosho

出典:ahmiosho

出典:ahmiosho

出典:ahmiosho

出典:ahmiosho

出典:ahmiosho

便利なお助けアイテム

例えばお友だちに配りたいとか、バザーに出品したいとかでたくさん作るとき、厚紙で型紙を作っておくと便利です。

その型紙を布に当てて一緒に折りたたんで使います。

厚紙で型とり

photo by:ahmiosho

厚紙を長さ12cm、幅14cmの長方形にカットし、4cmのところに折り目を入れておきます。もうひとつ、長さ2cm、幅14cmの厚紙も半分に折って1cm長さに用意します。

私は贈答品の箱を再利用し、折り目がついているところに合わせてカットしました。

photo by:ahmiosho

4cm幅にとった厚紙の部分を左端にして生地の上に置きましょう。そのまま生地と一緒に持ち上げて厚紙を右へ倒します。

photo by:ahmiosho

そのまま厚紙を折り目のところへ左に倒します。じゃばらの形の型紙のお陰でいちいち計測せずに作れます。

photo by:ahmiosho

すーっと厚紙を引き抜き、生地にしっかり折り目をつけましょう。アイロンで押さえながら形をつけていってもいいでしょう。

photo by:ahmiosho

右側も同じように厚紙と一緒に生地を折り曲げます。

布を切り替えても可愛い!!

photo by:ahmiosho

2色使いにして作るとこんな感じ。レースやタグをアクセントにして。

photo by:ahmiosho

ふたを開くとこんな感じです♪(*’▽’)

パターンを覚えたら簡単にできますよ。ぜひ、チャレンジしてみてください。

こちらは基礎編です!

たった10分で作れるティッシュケースの作り方を画像で詳しく
ポケットティッシュケースの超簡単な作り方を紹介します。基礎の基礎なので簡単すぎてスミマセン。

スポンサーリンク
人気ブログランキング

ブログランキングに参加しています!応援クリックお願いします♪

人気ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る