手縫いでできるヘアリボンの作り方

手縫いでできるヘアリボンの作り方

photo by:ahmiosho

ヘアゴムを用意してワンポイントのアクセントにリボンをつけてみると、あら、かわいい!

オーソドックスな作り方で手縫いでできるものをご紹介します。

わざわざ手縫いにこだわったのは、

何を隠そう…

私のミシンが故障し、修理するか新調するかただいま検討中だからです。

これを機会に手縫いを見直してみたいと思い、チクチク針仕事をしてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

手縫いOK、オーソドックスなリボンの作り方

まずは基本のリボンの作り方です。

ここでボンドやグルーガンを使ってもいいのですが、そんなの持っていない!という方のために手縫いにこだわって手縫いのみでできるリボンの作り方のご紹介です。

用意するもの

photo by:ahmiosho

用意する布は、

リボン部分:8cm×8cmの端切れ

真ん中部分:3cm×5cm

髪ゴム

糸、針、はさみ

How To make

photo by:ahmiosho

8cm×8cmの端切れを中表にして半分に折り曲げます。

photo by:ahmiosho

布の上の部分を真ん中をあけて両サイドを縫っていきます。

photo by:ahmiosho

縫い終わりは玉結びして下さいね。

photo by:ahmiosho

縫ったところを画像のように真ん中にもってきます。縫い代を割ってアイロンで型をつけます。(アイロンを出すのが面倒なら爪でしっかり型をつけてもOK)

photo by:ahmiosho

両端を縫っていきます。画像では見えにくいですが、右を縫っています。

photo by:ahmiosho

左側も縫いました。真ん中の穴からひっくり返します。

photo by:ahmiosho

表に返している最中です。

photo by:ahmiosho

ひっくり返したら形を整えます。

そのままだと端っこがデコボコしているので、太い針や目打ちなどで角を整えます。軽くやりましょう。必死になりすぎると布を突き破ってしまいます。

photo by:ahmiosho

ここでふんわりしたリボンにしたければ綿をつめます。お子さんのリボンであればふんわりしたものがかわいいですね。

真ん中の穴をまつって綴じます。

photo by:ahmiosho

半分に折ってみて、中心位置を確認します。中心に針を刺して縫っていきます。

photo by:ahmiosho

縫ったら糸をキュッとしばり、2~3回糸をぐるぐると巻き付けて絞り、糸を結びます。

photo by:ahmiosho

中心の部分です。

3cm幅、5cm長さの布を三つ折りにし、1cm幅にします。三つ折りにした部分は隠れるので端の始末(ジグザグミシンやロックミシン)の処理はいりません。なので手縫いでも問題なく縫えるのです。

photo by:ahmiosho

そのときのポイントは上にくる布は被さる部分を少し短めにすること。反対側がリボンの表面になるので重なった部分が長ければ表から見えてしまいます。

photo by:ahmiosho

ゴムに巻き付けて縫います。

photo by:ahmiosho

リボンをつけて巻き付けて縫います。そのときに下のほうは1cmほど折り曲げてくるりと巻きます。

photo by:ahmiosho

巻き終わりをまつっていきます。

photo by:ahmiosho

手縫いで髪リボンができました。

photo by:ahmiosho

8cm長さのリボンの大きさはこんな感じ。画像では大きく見えますが、ちょっと小ぶりなリボンです。大きさは好みで調整してくださいね。

余り布でできる

photo by:ahmiosho

余り布でできるので端切れは捨てずに取っておきましょう。

photo by:ahmiosho

今回は手縫いの作り方の紹介でしたがもちろんミシンでもできます。ただ真ん中の布を巻き付ける作業は手縫いでまつることになるので、ミシンを出す手間を考えたら手縫いでちゃっちゃと縫ったほうが早いかも…?

人気ブログランキング

お役に立てたなら、ぽちっと応援クリックお願いします☆

人気ブログランキング
いつもありがとうございます!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアボタンを押して情報を共有しましょう。

購読する(更新都度お知らせが届きます)

RECOMMEND こちらの記事も人気です。



トップへ戻る