かばんに引っかけるモバイルケースの作り方

かばんに引っかけるモバイルケースの作り方

photo by:ahmiosho

ガラケー時代にはよくみかけたファブリックのモバイルケースですが、スマホ、iphoneではあまり使わないかな…

そう思いつつ、バザーの出典作品の中に少しだけ作って置いていたところ、真っ先に売れてちょっと意外でした。

もっとたくさんあったらよかったのに~、とオファーまで受ける始末。携帯だけではなく3DSが入るサイズにしたのがよかったようです。

まだまだ需要はありそうなので、作り方のご紹介です。

photo by:ahmiosho

ボタンはシェルボタンを使っています。

※シェルボタン
貝殻を加工してできたボタンです。手芸店や雑貨屋さんなどで売られています。キラキラ光る天然素材がいい感じです。

材料

photo by:ahmiosho

・表布……32㎝×12㎝
・裏布……32㎝×12㎝
・キルト芯……30㎝×10㎝
・革ひも……3mmくらいの幅の物を6㎝
・綿テープ……3㎝幅のものを23㎝
・飾りのレース(好みで)
・シェルボタン……1個

サイズについては参考までに。

今回作ったサイズはこれです。スマホやiphoneはサイズがそれぞれ違うので持ってるモバイルのサイズを計測して作ってください。

How to make

持ち手部分をつくる

photo by:ahmiosho

持ち手の裏布は綿テープで代用してもいいです。その場合3cm幅のものを23cm用意します。

綿テープを半分に折り曲げ、アイロンで型をつけます。

photo by:ahmiosho

持ち手の表側になる布は、本体生地と同じ柄を使います。同じく23cm×3cm用意します。

両端を7mm程度折ります。

photo by:ahmiosho

表布、裏布を中表に重ねて革ひもを中にはさみます。革ひもは革の表面をむけてはさみます。

photo by:ahmiosho

表布、革ひも、裏布を重ねたところを直線ミシンして縫いつけたら、表に返します。

photo by:ahmiosho

裏布が表に出ないように(表からみて裏布がはみださないように)心持ち表布より裏布を小さく折り曲げてぐるりと1周ステッチします。

本体を縫う

photo by:ahmiosho

本体の表側にレース、タグなどをつけます。タグのつけ位置はお好みで。

表布の裏面にキルト芯をつけます。(ずれないように両端を端ミシンしてつけておきます)

photo by:ahmiosho

表布、裏布を中表に重ね両サイドを縫います。

※画像は表面の写真です。本当はこの布が裏になります。

photo by:ahmiosho

先ほどの画像の真ん中の凹んだ部分を両脇にずらします。まち針できちんと合わせたら、返し口を残して両サイド直線ミシンをします。

photo by:ahmiosho

角を開いて縫っていきます。

photo by:ahmiosho

両端の4箇所を縫い、返し口からひっくり返します。

photo by:ahmiosho

返し口を手縫いでまつります。

photo by:ahmiosho

持ち手をつけます。

片方には革ひもがついているのでついていない方を裏から縫いつけます。反対側にはシェルボタンをつけます。


SODIAL(R) 100パールMOP丸いシェルのボタン 8mm HOT

できあがり

photo by:ahmiosho

かばんの持ち手にひっかけると急な電話のときにサッととりだせて便利ですが、くれぐれも落下に注意してください。

photo by:ahmiosho

気になる方は入れ口のところにループを縫いこんで、クルミボタンをつけてもいいですね。

photo by:ahmiosho

ピンク系も女の子に人気でした!

photo by:ahmiosho

キルト芯が入っているので、ぷっくりした感じ。

Note

モバイルケースだけでなく、3DSを入れたりと用途はさまざま。レースをつけたり、タグをつけたりしてデザインしましょう。

スマホ、iphoneが主流となりモバイルケースもプラスチックのものに移行していますが、まだまだ用途はありそうです。

人気ブログランキング

お役に立てたなら、ぽちっと応援クリックお願いします☆

人気ブログランキング
いつもありがとうございます!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアボタンを押して情報を共有しましょう。

購読する(更新都度お知らせが届きます)

RECOMMEND こちらの記事も人気です。



スポンサーリンク
スポンサーリンク
トップへ戻る