かぎ編みをはじめよう|2通りの円の編み方・輪の引き締め方ガイダンス

かぎ編みをはじめよう|2通りの円の編み方・輪の引き締め方ガイダンス

シェアボタンを押して情報を共有しましょう。

スポンサーリンク
photo by:ahmiosho

前回、編みものの基礎と称して、細編み、長編み、中長編み、長々編みの編み方を説明しました。

かぎ編みをはじめよう|基礎から細編み・長編み・中長編み・長々編み徹底解説
編み物初心者の方むけに、まず糸のかけ方から基本のくさり編み、さらに細編み、中長編み、長編み、長々編み、糸の足し方、糸の始末まで徹底解説いたします。

今回は丸いモチーフを編むときの2通りの編み方のパターンを説明します。

※2018.9月大幅リニューアル

基礎編ということもあり、38枚画像を加え、これ以上詳しく書けないというくらい改訂しました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

円編みのしかた

細編みで丸く編む

編み図

編み図

今回、この編み図をみながら丸いモチーフを作ってみましょう。

最初のポジション

糸を人差し指にひっかけて

2回巻きつけます

糸を人差し指にかけて

輪にした糸を親指と中指にはさんで押さえ

輪の中から糸を引き出し

もう一度糸をかけて引き出します。

最初の目ができました。これは1目とは数えません。

1段目の拾い方

編み図

毎段立ち上がりを編む細編みの場合

針に糸をかけて

引き抜きます。

立ち上がりのくさり編み1目編めました。

輪の中に針を入れ

糸を引き出します。(束に拾う)

さらに、糸をかけて

引き抜きます。

細編み1目が編めました。同じようにしてあと5目細編みを編んでいきます。

細編み6目編めました。最初の目は立ちあがりの目です。(画像白ライン)

糸をひきしめて、輪の中心をしめます。

糸はしを引っ張ります。すると、輪の中の糸2本のうちどちらかが引き締まります。

引き締まったほう(動いたほう)の糸を引っ張り、輪をすぼめていきます。

再び、糸はしを引っ張ってしめます。

糸が引き締まって、中心の輪が閉じました。

段の終わりは、細編みの頭に針を入れます。

もう少し詳しく

針を通す目に注意!

最初に見える目は立ち上がりの目なので、その次の目に針を通します。

糸をかけて

全部一度に引き抜きます。

1段目が編めました。

2段目

2段目は、前段の6目に増し目をしていきます。

増し目とは、同じ目に2回細編みを編むことです。

まず、立ちあがりのくさり1目を編みます。糸をかけて

引き抜きます。

立ちあがりのくさり1目編めました。

増し目をする場所はこちらの目です。

1つの目に2回細編みすることによって、前段の6目の細編みが、12目に増えます。

12目細編みが編めたら、引き抜き編みをします。針を通す目はこちらです。

ここは間違いやすいので、詳しくみてみましょう。

もう少し詳しく

こうやってカウントしてみると、全部数えたら13目になりますね。

12目しか増やしていないのに、なぜ13目になっているのでしょう???

これは、最初に立ち上がりの目を編んでいるからです。なので編み始めるのは、立ち上がりの目の次の目からになります。

ちょっとややこしいので、ここはしっかり押えておきましょう。

針を入れて糸をひっかけて、引き抜きます。

2段目が編めました。

12目編めたのがわかります。

3段目

立ちあがりのくさり1目を編みます。

立ちあがりのくさり1目を編めました。

3段目は、細編み+増し目を繰り返して編んでいきます。増し目を6回編むので、18目になります。

3段目、18目編めました。

最後に引き抜き編みをします。細編みの円の完成です。

さらに段を増やしたければこの要領で、

編み図

このように増やしていきましょう。

4段目は2目細編み+増し目、5段目は3目細編み+増し目という風に増やしていくと大きな円形になっていきます。

編み地の表側

編み地の裏側

編み図を読む

編み図
  1. 【1段目】
    輪を作り、立ち上がりのくさり1目編む


  2. 細編み6目編む

  3. 【2段目】
    立ち上がりのくさり1目編む


  4. 細編み12目編む。このとき2段目のくさり目の頭に2目ずつ細編みを編んでいく。

  5. 【3段目】
    立ち上がりのくさり1目編む


  6. 2段目の最初のくさりの頭に1目細編み、次の目には2目細編み…この繰り返しで18目編む。

動画をアップしました
あわせてチェックしてみてください

動画をみるほうが糸の運びかたなど、よりリアルに理解できます。7分半の動画なのでチェックしてください。

※よろしければチャンネル登録お願いします♪

くさり編みで編む

もうひとつ、円の編み方でくさり編みから始める方法もあります。

ただしこちらは真ん中に穴があいてしまうのでデザインによって穴があいたものがいい場合に取り入れるといいでしょう。

編み方

編み方ガイダンス

つくり目をし、輪の中心にするくさり6目を編みます。

編み方ガイダンス

つくり目の1目めのくさりの外側半目と裏山の2本を拾って針を入れ、針に糸をかけて引き抜きます。

編み方ガイダンス

くさり編みの輪ができました。

編み方ガイダンス

針に糸をかけて引き出します。立ち上がりのくさり1目が編めました。

編みはじめの糸端は一緒に編みくるんでいきます。

輪の中に針を入れて糸を引き出し、もう一度糸をかけて針にかかっている2本を引き抜きます。

編み方ガイダンス

細編みが1目編めました。

同じようにして作り目に細編みを12目編みいれます。

編み方ガイダンス

1段目の編み終わりは、最初の細編みの頭のくさり2本を拾って針を入れ、糸をかけて引き抜きます。

編み方ガイダンス

1段目が編めました。

円形モチーフ

真ん中に穴があいた円形のモチーフです。

フェリシモ「コレクション」

Note

2通りの円の編み方をご紹介しました。

基礎ができればバリエーションが広がります。

また円と言ってもさまざまな編み方があり、わを作り長編みから始めるデザインもあります。いろんな編み方にトライしてすてきな作品を作ってくださいね。

関連エントリーはこちら

☑Check!!
マリメッコ風お花のアクリルたわし|花弁1枚ずつの編み方と減らし目
編み物を始めたら、どうしても編みたくなるのがお花のモチーフ。 玉編みを駆使して編めば、ほんとあらゆるデザインのお花のモチーフができますよね...
ぐるぐる編み(立ち上がりなし)の円でアクリルたわしを編もう
円の編み方は、立ち上がりの目を入れながら編んでいくのがベーシックですが、ついついどこが立ちあがりなのかわからなくてしまいます。 そんなとき...
スイカのアクリルたわし|種のステッチと2枚重ねての細編み…はた結びも
夏にぴったりのスイカのアクリルたわしを編んでみましょう。半円型になっているのは、円形を半分に折って閉じているだけ。 編み地が2枚重なってい...
人気ブログランキング

お役に立てたなら、ぽちっと応援クリックお願いします☆

人気ブログランキング
いつもありがとうございます!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアボタンを押して情報を共有しましょう。

購読する(更新都度お知らせが届きます)

RECOMMEND こちらの記事も人気です。



スポンサーリンク
トップへ戻る