Googleフォト「高画質」無料サービス2021年5月末で終了!さてどうする? | 【暮らしの音】kurashi-*note

Googleフォト「高画質」無料サービス2021年5月末で終了!さてどうする?

シェアボタンを押して情報を共有しましょう。

Sponsored Link
Google

昨日、Googleより「Googleフォトのストレージに関する重要なお知らせ」が届きました。

つい先日悲報…外付けHDDが突然ご臨終。データ復旧があり得んくらい高額で驚いたの記事で、子どもの動画や画像を大量にストックしていた外付けHDDが突然壊れ、Googleフォトにもストックしていたので助かった~という話をしたばかり。

ほんとに神と思えるクラウドサービスで、これからも使い続けようと思っていた矢先のお知らせでした。

Sponsored Link
Sponsored Link

Googleフォトのストレージポリシー変更

Googleフォト

引用:Googleフォト

今回、ストレージポリシーの変更の対象となったのは、

高画質でバックアップしたすべての写真と動画

Googleフォトで保存する画像は、「高画質」と「元のサイズ」の2種類があり、元のサイズを選べば完全にオリジナルのままの写真をバックアップしてくれますが、データ容量を消費してしまいます。

そこで「高画質」にすると、圧縮されて保存され、なんといっても容量無制限というのが魅力でした。

元のサイズと比べて画質はじゃっかん劣るとのことですが、私自身まったく違いがわからないくらいのレベル。よっぽどこだわりがない限り気にならないくらいです。

もともとGoogleドライブには 15GBまで無料で使用することができるストレージがありますが、「高画質」はその容量を使用することなく、永遠に無料で画像がストックできていました。

高画質とは

  • 写真のサイズが 16 MP を上回る場合は、16 MP まで縮小
  • サイズが 16 MP の写真は、最大で約 61.0 cm x 40.6 cm まで高画質で印刷
  • 動画の解像度が 1080p を上回る場合は、1080p(高画質)に調整

しかし、2021年6月1日より高画質でバックアップしたデータは、無料の保存容量(15GB)を使用することになります。

15GBは、画像だけのストレージではなくGmailやGoogleドライブと共用のため、他のサービスで容量を使用していると、画像をストックできる容量はさらに減ってしまいます。

ただ、Googleは、

引き続き写真や動画のバックアップに Google フォトをご利用ください。2021 年 6 月 1 日以降、保存容量の上限に近づいたらご連絡いたします。ほとんどのユーザーは、数年間はご対応の必要はないと思われます。

と申しています。

ストレージ管理に関しては、暗い写真や不鮮明な写真などの不要なコンテンツを簡単に見つけ削除できる新しいストレージ管理ツールが利用できるようになります。

確かに現在は無料でもあるし、ブレた画像や必要のない画像もそのままストックしており、逆に画像を探すときに見つけづらいという難点がありました。

今後は、管理ツールにて画像を取捨選択して保存していけば、そうすぐに15GBの容量に達することはないというわけですね。

ちなみにiPhoneで撮った画像は、2~6MBとバラつきがあるものの、仮に1画像5MBとした場合、

1GB=1024MBなので、15GBだと15,360MB。

3,072枚くらいストックすると容量上限に達するということか…。

データ量の大きさの単位
  • 1KB(キロバイト)=1024バイト
  • 1MB(メガバイト)=1024KB(約100万バイト)
  • 1GB(ギガバイト)=1024MB(約10億バイト)
  • 1TB(テラバイト)=1024GB(約1兆バイト)

私の場合、3000枚などあっという間に上限に達しそうな予感はあるものの、まだ半年先の話。

仮に保存容量を増やしたいと思ったら、Google One で追加できます。

100GBで年額2,500円(月額250円)

200GBで年額3,800円(月額380円)

2TBで年額13,000円(月額1,300円)

Googleでは現在4兆以上の写真や動画が保存されており、毎週280億もの写真と動画が新たにアップロードされているということです。

今回の決断は、決して軽いものではなく、私たちにさらにゆとりのある空間を提供するため、また将来の発展のために行ったポリシー変更とのことです。

ここまではお知らせでした。

さて、ここから私の感想。

今回このメールを受けても全く焦りを感じず冷静にみることができました。

というのも、いきなり外付けHDDが壊れるという悲劇に見舞われたあと、クラウドストレージサービスの良さを改めて実感し、ずっと無料で使い続けていたDropboxをDropbox Plus3年版にチェンジしたばかり。

ずっと使っていたので有料版にしたからといって使用感に差はないですが、何も考えずどんどんデータをストックできるストレスフリーな感覚にすっかり満足しています。

仮にGoogleフォトのストレージ容量が上限に達しても、Dropboxで画像ストックしているという安心感もあり頼もしい。

DropboxPlus3年版ロゴ

Dropbox Plus

あわせて読んでもらいたい記事
悲報…外付けHDDが突然ご臨終。データ復旧があり得んくらい高額で驚いた
最近、約4年半使用しているパソコンの調子がおかしい。いつ何時、パソコンがダウンしてデータが消滅してはいけないと、せっせと2TBの外付けHDD...
Dropbox有料版は高い?ソースネクストならランチ1回分!後悔した件を暴露
外付けHDDがPCに認識されず、いきなりご臨終…。 現実を受け入れるのに時間を要しました。 心にぽっかり穴があいたような、 大事な...
人気ブログランキング

お役に立てたなら、ぽちっと応援クリックお願いします☆

人気ブログランキング
いつもありがとうございます!

Sponsored Link
Sponsored Link
Sponsored Link

シェアボタンを押して情報を共有しましょう。

購読する(更新都度お知らせが届きます)

RECOMMEND こちらの記事も人気です。



Sponsored Link
トップへ戻る