はちみつが白くなって固形状…。これって食べれる?戻す方法は?【私の失敗談あり】 | 【暮らしの音】kurashi-*note

はちみつが白くなって固形状…。これって食べれる?戻す方法は?【私の失敗談あり】

シェアボタンを押して情報を共有しましょう。

Sponsored Link
カークランドハニーベア
photo by:ahmiosho

久しぶりにはちみつを食べようと思い、瓶を見てみると、

ゲッ、白い…。

固まってる…。

ということはありませんか?

それはあのキラキラと輝きあめ色に透き通って光沢のあるおいしそうなそれではなく、もはや別物。

食べてみると白く固まったうえにザラザラした食感…。

もはや別物。

はちみつも加齢によって変化するのか??

いや、そもそも食べれるのか??

そこのところ、検証してみます。

Sponsored Link
Sponsored Link

はちみつが白く固まった

白くなってしまったはちみつ

結論から言えば、はちみつが白く固まってしまうのは、結晶化によるもの。腐っているわけではありません。

なので、安心して食べることができます。

おしまい!

…とここで終わっては、何なので

どうして白くなるのか見てみましょう。

なぜ白く固形状になるのか、戻す方法でベストなものはどれなのか、戻したときの私の失敗談を交えてご説明します。

はちみつの結晶化

はちみつは気温が低くなる冬や、冷蔵庫に保存していると、瓶の底がだんだん白くなり固形状になっていきます。

これは結晶化という自然現象です。はちみつの中には純粋なものと加糖してあるものがあり、加糖はちみつだから白くなると思っている方もいるようですが、一切関係なくはちみつに含まれるブドウ糖の性質によるものなので、どちらも白く固形状になります。

固形状になるのは温度に関係しており、外気温が15~16度以下になると結晶化しやすくなり、13~14度くらいが最も結晶化しやすい温度といわれます。

農林水産省|消費者相談

ただし、温度が低くなればなるほど固形化しやすいといえばそうではなく、マイナス18℃以下になると結晶化しなくなります

はちみつの種類によって、結晶化しやすいものとしにくいものがあるのは、含まれているブドウ糖と果糖の割合です。

果糖が多く含まれるはちみつは結晶化にしくく、ブドウ糖が多く含まれるものは結晶化しやすいとされています。

固形化して白くなったはちみつは食べれる?

白くなって固形状になってしまったはちみつは品質や成分が変わったわけではなく、腐っているわけでもないので、そのまま食べても問題ありません

ただし、個人的には食感がザラザラした感じでとろっとしていないので、パンなどにつけて直接食べるのは溶かしてからのほうがいいですね。甘さは変わりませんが…。

紅茶や料理に加えるときは固形状でもそのまま使えます。

白くなったはちみつを溶かす方法

はちみつを溶かす方法にはいくつかの方法があります。

私の失敗談も交えてご紹介します。

はちみつの溶かし方

湯せんで溶かす

電子レンジを使う

60℃のお湯でゆっくり溶かす

湯せんで溶かす

60℃のお湯

鍋にお湯を沸かし45℃~60℃程度になったら、はちみつの瓶のフタを外し、容器ごと入れ、スプーンや菜箸などでゆっくりはちみつをかき混ぜながら温めていきます。

でも60℃って、我が家には温度計がないから計れない!というとき目安はコレ。

目安として鍋底から小さい泡が立ち始めるのが60℃くらいです。

湯せんではちみつを温める

みるみるうちに固形状のものが液状へと変わってきます。

電子レンジを使う

ズバリおすすめできません。

電子レンジで温めると、内部の温度が急激に上がってしまうため、はちみつ本来の風味とトロリとした感触を損ねてしまうことがあります。

容器が凹む

コストコで買ったカークランドのはちみつ「ハニーベア」は容器がプラスチックなので、電子レンジで加熱すると凹みます。

我が家のクマちゃんも見事に凹み、後頭部が絶壁(ぜっぺき)になってしまった…。

瓶入りのはちみつであれば、電子レンジで加熱も可能ですが、風味を損なってしまうのでやはり湯せんがいいですね。

60℃のお湯でゆっくり溶かす

湯せんで溶かす

コンロからおろした鍋にフタをあけたはちみつを入れ、常温でそのままゆっくり溶かしていきます。

(いい湯だな~♪)

はちみつが液状に変化

おおお、だんだん液状へと変化している。

液状になったはちみつ

5分も置いておくと、ほぼ液状になって元通り。

はちみち新品と比較

しかし悲しいかな…最初に電子レンジで加熱してしまったためか、液状になっても元のあめ色のはちみつにはなりません(汗)

電子レンジ、しなけりゃよかった…( ̄д ̄)

はちみつの保存方法

カークランドハニーベア

はちみつは常温保存でOKです。

はちみつは温度の影響を受けやすいため、冷蔵庫などの低温で保存すると固形化しやすくなります。夏場でも冷蔵庫に入れたりせず、直射日光を避けた場所(できれば冷暗所)に常温保存しましょう。

はちみつの消費期限

はちみつは容器につめてから1~3年を消費期限と設定しているものが多いです。それは開封してからも変わりませんが、バターやジャムなど別な食材を使ったスプーンをそのまま使うと異物が入り込み、傷む原因となります。使うときは清潔なスプーンを使い、他の食材を扱ったものを使わないようにしましょう。

はちみつは腐らない?

はちみつ自体に殺菌能力があるため、基本的には腐ることはありません。また、白く細かいものが見えたとしてもそれはカビではなく結晶化によるものです。そもそもはちみつはカビないので安心して食べることができます。

Note

はちみつが白く固形化してしまっても、腐っているわけではありません。また白いつぶつぶ状のものが見えてもそれはカビではありません。

すべて結晶化によるものです。

まとめると、

  • はちみつは温度によって結晶化(固形状)になる
  • はちみつは腐らない
  • はちみつの白いつぶつぶはカビではない

はちみつの溶かし方は60℃のお湯で湯せんしてゆっくり溶かすのがおすすめ。

ということでした。

はちみつを使うときは、はちみつ用のスプーンを用意し、別の食材を使ったあとに使うのは避けましょう。

体にいいはちみつを上手に取り入れて、最後まで使い切りたいですね。

あわせて読んでもらいたい記事
マヌカハニーを試すならニュージーランドhnz社のUMF10+がオススメな理由
マヌカハニーが体にいいというのは周知の事実。 風邪が流行る季節には、菌の侵入を防ぐことが一番! 職場や回りの方々が次々とインフルに罹るな...

こちらでカークランドハチミツとマヌカハニーを比較しています。

マヌカハニーはコストコで買える?UMF10+で大容量なら買うべき?
世間を騒がせているコロナウイルス。怖いですね。 日本でも感染が確認され発症した方もおられます。特効薬がないなか、予防するしか術はありません...

人気ブログランキング

お役に立てたなら、ぽちっと応援クリックお願いします☆

人気ブログランキング
いつもありがとうございます!

Sponsored Link
Sponsored Link
Sponsored Link

シェアボタンを押して情報を共有しましょう。

購読する(更新都度お知らせが届きます)

RECOMMEND こちらの記事も人気です。



Sponsored Link
トップへ戻る