タイムズカーシェア【Times CAR SHARE】最大時間料金制を導入。お得に乗れる時間数は? | 【暮らしの音】kurashi-*note

タイムズカーシェア【Times CAR SHARE】最大時間料金制を導入。お得に乗れる時間数は?

シェアボタンを押して情報を共有しましょう。

Sponsored Link
カーシェア
photo by :ahmiosho

タイムズカープラスが2019年5月に『タイムズカーシェア』に名称変更して間もなく、今度は消費税増税に伴って料金体制が見直されました。2019年10月1日から新料金でのスタートです。

消費税がアップする分、価格が上がるのはやむを得ません。しかし従来とちょっと料金体制が変更になっています。

検証してみると、新料金体制でお得に乗れる時間がありました。それについてのリサーチです。

Sponsored Link
Sponsored Link

タイムズカーシェア「最大時間料金制」を導入

Car

従来の料金体制

カーシェア

現在の料金体制は、ベーシックタイプなら、15分206円(税込)、プレミアムであれば15分412円(税込)です。

パックがお得

カーシェア

長時間借りる場合は、ショート料金(206円/15分)よりも、パックにしたほうが絶対お得。
6時間パック、12時間パック、24、36、48、60時間パックがあり時間が長ければ長いほど割安感はありました。
 
旧料金となってしまうため、ここで詳しく説明しても無駄ですが、念のため。
この箇所は読み飛ばしたいかたは、こちらへジャンプ↓

ショートで6時間借りると、

カーシェア

1時間824円×6時間=4,944円(税込)となります。

6時間パックにすると…

カーシェア

パック料金が適用され、4,020円(税込)となり、924円お得になります。

以後、延長する場合は延長料金として206円/15分ずつ加算されます。(予約時に設定)

旧体制(2019.9.30まで)は、このような料金体制でした。

2019.10.1からの新料金体制

2019年10月1日から時間料金が、

  • ベーシック…220円(200円+税)/15分
  • ミドルクラス…330円(300円+税)/15分
  • プレミアムクラス…440円(400円+税)/15分

に変更されます。消費税分加算というより少し値上がりした感じですね。

引用:タイムスカーシェア

6時間パック、12時間、24、36、48、72時間とプランの見直しがされております。

ここで、従来と違うのは、最大時間料金制に変更となっていること。

例えば…

引用:タイムズカーシェア

わかりやすくベーシッククラスを例にあげると、

利用開始から4時間45分を超えると、6時間まで同料金になります。

つまり6時間乗っても、4時間45分乗っても同じ料金。5時間30分で返却しても6時間分の料金が徴収されるということです。

4時間45分までは220円/15分なので、4,180円。1分でも超えると最大利用料金が適用されて4,290円となりますが、実はお得になると言えます。

最大利用料金の適用を度外視して、本来単純に15分延長したなら220円が加算され、4,400円となりますが、それよりも安い4,290円でそのあと1時間15分はいつ返却しても同料金になります。

もっと長く借りる場合、例えば12時間までならさらにお得。

上記の表には記載されていませんが、

ベーシッククラス・プレミアムクラスだと、8時間30分から12時間までは6,490円(税込)

ミドルクラスだと、7時間45分から12時間までは8,690円(税込)となります。

今回の料金プラン変更によって、4時間45分から6時間まではお得に乗れる時間が存在するということですね。

更に半日(12時間)借りる場合は、プランによってお得になる時間数が変わるので要チェックです。

ミニマムチャージ料金

タイムスカーシェア

引用:タイムズカーシェア

新たに導入された料金体制で、ミニマムチャージというものがあります。

これは、24時間以上の予約の場合、利用時間が2時間未満でも2時間分の利用料金(ミニマムチャージ)が発生するというもの。

延長して実際利用したのが1時間でも、2時間分の1,760円の料金が発生するということです。

タイムズカーシェア料金改定について

車は所有するから借りるという発想

タイムズカーシェアという選択。車を持たない生活を考える…。使い方も簡単
家計のスリム化を検討するとき、車を手放すというのもひとつの案ではないでしょうか?その際足がなく不便になるからと躊躇しているのであればカーシェアを利用するという選択肢もあります。日本No.1のシェアを誇る「タイムズカープラス」についてご紹介です。

前回、車は所有するのと、借りるのはどっちがいいのか検証してみました。

車愛好者、車が趣味という方はともかく、ただ単に便利なので所有しているという場合、費用対効果を考えたときにどうでしょうか?

タイムズカーシェアは、レンタカーと違って、返却の際にガソリンを補充する必要もなく、15分単位で手軽に借りることができます。

ガソリンの補充の義務はありませんが、給油や洗車をすることによって料金割引サービスが受けられます。

また、実はアイドルタイムなるものがあり、15分間無料で乗ることができます。

\詳しくはコチラで/

タイムズカープラス(カーシェア)という選択。車を持たない生活を考える

家計のスリム化を図るうえで、カーシェアも検討してみるのもいいかもしれませんね。

あなたの家の近くにあるカーシェアステーションはコチラで検索!

人気ブログランキング

お役に立てたなら、ぽちっと応援クリックお願いします☆

人気ブログランキング
いつもありがとうございます!

Sponsored Link
Sponsored Link
Sponsored Link

シェアボタンを押して情報を共有しましょう。

購読する(更新都度お知らせが届きます)

RECOMMEND こちらの記事も人気です。



Sponsored Link
トップへ戻る