デトランスα(パースピレックス)を使い続けた私の口コミ・一瞬で脇汗から解放される夏の必需品 | 【暮らしの音】kurashi-*note

デトランスα(パースピレックス)を使い続けた私の口コミ・一瞬で脇汗から解放される夏の必需品

シェアボタンを押して情報を共有しましょう。

Sponsored Link
デトランスα

脇汗の季節がやってきました。かつて脇汗に悩まされ続けた私は、ここ数年まったく脇汗の存在を忘れて過ごせています。

脇汗生活、おさらば~。

いつでもじっとりの私の脇をサラッサラの脇にしてくれたのは『デトランスα(パースピレックス)』というデンマークの制汗剤でした。

かつては大滝汗だった私。

夏場はもちろん、人と会う、会議など緊張する場面だとじどっと脇汗がにじみ出てきて、そのうち酸っぱい臭いが漂い

まさか臭われてないよね?

って気になりとても集中できない。

精神的発汗が苦痛でしかたありませんでした。

制汗剤はマストでしたが、どれも一時しのぎ。

あれこれ制汗剤ジプシーを繰り返し

ようやく出会ったのがデトランスα。

デトランスα(パースピレックス)は、有効成分である 塩化アルミニウムが脇の汗腺にフタをすることで汗を効果的に抑えてくれる制汗剤。

不思議なことに、回数を重ねるたび塗布間隔が長くなっていきます。

1回塗布すると1~2週間効果が持続し、つい、脇汗の存在を忘れてしまうほど、脇汗に無縁になっていきました。

またまたいやな汗ばむ季節の夏がやってきますが、脇汗に悩むことなく過ごせているのは、デトランスαのお陰。

そんなデトランスα、私にとっては救世主的存在ですが、他の方はどう思っているのでしょう?

気になる口コミを拾うと共感しかないコメントが多数寄せられていました。

ahmiosho

私と同じ思いをしている方がたくさんいました。もっと早くに出会いたかった。

Sponsored Link
Sponsored Link

デトランスα(パースピレックス)とは?

パースピレックス

デトランスαはデンマーク生まれの医療用制汗剤。海外では「パースピレックス」と呼ばれています。

デトランスαは公式サイトYOU UPが日本向けに販売している商品名。

こんな人におすすめ

ワキガで悩んでいる

脇が酸っぱい臭いがする

市販の制汗剤では効果を実感しない

白いシャツの脇部分が黄ばむ

もしかして臭いかもと不安になる

汗の量が多い

人に言えない脇汗の悩み。脇汗をかいたあと必ず気になるのが臭い。脇から酸っぱい臭いが漂ってきた日には、人と会うのが怖くなります。

かつての私は脇汗がじどっと出ているときは実感があり、さりげなく脇を触り脇にかいた汗を指でとり、そのまま鼻で嗅いで臭いを確認。

そして、

臭っ・・・・

と人知れず鼻もげらになっていました。

こりゃ、臭うわ・・・・

一度かいてしまった汗は、脇をキレイに拭いても服に染み移ってしまうため、残臭は消せません。もはや着替えるしかない。

自分で臭っているという自覚がありました。

なので人知れず着替えたり、着替えを持っていない場合は脇汗を拭き取り、服についた残臭をごまかすべくスプレー、バンバン吹きかけたり…

例えば、職場の同僚や、親しい友人の脇からワキガの臭いがしたら、あなたならどうします?

さりげなく教えてあげる勇気ありますか?

私は教えて欲しいと思いますが、いざ告げられるときっとショックで立ち直ることができないでしょう。

日本人にとってそれほどデリケートなワキガ問題。

悩みは深刻です。

制汗剤をいくら使っても一時しのぎ。

夏の暑さだけでなく、緊張によっても汗がじわっと出てきます。

またこれは意識すればするほど、じわじわ出てくるからホントに厄介、、、

脇汗のせいでおしゃれも楽しめない。

夏は青やグレーのシャツなんてとんでもない。

腕を上げたら、脇だけ汗ジミ状態で恥ずかしくって電車のつり革も持てやしない。

そんな私があれこれと銀イオンの制汗剤やクリスタルストーン、脇汗パットなど試し、ようやく脇汗の救世主に出会いました。

それが塩化アルミニウム

ここに行きつくまでが長かった…

なぜたどり着くまで遠回りしたのか、

脇汗にてきめん効果を発揮する塩化アルミニウムを使わず、

わざわざ効果のない制汗剤をジプシーしていたのは、

単純に塩化アルミニウム配合の制汗剤が売ってなかったから。

そうなんです。

塩化アルミニウムは医療用医薬品として販売されてないので、

薬局やドラックストアでは購入することができません。

ドラックストアや薬局などで購入できるのは、

塩化アルミニウムの下位互換成分(クロルヒドロキシアルミニウムなど)がふくまれている制汗剤のみ。

いわば塩化アルミニウムの成分を弱くしたもの。

これらの制汗剤は

残念ながら脇汗をブロックすることはできず効果は期待できません。

現在でも塩化アルミニウム配合の制汗剤は店頭には売っていないので、ネットで購入するしかありません。

情報を知っているかいないかで脇汗難民になるか否かわかれます。

これを読んだあなたはラッキー!

私はずいぶん後に知ったので、若いころを無駄にしてしまいました。

デトランスαの成分

デトランスα

デトランスα(パースピレックス)には脇汗をブロックする効果的な成分が配合されています。

塩化アルミニウム

汗に含まれる水に反応すると固形になる性質を持っています。この性質によって汗腺内に角栓がつくられ、汗の産出を抑えます。

エタノール

デトランスαには、水を含まない無水エタノールが配合されています。

薬液が汗腺の深部まで運ばれて効果を維持します。

乳酸成分

デトランスαの主成分塩化アルミニウムが水と反応すると微量の塩酸が生成され、これが肌に刺激や痒みの原因となることがあります。

乳酸成分を配合することで塩酸を減らし、肌へのダメージを抑えることができます。

塩化アルミニウムとはどんな成分?

デトランスαはワキの汗や臭いの改善を目的とした医療用の制汗剤です。

一般的な制汗剤は汗の臭いを香料によって抑え、目立たなくさせています。

一方、デトランスαは発汗を物理的に抑えることで、脇汗をブロックし、臭いもなくしてくれます。

主成分である「塩化アルミニウム」は汗の出口を塞ぐことで発汗を抑える働きがあります。

塩化アルミニウムの汗を止めるメカニズム

汗腺のイラスト

デトランスαを脇に塗布すると、塩化アルミニウムが汗腺内の水分と反応します。

汗腺のイラスト

塩化アルミニウムと汗腺内の水分が反応することによって、水酸化アルミニウムに変化。

汗腺のイラスト

皮膚内のケラチンと反応して角栓をつくり、汗腺(汗の吹き出し口)の上にフタをし汗を抑えます。

この反応中に塩酸が生成され、これが刺激や痛みを引き起こす要因となっています。

デトランスαは、この刺激や痛みを軽減できるよう乳酸成分(天然保湿因子)を加えています。

乳酸が塩酸と反応することで、塩酸が消退し刺激が軽減されます。それと同時に汗を抑える作用も促進されます。

汗腺のイラスト

使い続けることによって汗の出る穴を変性するだけでなく、汗を作る汗腺そのものを委縮させるため汗が出にくい状態に導いてくれます。

デトランスαを使い続ける理由

デトランスα

これまでどれだけの制汗剤を使用し、どれだけの汗ワキパッドを使用してきたか・・・

そして脇汗でどれだけ精神的にダメージを受けてきたか・・・

私が若いころはまだまだネット社会ではなく、情報も本や友人からの口コミしかなく、脇で悩んでいることなど口に出すことも恥ずかしいので相談もできず悶々とした日々。

もうほんと、人生真っ暗…

悩んでワキガの手術まで考えました。

いろいろ調べるなかで『塩化アルミニウム』がいいとの情報が入ってきて、なんでもオドレミンがいいらしいとの噂を聞きつけました。

今から13~15年くらい前の話です。

そこでオドレミンを探し回りましたが、薬局には置いておらず、なんとかネットで購入することができました。

オドレミン

届いたオドレミンという薬剤はなんとも小さな瓶に入っており、これで効果があるもんなのか?と半信半疑で使ってみたところ

なんと、次の日にはピタッと汗が止まったのです!

これにはびっくり。

ただピリピリした痒みはあったものの、脇汗が止まったことが嬉しくて、

そこからしばらくオドレミンを使う日々が続きます。

オドレミンは脇汗を止めてくれる効果はあったのですが、私にとってのデメリットがありました。

それは液を手に取って脇に塗布するため、手湿疹のある私には染みて痛い。

そんなとき出会ったのが医療先進国デンマークで開発された強力デオドラント「デトランスα(パースピレックス)」だったのです。

これはロールオンタイプになっていて、直接手に触れずに塗布することができます。

デトランスα

デトランスαは20ml入りになっており、私が購入当時は、「デトランスα敏感肌用」5mlがお試しでついてきました。(※現在はこのキャンペーンはなくなっています)

敏感肌用(緑色)から試してみたところ、今までオドレミンの使用歴が長いせいか、耐性がついていたのか痒みや痛みは感じませんでした。

さらに普通肌用(青色)を使用してみましたが、時々ピリピリする感じはあったものの、耐えれない痛みではありませんでした。

最初の1週間は毎日使用とのことでしたが、3日目くらいにはピリピリとした違和感が出たので一旦使用をストップしました。

しかし初日からすでに効果を実感できているので汗の心配はありませんでした。

そしてオドレミンに比べて、効果が持続する期間が長いように感じました。

1回塗布すると3~5日と脇汗の心配をすることなく日中過ごせます。

これはもう、人生変わるレベル。

そして使い続けるうちに、脇の汗腺が委縮してしまったのか、

冬場は気になったときに塗る程度。

それが月に1回とか、数カ月に1回と言うレベル。

夏場でも臭いが出てきたなぁと思ったら、夜に塗る程度。

なので1つあれば結構持つので、ひっそりと常備している感じです。

デトランスαとオドレミンの比較

オドレミンVSデトランスα

私が最初に出会ったのはオドレミンですが、デトランスαほど持続性は感じない印象でした。

夏場は2日に1度くらいは塗布していたような記憶があります。

またピリピリした痒みも気になっていました。

なのでデトランスαを取り寄せるときは、

入っている成分が同じなら、さして効果も変わらない、ただロールオンということだけが便利なのかな…とぼんやり思っていました。

ところが、なんというか

持続性が違う。

もしかして塩化アルミニウムの濃度が違う?

調べてみたところ、

オドレミンの塩化アルミニウム濃度は13%

これは日本国内で処方できる最大濃度らしいです。

ところが、驚きなのは

デトランスαの濃度。

海外で売られているパースピレックスは種類がいくつかあり、普通肌用、敏感肌用、強めがあります。

それぞれの濃度は

  • 普通肌用(青色)Original(オリジナル)…10.27%
  • 敏感肌用(緑色)Comfort(コンフォート)…15%
  • ストロング(紺色)Strong(ストロング)…25%
  • 手足用Hand and Foot …25%

あれ、普通肌(青色)は、敏感肌用よりも濃度が低い?

濃度については情報がまちまちで、普通肌用が20%という説も多数ですが、医療機関の情報をもとに引用しました。

しかもオドレミンのほうが濃度が高いです。

これはいったいどういうこと?

もしかしたら成分に理由があるのかも…。

そこでオドレミンの成分を調査したところ、

<有効成分> 塩化アルミニウム <その他の成分> グリセリン、水

オドレミンは有効成分の塩化アルミニウムのほかは、水とグリセリン(アルコール)のみしか配合されていません。

一方、デトランスαは塩化アルミニウムだけでなく、汗を抑える成分がいろいろ含まれていました。

Alcohol Denat(変性アルコール)/Aluminum Lactate(乳酸アルミニウム)/Aluminium Chloride(塩化アルミニウム)/Cyclopentasiloxane(シクロペンタシロキサン)/Glyceryl Stearate(ステアリン酸グリセリル)/Cetyl Palmitate(パルミチン酸セチル)/Hydrogenated Mircrocrystalline Wax(水素化微結晶ワックス)/Hydrogenated Castor Oil(ヒマシ硬化油)

デトランスαに配合されている変性アルコールは、水とよく馴染む性質があり、皮膚の油分や水分をとってくれるため、有効成分がより深部まで届きます。

乳酸アルミニウムは、知覚過敏用歯磨き粉などに含まれる成分で、皮膚の粘膜などの収れん作用があります。

どうやらこの乳酸成分によって痒みが緩和されているようです。

塩化アルミニウムの濃度が高ければ高いほど効果がありそうですが、その分、刺激も多くなります。

なので肌が弱い方、かぶれやすい方が使用すると、塗った直後からピリピリしたり、強烈な痒みが出たりする場合があります。

これはあくまで個人の見解ですが、

デトランスαは、効果を感じつつ、痒みが出にくいような処方になっているのかもしれません。

私にはピシャリと合った制汗剤ですが、他の方はどう感じているのでしょう。

口コミを調査してみました。

デトランスαは効果なし?口コミはどんな?

armpits

デトランスαのよい口コミ
  • 塗布した翌日からピタリと嘘のように汗が止まりました
  • 何を使っても汗が止まらなかったのですが、これはほぼ汗が止まります
  • 使い続けるうちに、あれ?脇汗出てないかも!と思えるようになりました
  • 今はワキ汗かかないのが当たり前になってしまった
  • 長年悩んでいたのが嘘のよう!
  • グレーの服が選べる喜び。ありがとうデトランスα

家族全員が個々に使用している、なくてはならないアイテムです。

肌が弱かったり、慣れるまではヒリヒリしたりする場合がありますがコレを使用するとその部分から汗が出ません

始めの1週間くらいは連続で使用しますが、後は状態により2~3日に1度の使用で済みます。 夏場は、脇汗をかかなくて済むので快適ですが逆に他の部分の汗が気になる程です。引用:@cosme

私の場合もまったくこの方と同じ意見で、最初に連続して毎日塗布すると、3日目あたりにヒリヒリ感を覚えました。

説明書によると最初の1週間は毎日塗布したほうがいいとのこと。しかし痒みが出てきたので止めてみましたが、翌日全く汗が気になりません。

あとは2~3日に1回の使用で夏を乗り切ることができました。

そのあと冬場はほとんど塗布していませんが、ときどき脇が臭うと自分で感じるようになったら、入浴後に塗布すれば1週間は持続します。

(説明書には3~5日持続と書いていますが、それ以上持続しています)

長く塗布し続けていくと、だんだん脇の汗腺が変性されてきたのか汗が出ることなく、もちろん臭いもなくなりました。

2年使い続けて、最近では1ヶ月~2ヶ月くらい塗布しなくても平気になりました。

汗をかく夏場は塗布回数が増えますが、間隔は長くなってきています。

感動しました。

冬でもびっちゃびちゃなのにこれを使い始めたらまったく出ません! 夏になったら多少は出ると思いますがとても助かる商品です。引用:@cosme

通常版と敏感肌のどちらのタイプも使用してみました。 汗はどちらも止まります。

ただ、本当に蓋をしてるな…といった感じです。 通常版の方がアルコール感が強いような塗り心地で刺激感があります引用:@cosme

たしかに、脇にフタをしている感覚は確かにあります。これはつけてみた方しかわからない感覚だと思いますが、脇がズンと重たいような、踏ん張っているような感覚です。

デトランスαの悪い口コミ
  • 痒い 私は我慢できない程 痛痒かったです
  • おそらく、アルコールが弱い人には痛みがでます
  • 塗るたびに真っ赤になってしまったので、残念ながら使用をやめました

悪い口コミのほとんどが痒みと赤みに関してでした。

デトランスαは痒みを緩和する独自処方になっているとはいえ、確かに痒みは伴う場合があり、それを克服できた方とそうでない方に分かれます。

克服した方は、

  • 塗布するのをいったん中断してみて様子を見た
  • コットンに水をしみこませてデトランスα液をしみこませ薄めた状態で使用した
  • 乾いてからかゆすぎたらフェミミーナ軟膏を塗って痒みを抑える

など工夫をされていました。

ahmiosho

私の場合も運よく、我慢できないほどの痒みは出ず、ピリピリするな…と感じたときは使用を中止してみることで乗り切ることができました。

こればかりは体質もあるので、残念ながら何をやっても合わない人もいます。その場合は使用を中止するしかないようです。

痒みを軽減する使い方についてはこちらを参考にしてみてください。

デトランスαの正しい使い方とコツ。痒みを抑える方法は?
私、デトランスαを使い始めて脇汗生活におさらばすることができました。 以前は夏になると、脇の汗ジミがひどくて青やグレーのシャツが着れず、お...
関連記事デトランスαの正しい使い方とコツ。痒みを抑える方法は?

デトランスαの使い方

塗る箇所

1夜の入浴時、脇をきれいに洗います。

2水気をしっかりと拭き取ります。

3デトランスαを塗布します。(上から下へと2往復)

4塗布したデトランスαをしっかり乾かします。(ドライヤーの冷風モードで乾かせば時短になります)

5乾いたら服を着ます。

6翌朝、塗布した部分を洗うか、濡れたタオルでふき取ります。

プロセスはたったこれだけ。

ただし、必ず夜寝る前に行うこと

朝、塗布しても効果は期待できません。

なぜなら、塩化アルミニウムは寝ている間の交感神経が休んで、汗腺の活動が低下したときにじっくり時間をかけて汗腺にフタをします。

日中の汗が出るときに塗布しても汗で流れフタをすることができません。

関連記事デトランスαの正しい使い方とコツ。痒みを抑える方法は?

デトランスαを使ったら人生が変わった

ハッピーなイメージ

なんでもっと早く知らなかったのだろう。

これが今の私の後悔・・・

20代のころはこの商品の存在すら知りませんでした。

デトランスαを使うようになって

  • 脇から汗が出なくなった
  • 脇の臭いがなくなった
  • 脇汗パットが不要になった
  • デオドラントシートが不要になった
  • いつでもだれとでも気にせず話せるようになった
  • グレーや青のシャツやピタッとしたシャツを着れるようになった
  • おしゃれを楽しめるようになった
  • 人前でバンザイができるようになった
  • 飲み会が楽しくなった

とまあ、私にとってホント救世主的な存在。ずっとリピし続ける商品ですが、残念ながら合わない人もいます。

それは

痒みがつらい

確かに痒みが出る人が多いです。汗腺にフタを形成しているときにどうしても刺激となって痒みになるようです。

ただ私の場合、

脇汗と痒み、どっちを取るかという選択肢なら、間違いなく痒みを我慢しよう!となりました。

そして何日か使い続けるうちに次第に痒みがなくなってきたのでラッキーでした。

ahmiosho

最初、辛いかもですが、様子を見ながら少しだけ耐えてみるといいかもしれません。

デトランスαの購入方法

デトランスα(パースピレックス)はドラックストアや薬局では取扱いがありません。

私もネットの情報でデトランスα(パースピレックス)の存在を知りました。

市販品を探し回っているだけでは知り得なかった情報。

Amazon・楽天・yahoo!ショッピングでは?

デトランスαは調査時点でAmazon、Yahoo!ショッピングには取り扱いがなく、楽天では「パースピレックス」が販売されています。

ただ楽天では安く販売している業者があり、どうやら不良品?(偽造品の疑い)がありレビューが荒れているものも発見しました。

デトランス α 偽物に注意!正規品の見分け方と確実に買えるところをチェック
デトランスα(パースピレックス)は脇汗をピタリと止めてくれる多汗症の方には救世主的な制汗剤。 私もこれに出会えて脇汗をかかない快適な生活を...
関連記事デトランス α 偽物に注意!正規品の見分け方と確実に買えるところをチェック

ネットでは偽造品も出回っているため、公式サイトであるYOU UPからの購入が安心です。

YOU UPでは単品購入と定期コースがあります。

デトランスα単品購入

とりあえず自分にあるかどうかを試したい場合は、単品購入がいいかもしれません。

デトランスαのメーカー価格は、4,800円ですが、【デトランスα】公式サイトではじめてのお申込みに限り2,900円(税込)で購入することができます。

【デトランスα】単品購入

デトランスαの定期購入

定期購入で申し込みすると、初回999円(税込)で購入できます。

2回目以降はどちらか自分に合った方をチョイスでき、2回目は2,990円、3回目は4,320円で通常価格よりも安く購入することができます。

ただし、4回目のお届けまでのお約束あり。

  • 1回目…999円+海外送料・梱包手数料350円=1,349円(税込)
  • 2回目…2,990円+海外送料・梱包手数料350円=3,250円(税込)
  • 3回目以降…4,320円+海外送料・梱包手数料350円=4,670円(税込)
  • 4回目までのお届け商品合計12,.539円+海外送料・梱包手数料1,400(350×4)=13,939円(税込)

これがネック。

4回目までのお届け商品総額が送料あわせて、13,939円(税込)(1個あたり3,484円)です。途中で解約した場合はキャンセル料がかかってしまいます。

ただお届け間隔の変更が可能なんですね。

(メーカーに確認済み)

6ヶ月後に送ってほしい」などの要望に応えてくれます。

これ、すごくない?

次回の発送は半年後でOKって…。

次回お届け予定日の15日前までに電話やメールで連絡を入れておくことによって使い終わる時期に合わせて送ってもらえます。

もし敏感肌用にしたい場合も、変更する旨の連絡を入れると次回から敏感肌用が届きます。

(2回目以降、指定がない場合は普通肌用が届きます)

0120-33-2518 (フリーダイヤル) (営業時間 9時~19時)

デトランスαには、市販のデオドラント商品では実感できなかった脇汗を止める効果があり、ずっと続けていきたい商品。

ただし、肌に合わない方も確かにいます。

メーカーに確認したところ、「万が一、商品が合わない場合は、他の商品に変更することも可能です」との返答をいただきました。

継続的に使用するなら定期コースのほうがお得で、4回目までで1個あたり3,484円になります。

使い続けるなら、半年後とかの発送も対応してもらえるので、長い目でみるとゆるっと定期コースのほうが

お・と・く

(≧▽≦)

【デトランスα】初回定期お試し999円モニターコース

会社概要

店名 YOUUP(ユーアップ)
会社名 YOUUP INTERNATIONAL.
所在地 FLAT A, 24/F,PHASE 2,SUPERLUCK INDUSTRIAL CENTRE, NO.57 SHA TSUI ROAD, TSUEN WAN, N.T., HONG KONG
電話番号 0120-33-2518(フリーダイヤル)
メールアドレス youup@you-up.com
営業時間 AM9:00~PM7:00

デトランスα(パースピレックス)を使い続けた私の口コミまとめ

デトランスα

デトランスαは海外のパースピレックスを日本向けにYOU UPが販売している商品名。

デトランスα=パースピレックスです。

メインの成分、塩化アルミニウムが夜寝ている間に汗腺にフタを形成し、汗を出さなくする制汗剤です。

汗が出ないのでニオイもありません。

使ったほとんどの方は効果を実感しており、リピート率は92%とも言われているロングセラー商品。

例外なく私も効果を実感し、あれだけ悩んでいた脇汗がピタリと止まり、今では快適な日々を過ごしています。

ただ薬局やドラックストアで買えないのがネック。

もし脇汗で悩んでいるのなら、一度試してみる価値ありです。

脇汗生活にさよならしましょう♪

\なんだかんだでやっぱりこちらが最安値/

デトランスα公式サイト

脇汗生活おさらば~

脇汗の悩み 関連記事

脇イメージ

◆あなたにおすすめの記事◆

デトランスαの正しい使い方とコツ。痒みを抑える方法は?
私、デトランスαを使い始めて脇汗生活におさらばすることができました。 以前は夏になると、脇の汗ジミがひどくて青やグレーのシャツが着れず、お...
デトランスαの危険性は?乳がんやアルツハイマーになるってほんと?【私の体験談】
デトランスα(パースピレックス)は脇汗をピタリと止める制汗剤。 全身から汗が吹き出ているのになぜか脇だけサラサラという謎の現象に戸惑う方も...
デトランス α 偽物に注意!正規品の見分け方と確実に買えるところをチェック
デトランスα(パースピレックス)は脇汗をピタリと止めてくれる多汗症の方には救世主的な制汗剤。 私もこれに出会えて脇汗をかかない快適な生活を...

脇汗の悩み

Instagram
インスタで紹介しています
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【暮らしの音】kurashi-*note(@ahmiosho)がシェアした投稿

人気ブログランキング

お役に立てたなら、ぽちっと応援クリックお願いします☆

人気ブログランキング
いつもありがとうございます!

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアボタンを押して情報を共有しましょう。

RECOMMEND こちらの記事も人気です。



Sponsored Link
Sponsored Link
Sponsored Link
トップへ戻る