デトランスαの正しい使い方とコツ。痒みを抑える方法は? | 【暮らしの音】kurashi-*note

デトランスαの正しい使い方とコツ。痒みを抑える方法は?

シェアボタンを押して情報を共有しましょう。

Sponsored Link
デトランスα使い方

脇汗に効果を発揮するデトランスαですが、ただ単に塗布すればいいわけではありません。

日本の制汗剤のように、気になったときにシュシュというわけにはいかないんですね。

それでは、

  • いつ塗ればいいの?
  • どれくらいの間隔で塗るの?
  • 効果はどれくらい持続するの?

などなど、デトランスαについての使い方とコツをお知らせします。

また、デトランスαの悪い口コミにあがっている痒みについての対処法も解説したいと思います。

Sponsored Link
Sponsored Link

デトランスαの正しい使い方

デトランスα

デトランスαの基本的な使い方です。

1.夜お風呂上りにデトランスαを塗る

夜の入浴時、脇をきれいに洗います。しっかり脇についた水気を拭き取ってからデトランスαを塗布します。

脇の下であれば、上から下へと2回、下から上へ2回塗るだけで充分です。

2.デトランスαをしっかり乾かす

デトランスαをしっかり乾かしてから服を着ます。

3.翌朝に拭き取る

翌朝、デトランスαを塗った部分を洗うか、濡れたタオルで拭き取ります。

※夜の間に液が浸透しているため、朝にもう一度塗ってはいけません。ただしいつも使っている消臭剤や香水は使っても差し支えありません。

デトランスαの塗り方は、日本で市販されている制汗剤のように気になるときに塗布するものではありません。

デトランスαの有効成分である塩化アルミニウムは、脇に塗布すると水分と反応し、水酸化アルミニウムに変化します。

そして皮膚内のケラチンと反応して角栓をつくり、 汗腺(汗の吹き出し口)の上にフタをし汗を抑えるメカニズムです。

それは夜寝ている間に時間をかけて反応していくため、活動して汗をかく日中ではなく、汗をかいていない夜に行う必要があります。

寝ている間は交感神経が休み、汗腺の活動が低下します。その間に汗腺にフタをすることで効果を実感できるようになります。

デトランスαを有効に使うコツ

デトランスαがどうして汗を止めることができるのかは前述したとおり、塩化アルミニウムが汗腺にフタをすることにあります。

ではより効果を得るために気をつけたいことを列記します。

湯船に浸かって毛穴を開く

せっかく塗布するなら、きちんと汗腺にデトランスαが浸透するようにしたいもの。

そのためには毛穴の詰まりをなくしておくことが大切。

しっかり湯船に浸かって毛穴を開き、汚れを落としましょう。

石鹸で脇をよく洗う

毛穴をキレイにするために、入浴時に脇をしっかり石鹸、またはボディソープで洗いましょう。

よく乾かしてから塗布する

脇が湿った状態では、水分が合わさってデトランスαの効果が弱まります。しっかりタオルドライしてから塗布するようにしましょう。

塗る前はデトランスαの容器をしっかり振る

塗る前に容器を数回シャッフルさせて液を均一な状態にしてから塗布します。有効成分が下に沈みこんだまま塗布すると、せっかくの効果が薄れてしまいます。

痒みを防ぐためには塗る場所は毛穴周辺のみにする

塗る箇所

痒みが出ている原因のひとつとして 広範囲に塗布していることが関係している可能性があります。

広範囲に塗らず、汗腺が集中している箇所、つまり脇毛が生えてるところに集中して塗布するようにしましょう。

液がでないときは

ロールオンタイプのためいきなり脇に押しつけても液が出ないこともあります。

脇につける前に容器を軽く振り、逆さまにしてみます。そのあとロール部分を指で軽く回してみると、液がロールの表面に出てきます。

乾かすコツはドライヤーの冷風

デトランスαを塗布したあとは、しっかり乾かします。

半乾きの状態で服を着ると、液が服に付着して色落ちしてしまうことがあります。

自然乾燥するのは時間がかかるので、私はいつもドライヤーの冷風を脇に当てて乾かしています。時短にもなり、脇に冷たい風が当たることでお風呂上りが爽快です。

翌朝しっかりと拭き取る

夜の間に液が浸透しているため、洗い流しても効果は発揮できます。

痒みを抑えるためにも面倒ですが、朝起きたら脇を洗い流すようにしましょう。

できれば石鹸を使って洗いたいところですが、朝の忙しいときに時間がない方も多いでしょう。その場合は濡れタオルでしっかりと拭き取るだけでもOK。

肌が弱い方や、かぶれが気になる方はこのプロセスは端折らないようにしましょう。

オフレコ|サボっても大丈夫?
2年以上使い続けて最近では朝拭き取るのを忘れていることがしばしば…。しかし痒みも出ないし、赤みもないです。 恐らく耐性ができたのかもしれません。だた塗布したあとはドライヤーの冷風でしっかり乾かすことは励行しています。

これは私の体験例なので万人がそうとは限りませんが、参考まで。

デトランスαを塗る間隔

 
1週目
2週目        
3週目          
4週目          

最初の1週間は毎晩寝る前に塗布します。効果が出始めてからは、週2~3回の塗布でOKです。
敏感肌の方は1日おきに2週間、塗布してするようにしましょう。

効果は約3~5日持続します。ずっと塗り続けていくと、汗腺が委縮したせいか、塗布する間隔が長くなっていきます。

私の場合2年塗り続けた結果、冬場は1ヶ月に1回、または脇が汗ばむと感じたときに塗布するだけでてきめん効果を実感しています。

無理をしない

痒みが出ているのに、塗り続けることは止めましょう。

最初の1週間は毎日塗布しましょうとのガイダンスがありますが、私の場合3日目に少しピリピリした感覚になってきたので一旦中断しました。そもそも1日目に塗布しただけでも充分に効果を得ていたので連続使用せずとも問題なしでした。

ガイダンス通りに毎日行うのはナンセンス。自身の体調に合わせて塗布するようにしましょう。

特に敏感肌の方は、デトランスα敏感肌用を使用するとか、1日おきに塗布するなどすると痒みに悩まされるリスクは軽減します。

\脇汗の悩みから解放!/

デトランスα公式サイト

【デトランスα】 単品購入はこちら>>>

会社概要

店名 YOUUP(ユーアップ)
会社名 YOUUP INTERNATIONAL.
所在地 FLAT A, 24/F,PHASE 2,SUPERLUCK INDUSTRIAL CENTRE, NO.57 SHA TSUI ROAD, TSUEN WAN, N.T., HONG KONG
電話番号 0120-33-2518(フリーダイヤル)
メールアドレス youup@you-up.com
営業時間 AM9:00~PM7:00

デトランスα公式サイト

関連記事

人気ブログランキング

お役に立てたなら、ぽちっと応援クリックお願いします☆

人気ブログランキング
いつもありがとうございます!

Sponsored Link
Sponsored Link
Sponsored Link

シェアボタンを押して情報を共有しましょう。

購読する(更新都度お知らせが届きます)

RECOMMEND こちらの記事も人気です。



Sponsored Link
トップへ戻る