女性も泊まれるカプセルホテルってどんなとこ?『TUBE Sq』に泊まってみた

女性も泊まれるカプセルホテルってどんなとこ?『TUBE Sq』に泊まってみた

シェアボタンを押して情報を共有しましょう。

スポンサーリンク
photo by:ahmiosho

今回初のカプセルホテルを体験しました。

カプセルホテルと言えば、飲んで終電がなくなったときや、出張で安く泊まりたいというときに男性が利用するイメージですが、女性ってどうなの?

快適に過ごせるのでしょうか?

今回、初のカプセルホテル体験。

宿泊してみた感想は…

スポンサーリンク
スポンサーリンク

女性が泊まれるカプセルホテル体験

中部国際空港セントレア内『TUBE Sq』

TUBE Sq

今回宿泊したのは、中部国際空港セントレア内にある『TUBE Sq(チュウブ・スクウェア)』

国際便に乗るための前泊として利用しました。

空港内の1階にあり、外に出ることなく宿泊できるので便利。

まず受付を済ませ、支払いを先にします。

カードと鍵を渡され、男女別の部屋に向かいます。(男性は入り口入って左側、女性は右側)

ロッカーの中にリラックスウェアと、バスタオル、フェイスタオル、使い捨てスリッパがセットされています。

ヘアブラシ、歯ブラシ、ボディタオルが必要な方は入り口付近に設置しているカゴからおひとりさま1個ずつ取り、部屋に入ります。

ロッカー

ロッカーはスーツケースが入るようなサイズに設計されています。

私が入店した時間は比較的空いていたので、ロッカー前にスーツケースを広げることができましたが、混んでいるとちょっと大変かな…。

シャワールーム

フィットネスクラブのようなシャワールーム

シャワールーム

シャンプー、コンディショナー、ボディソープはシャワールームに備え付け

アメニティーグッズ

アメニティーグッズもすべて揃っているので、手ぶらでの入店可能。

カプセルホテル

化粧水、乳液、綿棒、コットン、ドライヤー、ヘアアイロン設置。

トイレ

トイレも清潔。ウォシュレット付。

シャワーを済ませたら、いよいよカプセルへ。

カプセルホテル

部屋が上下にあり、ロールスクリーンで閉めます。

カプセルホテル

中には、照明、ファン、時計、鏡が設置されており、スプリンクラーも完備しています。

カプセルホテル

コンセントもあるので、携帯の充電器を忘れずに持参しましょう。

もちろんWi‐fiも無料です。

カプセルホテル

…というわけでおやすみなさい。

やはり壁で仕切られていないので、人が廊下を歩く音や隣の音は聞こえます。まわりにいびきをする人はいませんが、男性は結構いびきがうるさくて眠れなかったという声を聞きます。

なるほど、音はするな…。

しかし料金からしたら、ビジネスホテルより手軽に安価で泊れ、プライバシーの問題もクリアしているので、選択肢としてはアリかな。

ちょっと窮屈感は否めませんが…。笑

カプセルホテル

着用した室内ウエアとタオル類は回収箱に入れてチェックアウト。

料金

【直接来店の場合】

プラン名 料金 備考
シャワープラン1H 900円 直接来店限定
基本プラン3H 3,800円  
基本プラン6H 4,300円  
基本プラン9H 4,800円  
基本プラン12H 5,300円  
基本プラン18H 5,800円  
基本プラン24H 6,300円  
連泊プラン 5,300円 連泊(24時間を超える滞在)限定プラン

※利用時間を10分以上延長される場合は500円の延長料金発生(その後3時間の利用可)

ネットで予約の場合、割安になります。詳しくは下記の公式HPから↓

店舗情報

人気ホテルが最大50%OFF
250社の予約サイトから料金を一括比較
お得な宿泊プランをご案内
www.trivago.jp

関連エントリーはこちら

人気ブログランキング

お役に立てたなら、ぽちっと応援クリックお願いします☆

人気ブログランキング
いつもありがとうございます!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアボタンを押して情報を共有しましょう。

購読する(更新都度お知らせが届きます)

RECOMMEND こちらの記事も人気です。



スポンサーリンク
トップへ戻る