長編みだけで編むアクリルたわし|初心者必見!編み方徹底解説

長編みだけで編むアクリルたわし|初心者必見!編み方徹底解説

シェアボタンを押して情報を共有しましょう。

スポンサーリンク
長編みのアクリルたわし
photo by:ahmiosho

かぎ編みを始めようと思ったら、まずは「アクリルたわし」にチャレンジしてみませんか?

アクリル100%の毛糸は編みやすく、リーズナブル。100均でも色とりどりの毛糸のラインナップがあります。

また多少目が揃わなくても、自宅の掃除用として使用するなら、全然問題なし。数を編むことで手が慣れてきてだんだん上手になっていくのも、嬉しいところ。

コースターとしても使えるし、スキルアップしたら編みにくい麻糸にチャレンジすると、おしゃれな作品にもなります。

初心者が、「あれっ?」と思う目を拾う箇所や、きれいに編めるコツを解説します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

長編みだけで編むアクリルたわし

材料

材料

  • アクリル毛糸…ここでは100均キャンドゥの毛糸を使用
  • 6/0号かぎ針
  • 7/0号かぎ針
  • 毛糸用とじ針
  • 糸切りはさみ

アクリル毛糸は100均でも種類が豊富にあり、手軽に購入することができます。だいたい5~7号針が最適サイズと説明書に記載されています。

初心者なら大きめの針でゆったり目に編むのがいいです。なぜなら、最初の頃はついつい力が入ってしまい、だんだんと目がきつくなりがちだからです。笑

手芸本ではあまり紹介されてませんが、裏技として最初の作り目を編むときだけ1号大きい針で編むといいですよ。

最初の目をきつく編んでしまうと、1段目の長編みで、くさり編みの裏山を拾っていくのですが、これが非常に拾いにくくなってしまいます。

慣れないうちは何度もほどいてやり直すことになりますが、一旦針を入れて編んで、ほどいて針穴を広げて、じっくり編むというやり方もアリです。

まずは慣れましょう。

ということで、今回の作品は6号のかぎ編みで編むので、最初のくさり編みは7号針で編みます。

編み図

編み図

これが読めないと、編み物は始まりません。

私も最初は編み図が読めず、我流で編んでいましたが限界があります。

必要以上に目が増えすぎたり、逆に目を落として穴があいたり、模様が思ったとおりにならなかったり…。

そこで編み図をじっくり見ると、自分の間違いに気づくことがあります。

まずは最低限必要な編み図記号は覚えておきましょう。

詳しくはこちらの記事で
こちらの記事で、最初の糸の持ち方から編み方の基礎を徹底解説しています。初心者の方は、まず目を通してみて下さい。
かぎ編みをはじめよう|基礎から細編み・長編み・中長編み・長々編み徹底解説
編み物初心者の方むけに、まず糸のかけ方から基本のくさり編み、さらに細編み、中長編み、長編み、長々編み、糸の足し方、糸の始末まで徹底解説いたします。

編み方

動画をアップしました
まずは動画をみてください。画像で説明するより、動画のほうがイメージがつきやすいです。14分くらいでサクッと見れるよう編集しています。

  1. くさり編みの作り目をつくり、くさり編みを15目編みます。

  2. 立ち上がりのくさり編みを3目編みます。

  3. くさり編みの5目目の裏山に針を入れて長編みを1目編みます。ここで2目長編みが編めたことになります。

  4. 続いて13目くさり編みの裏山にかぎ針を入れ1段目を編んでいきます。

  5. 1段目が編めたら、そのままくさり編み3目編んで、2段目の立ち上がりの目にします。

  6. そのままくさり編みがねじれないように編み地を裏に返します。

  7. ここですでに2段目の最初の1目は編めたことになるので、2つ目の長編みを編みます。そのときにかぎ針を入れる穴は立ち上がりの目の隣ではなく、その隣に針を入れて長編み1目編みます。続けて12目長編みを編んでいきます。

  8. 15目目の長編みは、2段目の立ち上がりの目の下から3番目の目の間に針を入れて編みます。これで15目長編みが編め、2段目が編めました。

  9. 以後5~8の繰り返しで8段目まで編んでいきます。

  10. ループをつけます。くさり編み15目編みます。

  11. くさり編みの編み始めの目の位置にかぎ針を入れ、引き抜き編みをします。

  12. 編み始めと編み終わりを毛糸用のとじ針を使って糸の始末をしてできあがり。

ポイント箇所をくわしく説明

くさり編み

くさり編み裏山

最初のくさり編みを15目編みます。

最初に針に糸をかけて作り目をしますが、これはカウントしません。ここから1目くさり編みを編んで、「1」とカウントします。

先ほど説明したとおり、1号大きいかぎ針で編むときれいな仕上がりになりますよ。もちろん同じ針で編んでも全然OK。

コツ:ゆったり目に編む

立ち上がりの3目

15目くさり編みをしたら、続けて立ち上がりの3目を編みます。

(※1号大きいかぎ針で編んだ方はここで、正規のかぎ針に持ち替えてくださいね)

立ち上がりの目図解

合計18目編んだことになります。お尻から3目は立ち上がりの目で、このくさり編み3目が長編み1目とカウントします。

つまり、立ち上がりの3目は長編みを1目編んだのと同じことになります。

続いて4目目はくさり編み3目(=長編み1目)の台になります。

次の長編みを編むのは、くさり編みした5目目の裏山に針を通して編みます。

ここが勘違いしやすい箇所で、思わず4目目の穴に針を通してしまいがち。

そして1段編むと、あれ?目が1目多い…

ということに。

立ち上がりの3目を編んだら、上から5番目の目の裏山に針を入れる。

初心者が間違えやすいところなので、しっかり確認しましょう。

1段目の編み終わりの長編み

長編みを14目編んだら、最後の1目は1段目の立ち上がりの目の3目目に針を入れます。

このとき、糸が2本ひっかかっているのを確認してくださいね。

長編みの最後

私は最初、アバウトに最後のくさり編み3目(立ち上がりの3目)と、隣の長編みの間に針を入れてざっくり編んでいました。

もちろん間違いではなく、ちゃんと編めます。

しかし糸が動くので、できあがった作品はガタガタな形に…。

針が通しにくい部分ではありますが、ちょっとしたことがキレイに仕上がるポイントなのでおさえておきましょう。

2段目の立ち上がりの目の注意点

1段目を編み終えたら、そのまま続けて3目編みます。ここが次の段の立ち上がりの目(=長編み1目)になります。

くさり編み

ここでのポイントは、くさりが一直線になるようにすること。

ねじれるときれいに仕上がりません。

そのままひっくり返して(裏返して)編んで左側にきたかぎ針を右側にします。

そのときにくさりのラインがねじれないように注意。

くさりのラインを一直線にして、直角に折った形にして編むときれい。

次の長編みを編む

針を入れる箇所

さきほど編んだ立ち上がりの3目は、長編み1目とカウントします。なのですでに1目編んだことになります。

2つ目の長編みを編みますが、ここも針を入れる場所を間違えやすい箇所でもあるので要チェック!

動画でも何度も説明していますが、立ち上がりの目の隣の穴に針を入れるのではなく、その隣の穴に針を入れます。

ここは間違いやすいので要注意です。

そのまま編むと1目多くなります。

立ち上がりの3目の横ではなく、その隣の穴にかぎ針を入れて長編みを編む。

あとは好みの段を同じように編んでいくだけ…。

ここでは四角形のアクリルたわしなので8段で編んでいます。長方形にしたければ、さらに編み進めてもいいです。

ループを作る

アクリルたわし

アクリルたわしをひっかけられるようにループを作ります。これは自分の好きな長さにしてください。ここでは15目編んで、ちょうど水栓に引っ掛けるのに適した長さにしています。

くさり編み15目編んだら、ここもねじれないように輪にして、編み始めの下の目をすくって引き抜き編みをします。

毛糸用のとじ針に変えて、糸の始末をしていきます。

ここは特に決まりはないので、糸が見えないようにランダムにさしていけばOKです。

Note

編み物は多少目を落としても、目が1目多くてもなんとか形になるので、初心者の方はまずは気にせず編んでいきましょう。編むことに慣れるのが大切です。

少し編み慣れてきたら、きれいに見えるポイントを押さえるだけで仕上がり具合に差がつきます。

  • 最初のくさり編みはゆったり目に編む(1つ大きめの針を使うのがポイント)
  • 1段目の立ち上がりの3目の次の長編みはくさり編み5目目の裏山を拾う
  • 2段目の立ち上がりの3目のくさりはねじれないようにして裏返す
  • 立ち上がり3目の次の長編みを編むとき針をさすのは、隣の隣
  • 編み終わりの15目目の長編みは前段の立ち上がりの目の下から3目目に針を通す

以上ポイントでした。

人気ブログランキング

お役に立てたなら、ぽちっと応援クリックお願いします☆

人気ブログランキング
いつもありがとうございます!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアボタンを押して情報を共有しましょう。

購読する(更新都度お知らせが届きます)

RECOMMEND こちらの記事も人気です。



スポンサーリンク
トップへ戻る