ミシンの選び方のポイント。初心者にも安心の選ぶ基準や基本知識

ミシンの選び方のポイント。初心者にも安心の選ぶ基準や基本知識

mw85 / Pixabay

ミシンが欲しいと思ったとき、何を基準にして選べばいいのでしょうか?またミシンの種類はどういったものがある?価格の違いは何?などなど気になることはたくさん。そんな疑問を見ていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ミシンの基礎

ミシンの種類

Alexas_Fotos / Pixabay

ミシン選びをする前にミシンの種類を知っておくことが肝心です。ミシンには大きく分けて、工業用ミシン、職業用ミシン、家庭用ミシンに分かれます。

私たちが日常に使うミシンは家庭用ミシンとなります。さらに家庭用ミシンは、コンピューターミシン、電子ミシン、電動ミシンに分けれらます。

コンピューターミシン

※ミシンの画像をクリックすると詳しい商品サイトに飛びます

コンピューターミシンは、マイコンが内蔵されており、マイコン制御で針の上下運動や、振り幅と縫い目の長さをコントロールしてくれるミシンです。

初心者には最も扱いやすく、ワンタッチで番号を合わせるだけでいろいろな縫い模様が選択でき、すんなりと縫うことができます。

高機能のコンピューターミシンでは、自動糸切り機能や、ボタンの大きさを自動で合わせてボタンホールを作ることができる機能、刺繍機能や多彩なステッチ機能などを搭載したモデルもあります。

電子ミシン

※ミシンの画像をクリックすると詳しい商品サイトに飛びます

電子制御で針の上下運動をコントロールするミシンです。手元でスタート、ストップを操作し速度も電子制御で調整することができます。

糸調子や縫い目の調節、縫い目の切り替えなどするときは、本体についているダイヤルをカチャカチャと手で回して行います。電動ミシンのように低速でパワーが弱まるということはなく、縫いはじめから力強く縫うことが出来ます。またミシンを止めたときに針の位置が自動で上で止まってくれます。

電動ミシン

※ミシンの画像をクリックすると詳しい商品サイトに飛びます

電動ミシンは昔のタイプのミシンで、コンセントの電源からコンピューターや電子基盤を通ることなく、直接モーターに電気を送って動かしているタイプで、フットコントローラーの踏み具合によって速度調整をします。昔のミシンを知っている方はイメージが湧くと思いますが、足の踏み具合で強く踏むと早くなり、弱く踏むと遅く針を進めるタイプのものです。

初心者にオススメなのは

ミシンを始めて購入するといった方にオススメなのは、やはりコンピューターミシン。初心者には難しいとされる糸の調整を自動で行ってくれる機能が搭載されており、すぐに縫い始めることができます。
この糸調子がきちんと調整されていないと、うまく縫うことができず、縫う前の作業でもたついてしまい、ついにはイヤになりミシンがたんすの肥やしと化してしまいます。

その他の種類

ロックミシン

※ミシンの画像をクリックすると詳しい商品サイトに飛びます

端の始末に特化したミシンです。余分な布端を切り揃えながら、布の端をほつれないように縫い合わせる専用ミシンです。直線縫いはできません。

刺繍ミシン

※ミシンの画像をクリックすると詳しい商品サイトに飛びます

刺繍縫いをするためのミシンです。コンピューターミシンの中にも刺繍機能がついているものもありますが、キャラクター柄や文字などの一般のミシンよりもグラフィカルな刺繍を縫うことができます。
刺繍専用の機種のほかに、コンピューターミシンに刺繍機能を追加したモデルもあります。

職業用ミシン

※ミシンの画像をクリックすると詳しい商品サイトに飛びます

直線縫いに特化したミシンです。いろいろな機能はついておらず直線縫いしかできません。しかし、そのスピードやパワー、仕上がりや耐久性は抜群です。
家庭用ミシンと比較して、薄地から厚地までキレイに仕上げられるため、洋裁店、服飾の専門学校などで使われており、作動はフットコントローラー専用となります。

ミシンのサイズ

「フルサイズ」VS「コンパクトサイズ」

*

ミシン業界では、重さが6kg以内のミシンを「コンパクトミシン」、6kg以上のものを「フルサイズミシン」と呼んでいます。

どっしりと重量感のあるミシンのほうがガタつきがなく、縫い目がキレイに縫えます。

コンパクトミシンは軽さや小型な点を優先しており、持ち運びが楽でスペースも取らないのが魅力ですが、縫うときに不安定でパワーが劣るため、キルティングなどの厚手の生地を縫うのには不向きです。

フルサイズのメリット・デメリット

◆メリット
大きなものから小さなものまで縫えます。ミシン本体をしっかり設置できるのでガタつきがなく安定したソーイングができます。

◆デメリット
置き場所、仕舞う場所の確保が必要です。重たいので持ち運びがやや大変となります。

コンパクトサイズのメリット・デメリット

◆メリット
軽いので出し入れや持ち運びが楽です。

◆デメリット
懐が狭いので大きなものを縫うのには向いていません。また軽いので不安定になります。

初心者が選ぶなら

ミシンを始めたいと思ったきっかけがちょっとした小物やお子さんの入園準備品の制作で、最初は簡単な小物だけのつもりでミシンの購入を検討している方でも、考えておきたいのは、その後ミシンを使う機会は増えていくということ。

まず最初に巾着、次には上靴袋、子どもの服も作ってみたいと、あまり使用しないと思っていたミシンがどんどん使用頻度が高くなり、いろんなものにチャレンジしたくなるかもしれません。

キルティングなどの厚手の生地を使うこともあるでしょう。その際にコンパクトミシンではパワー不足です。

パワー不足で縫いたいものが縫えないとなるとストレスになります。また、使用回数や年数を重ねるうちにモーターが衰えて、買い替えとなる場合もあります。

最初に購入する場合は、耐久性に優れたフルサイズミシンを選ぶことをおすすめします。

何年も変わらずに快適な縫い心地を保つことができ、使用期間も10年は目安で考えられます。
重量も約7kg程度なので女性が持てない重さではありません。

ミシンの機能

自動糸調子

※画像をクリックすると詳しい商品サイトに飛びます

面倒な針の糸通しが簡単操作でできる機能です。レバー操作で行うのが一般的。
ミシンは縫うときに上糸と下糸の出具合を調整してバランスよくキレイな縫い目で縫わなくていけません。自動糸調子はそのバランスを自動で調整してくれる機能です。

糸の調子は布地によっても変わります。厚い布を縫った後に薄い布に変えて縫う場合、糸の調子の調整をしなければなりません。その際に何度も試し縫いを繰り返して調整しないといけなくなります。これは初心者には難しい作業となります。

自動糸調子はミシンが勝手に糸の出具合を調整しながらキレイな縫い目で縫ってくれるので自力で調整することなくキレイな縫い目が保てます。

自動糸調子機能は、コンピュータ制御式と機械式の2種類があります。

機械式は全ての模様を同じ糸調子で行いますが、コンピューター制御式は模様ごとに糸調子を変えてくれるので、より精度の高い糸調子機能と言えます。

上糸掛けのかんたん設計

※画像をクリックすると詳しい商品サイトに飛びます

上糸のかけ方が直観的にわかるミシンの機能であれば説明書を取り出して作業することもなく簡単に糸をかけることができ、使いはじめがスムーズです。

上糸掛けが複雑だと手順がなかなか覚えられず、毎回説明書を見ながらとなると面倒です。
初心者はミシンを目で追って糸の通し方がわかるようなものにするのがいいでしょう。

自動糸通し

※画像をクリックすると詳しい商品サイトに飛びます

上糸掛けの最後にミシンにセットしている針の針穴に糸を通す作業があります。
これが意外とすんなりと通らずにイライラするところです。

自動糸通し機能がついていれば、レバーを下げる動作ひとつで針穴に糸を通すことができ煩わしい糸通しのストレスがなくなります。小さなことですが結構ポイントが高い機能です。あると便利。

かんたん下糸機能

※画像をクリックすると詳しい商品サイトに飛びます

上糸掛けができたら、次に下糸を引きあげる作業をします。
簡単に引きあがらずにボビンのセットと上糸の糸掛けをやり直しながらとなると結構面倒です。

下糸クイック機能があれば、ボビンをミシンにセットするときに、糸を引き出してきちんと溝にかけておきさえすれば、レバーを回したらきちんと下糸を引き上げてくれるので作業が簡単です。
ちょっとしたことですが、こう言ったひと手間がなくなるだけで準備がスムーズに整い、すぐに縫い始めることができます。

刺繍を入れられる機能

*

お子さまのために名前を入れたり、かわいい刺繍をしたいと思っているのなら、刺繍機能がついたミシンはオススメです。
入園グッズをつくるときに一緒に名前を刺繍してあげれば、オンリーワンのグッズになりますね。

簡単な下準備だけで、あとはミシンが勝手に動いてくれるので難しいことはありません。せっかくミシンの購入を検討しているのであれば、すこし高額にはなりますがこの機会に考えてみてもいいですね。

文字縫いと文字刺しゅうの違い

※画像をクリックすると詳しい商品サイトに飛びます

文字縫い機能と文字刺繍とはどちらも文字を入れることができる機能ではありますが、その仕上がり具合が違います。

文字縫いの場合、直線縫いと同じ準備で手軽に縫えるので楽ちんです。一方、文字刺繍は刺繍枠をはめこみ刺繍専用の糸を使用しなければならないのである程度準備が必要です。

しかし、文字刺繍のほうが格段にきれいに仕上がります。

用途に合わせて選んでみてはいかがでしょう?文字縫いの場合仕上がり具合が機種によって大きく違ってくるため、実際に見比べてみて仕上がりのきれいな機種を選ぶようにしましょう。

フットコントローラー

※画像をクリックすると詳しい商品サイトに飛びます

ミシンに慣れた方であれば、フットコントローラーがなくても問題がなく縫えるのですが、初心者の場合、両手が使えないと困る場合が多いので、フットコントローラーはあったほうが便利です。

ミシンをかけるときに両手で生地を伸ばしながら縫うのですが、スタートボタンを押すためにいったん生地から手を離さなければなりません。そんなとき足で操作できるフットコントローラーは生地から手を離すことなく作業が進められるというメリットがあります。

上送り押え(送りジョーズ)

※画像をクリックすると詳しい商品サイトに飛びます

キルティングやニットなど布地の中にはそのまま縫うと重なっている布地がずれたり引っかかったりして縫いづらいものがあります。

その際に上送り押さえを使えば不自由なくきれいに縫うことができます。ビニールや合皮などの滑りづらい布地にも有効なので何かと重宝します。

お遊戯会や習い事の発表会でお子さまの衣装を作る際に、サテン地などの特殊な素材を使うときに活躍します。

サイドカッター

※画像をクリックすると詳しい商品サイトに飛びます

あると便利な機能として、サイドカッターがあげられます。

サイドカッターをつければ、布を縫いながら切ることができるので、たちめかがり縫いをしながら布地を切ればロックミシンのような使い方ができます。
この機能はズボンの裾上げなどで端の処理をするときに便利です。

ワイドテーブル

※画像をクリックすると詳しい商品サイトに飛びます

小物以外にも縫う予定がある場合、ワイドテーブルをつければ正面左側部のソーイングスペースが広くなるため作業がしやすくなります。
作業が広くなれば大きなものを作る場合もストレスなく作業ができるのであると便利です。

ミシンで何をしたいか考える

ミシンを購入するとき考えること

merad44520 / Pixabay

ミシンの購入を検討しているときに考えておきたいのはそのミシンで何をしたいかということ。
もし、雑巾だけ縫いたいという方はミシンは買わないほうがいいです。元は取れないし、仕舞いこんで使わなくなります。
ミシンを買うなら、趣味や必然性を強く感じたときに検討したほうがいいでしょう。

初めてミシンを購入するときに選ぶ基準

TeroVesalainen / Pixabay

ミシンを購入して何かを縫いはじめようとしたときに、セッティングでもたついてしまっては縫うのがイヤになります。糸がつったり、切れたり…、またその直し方がわからないのでは挫折する原因となってしまいます。

初心者でこれからミシンを購入する場合、初心者では難しいとされる糸の調子を自動で行ってくれる自動糸調子機能がついたミシンがおすすめです。

ではいくら位の予算が必要でしょうか?

ざっくり金額でこれくらいという目安はだいたい5万円との意見が多いのですが、一概に金額で言い切れない部分もあります。

1~2万円のミシンはNGなの?

※画像をクリックすると詳しい商品サイトに飛びます

1~2万円くらいのミシンはおもちゃのようなもの。買わないほうがいいという意見も多いようですが、それは本当でしょうか?

実は一概にはそうとも言い切れないところがあるのです。

もともとが1万円程度で本当におもちゃのようなミシンはあります。そちらに関しては初心者がまずファーストミシンとして持つという選択は避けたほうがよいでしょう。

なぜなら、縫いにくいからです。

縫いにくい=ストレスになる=ミシンがイヤになる=ミシンを使わなくなるといった負のスパイラルにはまってしまいます。

1万円代のおもちゃのようなミシンを使うのは、ある程度ミシンを使いこなせて、ちょっとしたものをサッと手軽に使いたい方にとっては便利です。

では、1~2万円台でも初心者が購入してOKなミシンとは?

実は、ミシンの価格は代理店によって自由に決めることができます。同じミシンの型番でも店によっては全く金額が違う場合があります。

特にモデルチェンジ時期では、定価の半額以下に設定するお店もあったりします。それはチャンスなので、しっかりリサーチする必要ありです。

オススメのミシン8

品質で選ぶなら

ジャノメ|JP710N


ジャノメ コンピュータミシン 「JP-710N」 (JP510の モデル)

日本を代表するミシンメーカー「ジャノメ」の定番モデルに新機種登場。

初心者には外せない機能である自動糸調子や自動糸通し機能に加え、押さえ圧調整の機能がついているので楽に作業することができ、厚地から薄地まで手間なくキレイに縫うことができます。

見た目も中身もシンプルで性能がよくジャノメのロングセラーの機種で売れ続けています。5万円以下の価格帯で購入できるのも魅力のひとつ。長く使える定番商品です。

価格:\39,800 (税込)

※最新の情報は商品ページをご確認ください

シンガーミシン|モナミヌウプラスSC217

モナミヌウプラスSC217 サービスセット

シンガーの中では断トツ人気のあるSC217モデルは、SC207の後継機種です。刺繍対応機能を追加し、パッチワークからキルト縫い、飾り縫い、ボタンホールなど55種類もの縫い模様があり、女の子のお子さんがいる方にオススメの商品です。静音性・耐久性が高いと定評があり売れている商品です。

価格:\51,800 (税込)

※最新の情報は商品ページをご確認ください

JUKI|HZL-G100


JUKI コンピュータミシン 『GRACE 100B』 ハードケース付き HZL-G100B

世界的に有名なJUKI。そのミシンは世界の服飾産業で活躍する最高峰のミシンと定評があり、いつかは使いたいミシンです。もともとは工業用のミシンでしたが、家庭用ミシンにその技術や機能を取り入れました。

こちらのモデルは5万円以下でこだわりの縫い品質を実現できるミシンです。

メーカー小売価格(税込)143,640円

価格:\38,800 (税込)

※最新の情報は商品ページをご確認ください

ブラザー|LS700


[LS700]【メーカー直送のため代引不可】 ブラザー ミシン LS700 一般用ミシン ぬい模様:16種類 コンピューターミシン スーパー糸通し ブラザーミシン 本体 ブルー 【今なら40色ミシン糸セットプレゼント!】【期間限定でフットコントローラープレゼント!】

片手で針穴に糸を通せるスーパー糸通し機能や、縫い終わりに糸切ボタンを押すと自動で糸を切ってくれる自動糸切り機能、一番遅いスピードで縫うことができる機能など、初心者で難しいといわれている操作を簡単に行うことができるミシンです。

縫い模様も全てボタンを選んで押すだけなので、縫いたい模様をすぐに出すことができます。
液晶画面はありませんが、基本をしっかり備え簡単にソーイングをしたい方にはオススメのミシンです。

価格:\39,000 (税込)

※最新の情報は商品ページをご確認ください

デザインで選ぶなら

アイシンミシン|スーパージーンズ

スーパージーンズ(SuperJ15BR)

ショコラブラウンで見た目にも満足なアイシンミシンの「スーパージーンズ」は、初心者でもデニムの裾上げが簡単にできる厚地対応のミシンです。

デニムやキャンパス地などの厚物が得意なので、男の子のお子さんがいる方にオススメです。

価格:\44,064 (税込)

※最新の情報は商品ページをご確認ください

シンガー|ブロンズ色の自動糸調子電子ミシン

icon icon

ブロンズ色の自動糸調子電子ミシン(SINGER/シンガー) icon

アンティークなブロンズカラーがアクセント。インテリアとしてディスプレイしてもおしゃれなミシン。それでありながら、自動上糸調節のほか、簡単に糸通しができる機能、セットが簡単な水平釜を搭載、縫い模様は11種16パターンから選べるという優れもの。ミシンが初めての方に最適でおしゃれなミシンです。

価格:\42,120 (税込)

※最新の情報は商品ページをご確認ください

シンガー|ソーイング好きな人は気になるトルソー柄のミシン

icon icon

強力モーター内蔵電子ミシン(SINGER) icon

トルソー柄のワンポイントが気になるシンガーのミシン。見た目のキュートさと裏腹にジーンズなどの厚手の生地も6枚まで楽に縫える強力モーター内蔵の電子ミシン。

価格:\26,890 (税込)

※最新の情報は商品ページをご確認ください

アンティーク風ミシン

icon icon

アンティーク風ミシン icon

クラシカルな風貌とは真逆のパワーの強さ。直線縫いに特化した電動式ミシン。厚物も縫える強力モーター搭載で、フットコントローラー付き。

ディスプレイしてインテリアを楽しみつつ、ミシンとしても十分満足できる商品です。

価格:\35,424 (税込)

※最新の情報は商品ページをご確認ください

ミシンはどこで買う?信頼できるショップ

正規取扱店

ミシンを購入するにはどんなお店がいいのでしょうか?まず必ずチェックするポイントとしてミシンの「正規取扱店」がおすすめです。

メーカーのHPには正規取扱店のリストを掲載しているところもあります。大手スーパーや、手芸店、家電量販店など取扱い店舗は多くあります。

近くにあるかチェックしてみましょう。

こちらはジャノメの量販店一覧です。

→詳しくはこちら

JUKIの取扱い店舗はこちら

→詳しくはこちら

ブラザーのミシンショップ検索は左の帯から県名を選んで検索してください。

→詳しくはこちら

シンガーの販売店紹介

→詳しくはこちら

ネットで安心できるショップは?

ミシンのオズ

ミシン選びで迷ったら、ミシンのオズを参考にしてみてはいかがでしょうか? 豊富な種類で欲しい機種が見つかるかも?

「ミシンのオズ」

ミシン販売専門店

保証期間を3年から5年に延長しています。人気機種がずらりとラインナップ。動画つきで商品の解説をしているので、現物が見れずに購入する場合の参考になります。

全ページSSL対応で、安心・安全・便利なミシン販売専門店

オークションを上手に利用しよう

succo / Pixabay

ミシンはいいものを選ぶと長く使える機種もあります。もともとの価格が20万円以上のミシンは手が出ないと諦めていませんか?

中古でもメンテナンスの状態がよければ問題なく作動します。中古品やオークションなど利用するのも手です。

私も8年前、JUKIのHZL-9900(発売当時24万円)を2万円程度で落札し、8年ほど使用しました。8年使えば十分にもとは取っています。

ただ、当たりはずれがあります。特に機械ものはたまたま当たりが悪かったということもあり得ます。

オークション利用の場合は評価をしっかりチェックして入札するようにしましょう。中にはミシン専門でオークションをおこなっている会社もあり、きちんと不具合にも応えてくれます。信頼のおけるところから入札しましょう。20万円くらいのミシンが10分の1程度の価格で入札できればラッキーですよね。

Note

ミシンはいいものだと長く使えます。ファーストミシンは取りあえず縫えればいいと安価なものを購入したが、縫う機会が多くなり、パワー不足でストレスとなり買い替えでは余計な出費となってしまいます。

予算との兼ね合いもあるでしょうが、ここは慎重に考えて決めましょう。高額なミシンだからいいというわけではなく、使い手との相性もあります。できれば販売店に出向き実際に触れてみて決めたいところですが、そうもいかないときはネットの口コミや知恵袋などで情報を収集して見ましょう。

ミシンがひとつあるだけでソーイングの世界は格段に広がります。ハンドメイドで癒しの時間を持ちましょう。

人気ブログランキング

お役に立てたなら、ぽちっと応援クリックお願いします☆

人気ブログランキング
いつもありがとうございます!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアボタンを押して情報を共有しましょう。

購読する(更新都度お知らせが届きます)

RECOMMEND こちらの記事も人気です。



トップへ戻る