ベーシックな茶リネンの大きなバッグ

ベーシックな茶リネンの大きなバッグ

リネンの風合いを活かしたバッグを作ってみましょう。

ざっくりしたリネンの大きいバッグは何かと役に立ちます。ひとつ持っておくと便利ですね。内布をつけても簡単。ちょっと丸みを帯びたたっぷり入るバッグを作ってみましょう。

型紙

photo by:ahmiosho

型紙を起こしましょう。
出来上がり寸法(㎝)は、口幅56cm×深さ40cm×まち幅13cmです。

出典:ahmiosho

小さいサイズのバッグがいい場合、15.5の横線のラインで型紙を取りましょう。でき上がりサイズは、62×27×13cmです。

How to make

1.持ち手を作る

出典:ahmiosho

中表に生地を合わせ1cm縫い代をとりミシンをします。縫い代をアイロンで割ってから表に返します。

2.ダーツを縫う

出典:ahmiosho

表布、裏布それぞれ、まちの底をはぎ、ダーツを縫って本体とまちを縫い合わせます。

3.本体を縫う

photo by:ahmiosho

表布と裏布を中表に合わせ、持ち手を挟んでバッグの口を縫います。表布と裏布のまちの縫い代は重ならないように交互に倒します。

片側の持ち手と持ち手の間は縫わずに開けておきます。
開けておいた部分から本体を表に返し、裏布を0.1cm控えてバッグの口から0.5cmにぐるりとステッチします。

できあがり

photo by:ahmiosho

ざっくりリネンのバッグができました。

photo by:ahmiosho

内布にはタグをつけたり、内ポケットをつけたりしてアレンジするとオリジナリティが高いものができますね。 濃い茶色のリネンが手に入ったのでざっくり素朴なバッグが似合うと思い作ってみました。裏地は贅沢にソレイアードを使用。さりげなく開いたときにチラッと見える裏布がなんだか贅沢な気分にさせられます。

人気ブログランキング

お役に立てたなら、ぽちっと応援クリックお願いします☆

人気ブログランキング
いつもありがとうございます!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアボタンを押して情報を共有しましょう。

購読する(更新都度お知らせが届きます)

RECOMMEND こちらの記事も人気です。



スポンサーリンク
スポンサーリンク
トップへ戻る