Tシャツヤーンで作るネットバッグ

古Tシャツをリメイク。Tシャツヤーンで編むネットバッグ

シェアボタンを押して情報を共有しましょう。

スポンサーリンク
photo by:ahmiosho

古いTシャツはそのまま捨ててしまうのは勿体ない!

そこでまっ先に思いつくのがウエス(雑巾)。

でも今まで着てきた愛着のある1枚。なんとかリメイクできないものか…。

そこで思いついたのがTシャツヤーン。

糸ならいろんなものに姿を変えてリメイクできますね。

きれいでなくても、多少ヨレヨレとしたTシャツでも小物に生まれ変わります。

今回は編んでつくるネットバッグにチャレンジしてみましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Tシャツヤーンを作ろう

伸びきったTシャツでもできるTシャツヤーン

古Tシャツで作ったTシャツヤーン

着古してヨレヨレになったTシャツ。再利用するとしたらウエスですよね。

あまりにへたってしまってリメイクしても使う気にならない…。

作るだけ無駄…

確かにそうですね。

ところが、なんとTシャツヤーンにするといくらへたったTシャツでも再生してしまいます。

それを実証しました。

娘のヨレヨレとなったキャミソール。

普通なら即ウエスなのですが、Tシャツヤーンなるものを作ってみようではないか…と。

ダメもとで作ってみたら意外と使えることが判明。

そういうことで、画像があまりよくありませんが、

Tシャツヤーンの作り方の紹介です。

用意するもの

  • 着古したキャミソール…1枚
  • ものさし
  • はさみ
  • ペン
  • (あれば便利)
    ・ロータリーカッター
    ・カッティングマット

How to make

Step1:上下をカットする

1cm間隔で印をつけたキャミソール

キャミソールの不要な部分(上部と下部)をカットし、真ん中の部分を1㎝幅でカットし、Tシャツシャツヤーンを作っていきます。

不要部分はウエスに利用できるため、最後までエコに使いまわせます。

Step2:カットしていく

上下をカットしたキャミソール

表身頃、裏身頃を合わせて一緒にカットしていきます。

そのとき左端は1cmほど切らずに残しておきます。引いた線に沿ってていねいにカットしていきましょう。

Step3:斜め上をカットする

左側を残してカットしたキャミソール

全部カットし終えたら、左端の残しておいたほうを開きます。

左側を斜め上にカットするガイダンス

開いたところをカットしていきます。

このとき右から左にカットするときに1段上の左に向かってカットするようにします。

【一番の難関部分を少し詳しく説明】

切り方のガイダンス斜め上にカットしていく

脇を1cmほど残して全部切ったものを開くと画像のようになっています。

これを1本のひもにするように切るのですが、そのまま切ると輪になってしまいます。

一番下の部分の〇のところからスタートして矢印のラインのように斜めに切ります。

そのあとは1本のひもになるように端から順番につながっている部分を流れにそって切っていきます。

Tシャツヤーンのできあがり

グルグル巻いてTシャツヤーンのできあがり

全部カットし終えたら1本の糸になるため、引っ張りながら伸ばしていきます。

ぐるぐると毛糸玉を作ったらTシャツヤーンのできあがりです。

へたった生地でもきれいなTシャツヤーンになりました。

1枚のTシャツで1玉のヤーンをつくるのに30分もあればできます。すき間時間に作ってストックしておきましょう。

Tシャツヤーンでネットバッグ

Tシャツヤーンで簡単に編めるネットバッグ

Tシャツヤーンで編んだネットバッグ

あえて中身を見せるネットバッグはさりげなく下げているとおしゃれですね。

毛糸よりも伸縮性のあるTシャツヤーンはネットバッグを作るのに最適な素材です。

1~2時間程度で編めるので、好きな音楽でも聴きながらササッと編んでみましょう。

用意するもの

  • かぎ棒…1本
  • Tシャツヤーン…適量

How to make

Step1:細編み10目からスタート

10目からスタートして円になったところ

輪を作り、細編み10目編んで輪を引き締めます。

次にくさり編み3目で立ち上がり、1目長編みを編んで次の目の細編みに長編みを2目編み入れ、1周19目を編みます。

Step2:くさり5目のネット編み

くさり編みでつなげたところ

3段目からはくさり編みを5目編み、細編み1目を編みつけます。

1周すると10模様になります。3段目~6段目まで繰り返しの作業です。

Step3:途中でくさり6目にする

くさり目6目にして編み進める

7段目からくさり編みを6目にし、細編み1目を編みつけます。

1周すると10模様になり、だんだんとバケツ型になってきました。7段目~10段目まで同じ作業を繰り返します。

11段目からは持ち手の山の部分を編んでいきます。4カ所、4つの山をネット編みで編みましょう。

細編みで縁編みし、持ち手の部分はくさり編みを20目編みます。同様にもう片方も編んでいきます。

できあがり

ネットバッグのできあがり

持ち手の20目のくさり編みに細編みで縁編みを施したら、ネットバッグのできあがりです。

子ども用のキャミソール1枚のTシャツヤーンで、30cm✕15cmの小ぶりなネットバッグができあがりました。

Tシャツヤーンの糸の太さを大きくしたり、目数を増やして作るとさらに大きなネットバッグもできます。いろいろな大きさにチャレンジしてみましょう。

【参考にしたサイト】

ジャンボかぎ針「アミュレ」で編む ネット編みバッグ<ミニ>


クロバー ジャンボかぎ針「アミュレ」12mm 42-422

Note

Tシャツヤーンでいろいろなものが編めます。

円形にしてコースターにしたり、さらに大きく編んで鍋敷きにしたり、縄を編むようにしてブレスレットにしたりといろいろと工夫できます。

しかもお気に入りのTシャツがそんな風に生まれ変わるなんて嬉しいですよね♪

時間があるときにTシャツヤーンを作ってストックしておきましょう。

人気ブログランキング

お役に立てたなら、ぽちっと応援クリックお願いします☆

人気ブログランキング
いつもありがとうございます!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアボタンを押して情報を共有しましょう。

購読する(更新都度お知らせが届きます)

RECOMMEND こちらの記事も人気です。



スポンサーリンク
トップへ戻る