パールビーズをかぎ編みモチーフに編み込む方法

パールビーズをかぎ編みモチーフに編み込む方法

photo by:ahmiosho

かぎ編みのモチーフ(ドイリー)にビーズをはめ込む方法をご紹介します。

例えば花モチーフのコースターを作ったときに端にビーズをあしらっているとひと味違ったかわいいコースターになります。

シュシュにパールを入れるとゴージャスなイメージになります。ちょっとしたことで違った印象になるので作ってみませんか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

モチーフにパールビーズをはめ込む方法

材料

  • 毛糸…適宜
  • かぎ針…今回使用したのは6/0号
  • 針…穴の上から糸通しができるタイプ
  • パールビーズ…穴が大きめのもの今回は12個
  • ボンド…適宜
  • はさみ

編み図

今回作る編み図はこちら。丸いのはパールのつもりのイラストです。(わかります?(笑))

How to make

方法1.ボンドを使う

毛糸の先にボンドを少量つけて伸ばします。しばらく時間を置くと先がピンとするので、ボンドが完全に乾いてからビーズを通していきます。

方法2.針で通す

100均で便利な針を見つけました。これ穴の上にすき間があり、糸を引っ掛けて穴のほうに押すと針に糸が通るという優れもの。

ROUGANの私でも簡単に通せます。

3.パールを通す

つけたい個数分のパールビーズを通していきます。ここでちゃんとビーズの数を把握しておかないと後から追加する場合途中で糸を切らないといけなくなります。ここでは12個通します。

4.1段目

指に糸を巻く作り目で輪を作ります。

ここからくさり3目編んで立ち上がりです。

くさり3目が編めました。さらにくさり3目編みます。

長編み1目編みます。以後くさり目3目、長編み1目を繰り返します。

全部で6回繰り返したら

最初の立ち上がりの目(くさり4目目)のところをすくって引き抜きます。

くさりをすくって

糸を引っ掛け

引き抜く。

糸端を少し引っ張ります。すると動く糸があるので動いたほうを引っ張ります。するともう1本の輪の糸が引き締まっていきます。

ここ少しコツが要ります。

詳しくはこちらの記事で
初心者の方はこちらの記事を参考にして下さい。
かぎ編みをはじめよう|2通りの円の編み方・輪の引き締め方ガイダンス
今回は丸いモチーフを編むときの2通りの編み方のパターンを説明します。初心者向けにできるだけわかりやすく解説しています。画像&動画で確認してみてください。

1段目が編めました。

5.2段目

立ち上がりくさり編み3目、長編み、くさり1目、長編み2目、くさり1目を繰り返します。

2段目が編めました。

6.パールビーズを通す

3段目はくさり5目に引き抜いて止めるを12回繰り返します。このくさり3目目にパールビーズを通していきます。

くさり2目編みます。

通しておいたパールビーズ1個を引き寄せます。

この子をまたいで次のくさりを編みます。

…君、ちょっとよけてちょうだい。

…てな感じで。

心持ちキュッと糸を縛って、次のくさり2目を編みます。

2段目のくさり編み1目のところに引き抜き編みします。

2個めも同じ要領で…

障害物をよける感じかな…。

糸がきつすぎたり緩すぎたりしないようバランスを考えて編んでいきましょう。

引き抜き編みもきつめのほうがちゃんとします。

この繰り返しで12個パールビーズをつけていきます。

できあがり

パールビーズをあしらった花モチーフです。

Note

こちら何を作ったわけでもなく、ただ単にパールビーズのつけ方のご紹介でした。さて、この作ったモチーフ、大きさも中途半端なのでコースターにもならず、実に中途半端な作品となってしまいましたが、作り方がわかればいいかな…。コースターにしたい場合、もう1段繰り返して編んでひとまわり大きくさせればいいかと…。

もちろんシュシュを編むときにも応用できるのでぜひ取り入れてみてください。

人気ブログランキング

お役に立てたなら、ぽちっと応援クリックお願いします☆

人気ブログランキング
いつもありがとうございます!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアボタンを押して情報を共有しましょう。

購読する(更新都度お知らせが届きます)

RECOMMEND こちらの記事も人気です。



トップへ戻る