バナナの皮が凄すぎる…。そのまま捨てるのはもったいない! | 【暮らしの音】kurashi-*note

バナナの皮が凄すぎる…。そのまま捨てるのはもったいない!

シェアボタンを押して情報を共有しましょう。

Sponsored Link
banana
Photo by Julia Kuzenkov on Unsplash

実はバナナってすごい食べ物です。
凄すぎて、これを読み終わるころにはあなたもきっとスーパーに買いに走っています。(多分…)笑
お値段もお手頃だし、ちょっと小腹が空いたときに1本で満腹感あるし、栄養価が高いわりにカロリーは低めとなるとダイエッターにも強い味方。

そんなバナナ、中身だけではなくて皮まですごい食べ物でした!

どうすごいかって?

優秀なバナナの皮の活用法をご披露いたします。
これを読んだら、思わず言ってしまいそう…

「そんな、バナナ…(馬鹿な…)」

え、おもしろくない?!
スルーして、行きまっしょい!

Sponsored Link
Sponsored Link

捨ててはいけない!バナナの皮の活用法

banana

では、のっけからバナナの皮でできることをご紹介します!

1.バナナの皮でホワイトニング

バナナの皮の白いほうを歯にこすりつけること10分間。そのあと普通に歯磨きします。これを毎日2週間ほど続けると、歯が白くなります。

2.バナナの皮で革製品を磨く

バナナの皮の白いほうで、靴やカバンなどの革製品を磨くとピカピカにしてくれます。磨いたあとは乾いた布で拭きあげればOK。これでツヤ出しクリームやワックスは買わなくてもいいですね。

3.虫刺されにバナナの皮

虫に刺された皮膚にバナナの皮を貼ると、バナナの皮に含まれる多糖の鎮静効果によって痒みを抑えてくれます。

虫刺されだけでなく、ニキビにも効果が?バナナの白い部分をニキビに貼っておくだけ。

4.頭痛もバナナの皮で鎮静?

額をバナナの皮で擦ると、頭痛が緩和されます。また、しわを薄くする効果も?(科学的には証明されていません)

5.バナナの皮は園芸の肥料として使う

バナナの皮を細かく切って鉢植えの土に置くと、バナナの皮からカリウムが溶け出して土の肥やしになり、アブラムシも退治してくれます。

バナナの皮を数日間浸した水で水遣りする方法もあります。数日浸すためカビが生えないように皮を完全に水につけることがポイント。

6.バナナの皮で皮膚に刺さったトゲが取れる?

トゲが刺さったところにバナナの皮を30分から1時間ほど貼っておくと、酵素の力で皮膚が柔らかくなり、トゲが自然に出てきます。

7.バナナの皮でパック

バナナの皮は保湿効果があるので、カサカサで粉をふいた肌をしっとりとしてくれます。シワやシミなどの改善も期待できそう。

8.バナナの皮の痛み止め

バナナには鎮静作用もあります。擦り傷や、発疹にバナナの皮を貼りつけると、バナナの皮に含まれるアストリンゼンが、発疹やかゆみを抑えてくれます。

9.お肉を柔らかくしてくれる

お肉をやくときに、バナナと皮を入れると、バナナに含まれているフィシンという酵素の作用で、お肉を柔らかくしてくれます。

いかがですか?バナナにはこれだけすごい効果がありました。

さっそく、試してみたいと思いませんか?

でも、

そうは言っても、バナナの皮を擦りつけるなんて…

なんか、臭くなりそう…

おっしゃる通り!

私もそう思いました。

で、試してみたところ

バナナの皮を手に擦り付ける

手の甲にバナナを思いっきり擦り付けて、臭いを嗅いでみましたが、

…臭くない。

思っていたような、甘ったるいバナナの臭いはしません。

水をはじく手

水に濡らしてみると、水をはじきます。心なしかバナナの皮を擦りつけたところはほんのり白い。

ん?美白にも効果ある?

バナナの皮でのホワイトニングは正直、微妙ですが、歯の表面の汚れやザラザラが落ちた感じはします。ホワイトニング効果があるのかはさておき、歯磨き後の歯はさっぱり。

しかし、バナナを擦りつけると、歯茎の間にバナナの皮が入り込み、次第に色が変色しお歯黒に近い状態になります。

百聞は一見に如かず。一度お試しあれ。

バナナの皮が凄い理由

ミネラルたっぷりのバナナ

バナナにはビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン、ビタミンB6、葉酸といった体に必要な栄養素を豊富に含んでいますが、特に注目したいのはカリウム

中くらいのバナナ1本に422mgのカリウムが含まれています。

カリウムは筋肉の収縮や神経の働きを助ける役割をもち、私たちの体にはなくてはならない栄養素です。栄養を各細胞に運んでくれ、心臓の鼓動を一定に保ち、体内の塩分調整までしてくれます。またカリウムは骨粗鬆症の予防にも注目される成分です。

セロトニンで脳を活性化する効果

意外だと思いますが、バナナを食べるとイライラの解消になります。

これはバナナに含まれるアミノ酸の一種トリプトファンがセロトニンを生み出し、脳を活性化してくれるからです。

セロトニンは別名幸せホルモンと呼ばれており、疲れを感じたときなど食べるとリラックス効果が高まります。

バナナの栄養価

バナナ1本のカロリーは約86kcal。お茶碗1杯のご飯の半分のカロリーです。

食欲のない朝や、時間がないときなど手軽に食べれて、カロリーも低い。そして食物繊維も多く含まれていることから、便秘解消にも効果があります。

バナナの皮だけではなくて、中身もこんなに優秀。
皮をむくだけで手軽に摂れて栄養価も満点!
美容効果も期待でき、しかもリーズナブル!

バナナはもとより、バナナの皮を見直しました!

でも、そんなバナナ、ひとつだけ欠点が…

やってはいけないバナナの皮の使用法

banana

床に無造作に置くのだけは絶対にやめましょう。
バナナの皮を踏むとつるっと滑って転んでしまいます。

昔のギャグ漫画を地でやる感じですね。笑

バナナの皮の摩擦係数を真剣に計算し、床より6倍滑りやすいことを証明したのは北里大の馬渕清資教授ら。これにより「イグ・ノーベル賞」の物理学賞が授与されたとか?

この馬渕教授たちよりも先にバナナの皮の滑りやすさについて研究していた人もいます。

「そんな、バナナ…(馬鹿な…)」

人気ブログランキング

お役に立てたなら、ぽちっと応援クリックお願いします☆

人気ブログランキング
いつもありがとうございます!

Sponsored Link
Sponsored Link
Sponsored Link

シェアボタンを押して情報を共有しましょう。

購読する(更新都度お知らせが届きます)

RECOMMEND こちらの記事も人気です。



Sponsored Link
トップへ戻る