WordpressのブログにFlickrの画像とクレジットを入れる方法

WordPressのブログにFlickrの画像とクレジットを入れる方法

シェアボタンを押して情報を共有しましょう。

スポンサーリンク
photo by Casey Stinnett

ブログを書きだして早5ヶ月。

ブログを書く中で画像選びには結構時間がかかります。でもこだわりの1枚を載せたいので、ついつい熱くなって探し求めて数時間…、なんてことに。

著作権フリーの無料画像を使っているので、最近ではどのサイトがどんな画像が得意なのか大体予想がつくようになり、(たまに思わぬサイトから思わぬグッドな画像があったりしますが…)ブログ記事のイメージに合った画像サイトから順に見て回るといった感じでコツコツ記事を書いております。

そんな中、素晴らしい画像がたくさんの「Flickr(フリッカー)」はチェックしたいサイト。

画像がとってもお洒落でクオリティが高い!

ただブログにアップできない画像もあり、いいと思って選んだ画像はダウンロードできない場合もあり、時間の無駄なので、

Flickrの中からクリエイティブ・コモンズの写真素材を集めたサイトからもっぱら探しています。

しかし画像をダウンロードして載せるだけではダメ。きちんとクレジット表記をしないといけません。

皆さんご存知だと思いますが、私が行っている方法を備忘録として記しました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Flickrの画像をブログに貼り付ける方法

Flickrは無料でダウンロードできる画像サイト

Flickrのサイト

https://www.flickr.com/

まずはFlickrのサイト

たくさんいい画像が出てきます。

でもこれはダウンロードができない画像もあったりするので、私はまずこちらのサイトをチェックします。

↓↓↓

Creative Commons

https://ccphotosearch.com/

こちらは世界中から集まるFlickrの画像の中から商用利用できるCreative Commons(クリエイティブ・コモンズ)だけを検索することができるサイトです。

Creative Commons

https://www.flickr.com/creativecommons/

こちらのサイトも同じくCreative Commonsだけを検索できます。

同じFlickrですが、何となく画像が微妙に違っていたりするので、思うような画像が見つからないときはひと通り目を通しています。

※クリエイティブ・コモンズとは

クリエイティブ・コモンズは、クリエイティブ・コモンズ・ライセンス(CCライセンス)を提供している国際的非営利組織とそのプロジェクトの総称です。

→詳しくはこちら

他にもこんなサイトも↓

http://compfight.com/

http://photopin.com/

https://www.nairegift.com/freephoto/

こちらもFlickrから無料で商用利用可能な画像が探せるサービスです。

今紹介したサイト、一応このすべてに目を通しています。

ここで注意したいのが検索は英語で行うこと。

日本語で検索しても画像は出てきますが、英語のほうがより多く画像が出てきます。(内容にもよりますが…)

日本語で検索していい画像がヒットしない場合、英語で検索してみましょう。

Flickrの画像をブログにアップする方法

では、画像を検索するところから…。

先ほど英語で検索したほうがいいと申しましたが、私は英語が得意ではありません。

こんなときは頼りになるgoogleのアプリ。「翻訳」を使って英語に訳します。

ただ和製英語などはうまく翻訳されないこともあります。

google翻訳を使う

右上の■が9つあるところをクリックするとアプリが出てきます。

翻訳をクリックします。

翻訳画面が出てきました。試しにカメラの画像を探してみましょう。

カメラは英語で何と言うか調べたいときは…(すみません、簡単すぎる例題で…)

左側の上のタブを日本語にして、カメラと入力すると、英語で「camera」と出ました。右上のタブを英語にするのをお忘れなく!

これをコピーして貼り付けて検索します。(今回は簡単な単語なので自分で入力しろよ!と突っ込まれそうですが…)

ccphotosearch.comのサイトから検索してみましょう。

検索のしかた

検索結果

右上のサーチ欄に”camera”と入力して検索します。

どういうわけかカメラと全然違う画像も出てきますね。(謎…)

下に進んでいきながら自分のイメージする画像を探します。おっ!よさげな画像発見!

画像をクリックすると拡大します。

画面表示

左側の「PHOTO PAGE-CC BY2.0」と書かれた方をクリックします。

画面表示

ダウンロードのマークをクリックします。

画面表示

サイズを聞いてきます。私はmedium(中サイズ)を選んでいます。ここはお好みで。

画面表示

任意の場所に保存します。とりあえずマイピクチャに保存しました。

画面表示

WordPressのブログに貼り付けます。

貼り付けたい場所にカーソルを置いて、メディアを追加をクリックします。

画面表示

「ファイルをアップロード」で画像を取り込みます。

画面表示

ドロップ&ドラックか、「ファイルを選択」して貼り付けます。すると画像が貼りつきました。

ここで終了してはいけません。

クレジットを明記しなくてはならないのでキャプションにクレジットを入れていきます。

簡単にこちらを入力します。これHTMLタグと言うんですね。

photo by <a href=”URL” target=”_blank”> 著作者名</a>

画面表示

こんな感じですね。

そこからURLと書いているところに実際のURLと、著作者名と書いているところに著作者の名前を入れていきます。

画面表示

画面表示

このURLは消します。消した中に、画像のURLをコピーします。

画面表示

コピーしたURLをキャプションに貼り付けます。

画面表示

画面表示

貼り付ける場所は「URL」を消した「””」の間です。

”https://www.flickr.com/photos/77233573@N08/14223335948/” となります。

貼り付け方

同じように著作者名も貼り付けます。

著作者名を消します。

貼り付け方

右クリックして著作者名をコピーします。

貼り付け方

著作者名が貼りつきました。

貼り付け方

「投稿に挿入」をクリック。きちんとクレジットが明記できました。

キャプションの中でやらずに、あらかじめメモ帳を立ち上げておいて、メモ帳に入力して貼り付けてもいいです。

今のクレジットを書くなら、

〈ベーシック〉

photo by <a href=”URL” target=”_blank”> 著作者名</a>

     ↓

「URL」と「著作者名」を削除

photo by <a href=”” target=”_blank”> </a>

     ↓

Flickr画像の「URL」と「著作者名」を明記

photo by <a href=”〇” target=”_blank”> 〇</a>

     ↓

〇のところにいれると、

photo by <a href=”https://www.flickr.com/photos/77233573@N08/14223335948/” target=”_blank”>Casey Stinnett </a>

こうなります。

ちょっと説明、くどかったですね。

私も初心者なので専門用語がなくわかりやすい説明をしてくれる人はいないものか…と探しあぐねて記事を彷徨っています。

ド初心者の私が、自分がわかるよう専門用語なども使えず、自分の言葉で説明しているのでわかりにくかったらごめんなさい。

実際貼り付けた画像はコレ!

クレジットをクリックするとFlickrの画像に飛びます!

プラグインを導入

プラグイン

実は私、Flickrのプラグインも入れています。

プラグイン

クリックして、検索窓にcameraと入力しsearchを選ぶと、同じ画像が出てきました。

(Results per pageは、14,28,63,112を選択でき、選択した画像数を一度に表示できます。

28を選ぶとカーソルを上下にスクロールせずにひと目で表示画像全部が見れるので、私はいつも28を選んでいます。)

プラグイン

なんとキャプションもちゃんと記載しているので自分でやらなくていい!これは便利!

プラグイン

ただサイズがフルサイズでも500×332なので、ccphotosearch.comのサイトのmediumよりも小さくなります。

これがその画像↓

mediumだとこの大きさの画像になります。

ここは調整可能です。

medium640だとこの大きさ。

これはいつも私がアップしている大きさなので私はこれを選択しています。(重たくなるのかしら?)

(パソコンで見ると違いは一目瞭然ですが、iPhoneで見るとこの2枚の画像は同じ大きさで表示されるので上の画像でも問題ないかな…)

画像のサイズは設定画面から選びましょう。

今回は「camera」を例にとって検索してみたら比較的よさげな画像ばかりでしたが、探すものによってはプラグインのFlickrに表示される画像より、ccphotosearch.comのサイトのほうがいい画像が見つけやすいという印象があったため、最初にサイトから挿入する方法をご紹介しました。

便利なのはプラグインなのでその導入方法も紹介します。

インストール

プラグイン新規追加で、検索窓に「Flickr-Pick a Picture」と入力します。

プラグイン

今すぐインストールから「有効化」にしましょう。

設定は、

プラグイン

ここでデフォルトの大きさを選択できます。

プラグイン

私はmedium640にしています。

画像選びはホントに大変。でもブログのイメージがこれで決まるといっても過言でない重要な要素。案外こだわりの画像を入れているつもりです。

こんなクオリティの高い画像が無料だなんてほんと嬉しい限りです。

あ、もうひとつ。プラグインを入れている「Pixabay」もおすすめです。

最初にPixabayで探していいものがなければ、Flickrの画像を探すという手順で行っています。

プラグイン

Pixabayは、「Flickr-Pick a Picture」と同様、プラグイン新規追加にて「Pixabay Images」で検索するとでてきます。インストールして有効化しましょう。

プラグイン

同じように「camera」で検索すると、このような画像が出てきます。こちらもクオリティ高いのでまずはここから。クレジット表記もきちんとされるので安心です。

画像検索のストレスを少しでも軽減し、瞬時にイメージに近い画像が見つけれらるといいですね。

ちなみにPixabayのURLはこちら

https://pixabay.com/ja/

※追記

こちらはクレジット表記は特に必要ではないので、最近ではもっぱらこちらの画像を使っております。プラグインを入れているので便利!

Note

私のブログはどちらかと言うと画像をふんだんに使っています。

記事を読むとともに、画像からイメージを読み取ってもらいたい意図もあるため画像のセレクトには結構時間かけています。

キュンとする画像を見つけたときは、いつか使うかもしれないのでDLしてストック。

画像負けしないように、楽しめる記事を作成していきたいと思います。

人気ブログランキング

お役に立てたなら、ぽちっと応援クリックお願いします☆

人気ブログランキング
いつもありがとうございます!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアボタンを押して情報を共有しましょう。

購読する(更新都度お知らせが届きます)

RECOMMEND こちらの記事も人気です。



スポンサーリンク
トップへ戻る