Lujoファンデーションを試したリアルな口コミ|マスクにつかない?ヒト幹細胞配合ってどんな? | 【暮らしの音】kurashi-*note

Lujoファンデーションを試したリアルな口コミ|マスクにつかない?ヒト幹細胞配合ってどんな?

シェアボタンを押して情報を共有しましょう。

Sponsored Link
Lujoクリアアップファンデーション
photo by:ahmiosho

マスクにつかないファンデーションを探していたところ『Lujoクリアアップファンデーション』がおすすめという話を聞きつけ、さっそく試してみることにしました。

マスクにつかないということだけでなく、この商品、ファンデーションでありながら今話題のヒト幹細胞エキスが配合されており、エイジングケアを意識した世代にはちゃかりスキンケアも兼ねれる優れもの。

またプラセンタマニアの私が見過ごせないマリンプラセンタが配合されています。

そんなわけでさっそくお試してみました。

『Lujoクリアアップファンデーション』について

  • マスクにつきにくい理由
  • 美容液も兼ねれるのか?
  • 使用感はどう?

といったことについて検証したいと思います。

Sponsored Link
Sponsored Link

口コミで人気の「Lujoクリアアップファンデーション」とは?

Lujoクリアアップファンデーション

Point
  • ヒト幹細胞培養液・マリンプラセンタ配合
  • ライトベージュ1色のみ
  • マスクにつきにくいスキンフィットポリマー配合

ヒト幹細胞培養液・マリンプラセンタ配合

Lujoクリアアップファンデーション』は、ファンデーションの域にとどまらず、美容液に配合される美容成分がたくさん入っています。

その中で注目したいのがヒト幹細胞培養液

従来の美容成分は、年齢を重ねることによって失われた成分を補うことで肌の保水量などを保ち、みずみずしくしてくれるもの。

ところが、枯れた肌にいくら養分を与えても若いころのような肌には蘇りません。

ヒト幹細胞培養液は、再生研究によって昨今注目を浴びている成分。ヒト幹細胞が培養の際に分泌する培養上清液のことで、成長因子(グロスファクター)が豊富に含まれています。

これの何がいいかと言えば、肌に美容成分を補うのではなく、肌の細胞に働きかけて、肌そのものを再生しようというもの。

補うではなく、再生。

この響きに心を打たれ、ヒト幹細胞培養液配合と聞けば、美容液などいくつかお試ししてみました。

1週間や1ヶ月そこらで劇的な変化があるわけではありませんが、使い続けているうちに「老けない自分」を意識できるようになりました。(気合いや心構えもありますが(笑))

ファンデーションは毎日使うものだし、せっかく使うなら肌をより美しくみせてくれるものを使いたい。

しかも『Lujoクリアアップファンデーション』は、マリンプラセンタも配合されています。

プラセンタには成長因子が含まれているため肌の細胞を活性化し、ターンオーバーを正常化してくれます。

私は10年といわず前からプラセンタを摂取しつづけており、おかげで更年期障害なし、風邪・インフルエンザに罹ったことなしで、免疫力がアップしているのだと思います。

プラセンタといえば胎盤のことで、馬、豚、羊が主流ですが、アミノ酸量が多いのは、鮭の卵巣から抽出・生成したマリンプラセンタ。エイジングケア世代には試してもらいたい成分です。

その他、3Dヒアルロン酸や、ナノ化コラーゲンが配合されているので、肌の保水量を保ち、うるおいを与えてくれます。

ライトベージュのみ1色

Lujoクリアアップファンデーション公式画像提供

『Lujoクリアアップファンデーション』は、ライトベージュのみの1色展開。

普段、オークル色を選んでいる私ですが、ライトベージュだと顔と首の色の差がくっきり出るのでは?と懸念がありました。

ところがLujoクリアアップファンデーションは、ファンデーションの色を肌に乗せるのではなく、肌に乗せたとき、光の反射で肌をきれいに見せてくれるパールリフレクション処方をしています。

なので塗ったときに違和感なく、自然に肌に溶け込む感じ。

Lujoクリアアップファンデーション公式提供画像

引用:Lujoクリアアップファンデーション

ただこれについては合う、合わないがあるかもしれません。

ファンデーションをばっちり乗せましたというしっかりメイクをしたい方にはやや不向きかも…。

乗せた感じがナチュラルで、言い方を変えれば、スッピンに見える…。

私はどちらかと言えばファンデーション乗せてますみたいなお化粧はあまり好きではないのでこのくらい薄付きのほうがいいですが、人によってはノリが悪いという評価になるかもしれませんね。

マスクにつきにくい理由

もともとファンデーションは、 リキッド>クリーム>パウダーの順にマスクにつきにくい傾向があります。

『Lujoクリアアップファンデーション』は、リキッドタイプのファンデーションなので、そもそも一番マスクにつきにくいタイプですが、さらにスキンフィットポリマーという成分を配合してつきにくくしています。

実際に『Lujoクリアアップファンデーション』のあと、不織布のマスクを装着して1日過ごしてみました。

紐のあたりに少し付着した程度で、鼻のあたりはべっとりとついた感じではなく、薄っすらと付着している程度のつき具合。

これなら特に気にする必要もない程度。

Lujoクリアアップファンデーション

Lujoクリアアップファンデーションを使ってみた口コミ感想

Lujoクリアアップファンデーションを手につけたところ

Lujoクリアアップファンデーション、小豆粒大の量を手の甲に乗せてみました。

Lujoクリアアップファンデーションを伸ばしたところ

顔にのせるときと同じ量を手の甲に出したので、こってりした感じに見えますが、実際に顔に乗せると伸びがいいです。どちらかと言えば薄くつく感じで肌なじみがいいテクスチャーです。

Lujoクリアアップファンデーションを伸ばしたところ

結構、広範囲に伸びるので、コスパもいいです。

Lujoクリアアップファンデーションを伸ばしたところ

肌につけたときの圧迫感は特に感じず、カバー力はあります。しかししっかり肌に密着している感じなので、マスクに色移りしそうな予感…。

ところが…

Lujoクリアアップファンデーションとマスク

朝、メイクをして5分後には家を出発。出かける前にマスクを着用して通勤。

途中、やや満員電車で汗をかいた状態。

会社に着いてマスクをチェックしてみたら、ほとんどついていませんでした。

耳のひものところがうっすらベージュになっていた程度。

帰宅後のマスク

こちらは1日着用して、帰宅後に撮影したマスク。うっすらと肌色に見える程度で、凝視しないとわからないレベルの色づき。

私は普段、神ファンデと言われるマキアレイベルの薬用クリアエステヴェールをもう何年も愛用しています。

薬用クリアエステヴェールもマスクにつきにくいと定評があるのですが、Lujoクリアアップファンデーションのほうがよりマスクへの色移りはしにくい結果となりました。

マキアレイベルとLujoクリアアップファンデーション

マスクにつかないのはどっちかと言えば、Lujoクリアアップファンデーションに軍配があがります。

どれだけカバー力があるのか試してみました。

手を洗う

Lujoクリアアップファンデーションをつけた手をハンドソープで洗います。結構ゴシゴシと洗ってみました。

水をはじく手

ハンドソープで洗った程度ではファンデーションは落とすことはできず、しっかりカバーしています。

ファンデを塗ったところは水をはじいています。

汗をかいてもそこまで化粧崩れしていないのはこのカバー力のおかげかも…。

しかし1点デメリットが…。

このカバー力と、肌の透明感を出すためには、手で塗ることが必須。

Lujoクリアアップファンデーションを出したところ

私は指が汚れるのがイヤなので、リキッドファンデーションをつけるときはシリコンパフを使っているのですが、Lujoクリアアップファンデーションをシリコンパフでつけると、どうゆうわけか化粧をしていないように見えてしまいます。

指でしっかり塗るほうが、肌へ密着する感じです。

どうしてなのかは不明…。

Lujoクリアアップファンデーションの気になる全成分

Lujoクリアアップファンデーショ

水、シクロペンタシロキサン、酸化チタン、酸化亜鉛、イソノナン酸イソノニル、BG、PEG-10ジメチコン、エタノール、トリメチルシロキシケイ酸、セスキイソステアリン酸ソルビタン、シリカ、メタクリル酸メチルクロスポリマー、セチルPEG/PPG-10/1ジメチコン、硫酸Mg、セスキオレイン酸ソルビタン、水酸化Al、ステアリン酸、合成金雲母、ジステアルジモニウムヘクトライト、エチルヘキシルグリセリン、カプリル酸グリセリル、ハイドロゲンジメチコン、ヒト脂肪細胞順化培養液エキス、炭酸プロピレン、ジメチコン、加水分解コラーゲン、ペンチレングリコール、フェノキシエタノール、ヒアルロン酸Na、炭酸水素Na、トコフェロール、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na、α-アルブチン、アセチルヒアルロン酸Na、α-グルカンオリゴサッカリド、ヒト遺伝子組換ポリペプチド-10、マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル、スクワラン、プラセンタエキス、パルミチン酸エチルヘキシル、アロエベラ葉エキス、ヤシ油、アカツメクサ花エキス、ベヘニルアルコール、ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10、グリセリン、トリベヘニン、ステアロイルラクチレートNa、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、セラミドNP、白金、イソステアリン酸ソルビタン、パルミチン酸セチル、ヒアルロン酸クロスポリマーNa、ポリソルベート80、ステアリン酸ソルビタン、レシチン、セラミドNG、セラミドAP、フィトスフィンゴシン、マンニトール、クダモノトケイソウ果実エキス、塩化Na、ローヤルゼリーエキス、水溶性コラーゲン、クズ根エキス、水添レシチン、パルミトイルトリペプチド-1、クロレラエキス、フラーレン、パルミトイルテトラペプチド-10、ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1、トリペプチド-3、ヒドロキシアセトフェノン、リン酸Na、リン酸2Na、酸化鉄、ジミリスチン酸Al

成分解析については、別記事『lujo(ルジョー)クリアアップファンデーションの口コミ調査と成分解析|マスクにつかないは本当?』で詳しく書いていますので、興味があれば読んでみてください。気になる口コミも統計を取っています。

Lujoクリアアップファンデーションの購入先

定期便

3,278円(税込)送料無料

  • 通常価格9,790円(税込)が特別価格として初回約34%OFF
  • 2回目以降は6,578円(税込)約33%OFF(送料無料)

>>「lujo(ルジョー)クリアアップファンデーション」

販売者概要

会社名 株式会社エイチームライフスタイル(Ateam Lifestyle Inc.)
設立 2013年8月22日
所在地 〒450-6432 愛知県名古屋市中村区名駅三丁目28番12号 大名古屋ビルヂング32F
代表取締役社長 間瀬 文雄
電話番号 0120-98-7711
受付時間 11:00~13:00、14:00~18:00 土日祝除く

Lujoクリアアップファンデーション口コミまとめ

Lujoクリアアップファンデーション公式

こんな方におススメ
  • マスクにつかないファンデーションをお探しの方
  • エイジングケアが必要な世代
  • ナチュラルメイク志向の方
  • ファンデーションで美容液も兼ねたい方

年齢を重ねた肌は、化粧でごまかすのではなく、肌そのものを活力あるものに変えていかなければいけません。そのために必要なのが肌の再生。

ナチュラルメイクでありながら、マイナス10歳に見られるようにファンデーションにも気を配りたいですね。

初回66%OFFの3,278円でお試ししてみる

人気ブログランキング

お役に立てたなら、ぽちっと応援クリックお願いします☆

人気ブログランキング
いつもありがとうございます!

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアボタンを押して情報を共有しましょう。

購読する(更新都度お知らせが届きます)

RECOMMEND こちらの記事も人気です。



Sponsored Link
Sponsored Link
Sponsored Link
トップへ戻る