お豆腐でみたらし団子?時間が経っても硬くならない便利なおやつ

お豆腐でみたらし団子?時間が経っても硬くならない便利なおやつ

シェアボタンを押して情報を共有しましょう。

Sponsored Link

お豆腐を使ったヘルシーメニューはたくさんありますが、スイーツにもお豆腐?

和菓子の定番、みたらし団子は大人も子どもにも人気のある定番スイーツ。

洋菓子に比べ比較的カロリーも低いのでダイエット中でも食べれますね。とはいえ、炭水化物なので糖質が気になるところ。

お豆腐に変えることによってさらにヘルシー、しかもたんぱく質も摂れて栄養もばっちり。

そんないいとこだらけのみたらし団子はいかがですか?

これはママ友に教えてもらったレシピですが、美味しすぎ!

息子が中学時代、剣道部に所属しており、練習試合などは野球部さながら早朝からスタート。保護者も車出しなどの手伝いで同行。

公式試合となると朝の5時出発なんてこともしばしば。そんな中、朝早いのにもかかわらず毎回差し入れを持参してくださる保護者の方がいらっしゃいました。

試合の合間のほっこり和む時間。各自持ち寄った飲み物と一緒にいただく差し入れのおいしいこと!

その中に今回紹介するみたらし団子がありました。

当然朝早くに作っていて、昼ごろに皆でいただいたのですが、全然硬くない?!

レシピを教えてもらい、メモに書きとめ自分でも作ってみました。

このお団子、時間が経っても固くならないので、子どもの部活の差し入れなどですぐに食べれない場合などにも好評です。

Sponsored Link
Sponsored Link

お豆腐でつくるお団子

材料

白玉粉と豆腐

・白玉粉…1袋(200g)

・絹ごし豆腐…1丁

How to cook

ボウルに白玉粉と豆腐を入れる

材料は白玉粉と豆腐だけ。水は入れません。

白玉粉と豆腐を手で混ぜ合わせる

  1. 白玉粉と絹ごし豆腐を混ぜ合わせます。水がなくても豆腐の水分で混ざります。

  2. 鍋にお湯を沸かし沸騰したら、丸めた白玉だんごを入れます。

  3. 浮き上がってきたらザルにあげて水で冷やします。

きな粉団子にしたい場合は

きな粉と砂糖を同量と、塩少々をタッパに入れ混ぜ合わせ、団子を入れて蓋をしシャカシャカと振り混ぜます。

きなこは「畑の肉」と言われるほど栄養価の高い食品。お子さんのおやつに上手に取り入れたいですね。

みたらし団子を作りたい

みたらし団子は時々無性に食べたくなります。そして和菓子なのに子どもたちにも好評なのはみたらし団子!

しかし面倒くさそう…と思った方、必見です!

鍋で煮詰めてとろみをつけて…なんていう作業一切なし!なんと電子レンジで一瞬でできます。

簡単なのでチャチャっと作ってみましょう!

材料を混ぜて電子レンジで加熱するだけの簡単レシピです。

材料

片栗粉・黒砂糖・しょう油・カップ・計量スプーン

  • 砂糖…大さじ4
  • 水…大さじ4
  • しょう油…大さじ1
  • 片栗粉…大さじ1

今回私は黒砂糖で作りました。コクが出て美味しいですよ。お好みでどうぞ。

How to cook

ボウルに調味料を入れて混ぜる

材料をすべて耐熱容器に入れまぜあわせます。

レンジで加熱すると固まる

電子レンジ600Wで1分加熱します。

この半分の量で作る場合、1分だと少し水分が飛んでしまいます。状態を見ながら時間調整を行ってください。

万が一、硬くなった場合、水を足して混ぜればOKです。

これで量が足りなければ、混ぜてチンするだけなので手軽に追加して作ることができます。様子を見ながら作り足してくださいね。

できあがり

豆腐のみたらし団子

豆腐の白玉みたらし団子のできあがりです。

我が家の子どもたちには好評で時々作ります。お好みで竹串にさしてもいいですね。

美人が選ぶ『グルテンフリースイーツ』

Note

豆腐だと気になるカロリーも抑えられ、ダイエット中でも安心。またタンパク質も豊富なので間食として摂り入れて上手にカロリーコントロールするといいですね。

子どもも大人も楽しめるヘルシースイーツです。

人気ブログランキング

お役に立てたなら、ぽちっと応援クリックお願いします☆

人気ブログランキング
いつもありがとうございます!

Sponsored Link
Sponsored Link
Sponsored Link

シェアボタンを押して情報を共有しましょう。

購読する(更新都度お知らせが届きます)

RECOMMEND こちらの記事も人気です。



Sponsored Link
トップへ戻る