無印良品「のびのびボディーネット」でモコモコ泡を作るならボディソープがおすすめ | 【暮らしの音】kurashi-*note

無印良品「のびのびボディーネット」でモコモコ泡を作るならボディソープがおすすめ

シェアボタンを押して情報を共有しましょう。

Sponsored Link
無印良品のびのびボディーネット
photo by:ahmiosho

皆さん、身体を洗うとき何を使っていますか?

私はもっぱら無印で買ったボディーブラシを使っています。柄が長いので背中もゴシゴシ洗え、長く使っていますが、毛がへたれずなかなか優秀。

しかし、身体をゴシゴシ洗うとお肌にはよくありません。泡で優しく洗うほうがダメージも少なく、汚れも落としてくれます。

そこで無印良品の「のびのびボディーネット」を使ってみました。

Sponsored Link
Sponsored Link

無印良品「のびのびボディーネット」

のびのびボディーネット

商品概要

商品名:のびのびボディーネット

仕様・混率:本体:ポリエチレン

重量:約90g

原産国:中国

価格:350円(税込)

無印良品の「のびのびボディーネット」はネーミングの通り、のび~るボディーネット。伸ばすと全長約50cm(ひも部分を除く)

白のネットがいかにも無印~という感じ。

見た目もシンプルでおしゃれ。だたそれだけでなく機能性にも優れています。

背中洗いが楽々

引用:無印良品

両端にひもがついており、左右に引っ張れば背中も楽々洗える長さに。

自身の背中に合わせて引っ張り加減を調整できるので、男性でも女性でも使える大きさ。ボディタオルで洗うときの要領で左右に動かせば背中もスッキリ洗えます。

モコモコ泡が瞬時にできる

洗顔用の泡立てネットとの決定的な違いは織り方が立体のボール型になっていること。

ネットが幾重にも重なっているため、泡立ち効果は抜群。

モコモコ泡が瞬時に作れます。

ただし、これは使う石鹸、ボディソープによって若干の違いがあります。

我が家では洗面所に手洗い用として、マジックソープを約10倍に薄めて泡タイプのボトルに詰め替えています。

泡石鹸をかける

泡だったマジックソープを3プッシュくらい出してみました。

泡立ち具合

さらっとした柔らかな泡がモコモコと立ちました。泡に気泡が多いので、水切りがすぐにできます。

マジックソープを使ったら他の石けんは使えない…オーガニックの魅力
『米国ナチュラルソープ15年連続売上げNo.1』の人気の石けん、マジックソープはとても優秀アイテムです。一度使うとリピしたくなるのは間違いなし。いろんな使い方があり、1本持っておけば重宝します。使ってみた使用感のレポートです。

ボディソープで泡立て

浴室で使っているボディソープ「hadakara(ハダカラ) 」を2プッシュして、泡立ててみました。

ピンとつのが立った、結構しっかりした泡がモコモコ…モコモコ…

これを身体中に擦り付けてまるで泡の洋服を着たみたいに全身を泡まみれにし、遊びながら入浴タイムを楽しんでおります。

スノーマンみたい!

今、突然浴室のドアを開けられても、泡が身体を隠してくれているので裸体を見られることはありません(笑)

それくらい泡だらけになります。はっきり言ってたのしー。

使う石鹸はボディソープがおすすめです。

コスパがいい

のびのびボディーネット

これ、1個350円(税込)

コスパよくないですかぁ~?

無印良品のびのびボディーネット

唯一、気になる点は…

保管場所を取る

吊るしたところ

存在感ありすぎ(笑)

保管場所を結構取ります。

無印良品 のびのびボディーネット

無印良品

人気ブログランキング

お役に立てたなら、ぽちっと応援クリックお願いします☆

人気ブログランキング
いつもありがとうございます!

Sponsored Link
Sponsored Link
Sponsored Link

シェアボタンを押して情報を共有しましょう。

購読する(更新都度お知らせが届きます)

RECOMMEND こちらの記事も人気です。



Sponsored Link
トップへ戻る