「サラダ巻き」の具が真ん中になる作り方

「サラダ巻き」の具が真ん中になる作り方

シェアボタンを押して情報を共有しましょう。

photo by:ahmiosho

サラダ巻き、リベンジ編です!

詳しくはこちらの記事で
前回サラダ巻きの記事で作り方を紹介しましたが、具が真ん中にきていませんでした(f^_^;)
スーパーで買っていた「サラダ巻き」自宅で作る!の巻
家族みな大好きな「サラダ巻き」。スーパーやコンビニで家族分買うとなると結構かかる。それなら作ろうではないか!とチャレンジ!見た目不恰好ですが、お味のほうは…

我が家では2ヶ月に1回くらいのペースで手巻き寿司をしており、各自好きな具を入れて巻いて食べているのですが、

その教訓として、シャリはたくさん入れないこと。

シャリをたくさんいれると巻けなくなるからです。

そうやって、シャリを多くいれない習慣が身につきその要領で作ったら、見事に偏った「サラダ巻き」となってしまいました。

作ってそのまま自分が食べる分にはいいのでしょうが、食卓に出すとなると不恰好。

今回、リベンジ!真ん中にくるようにあれやこれやを繰り返し作ってみました。

<前回作ったのはこの画像>

不格好なサラダ巻き

下にシャリがありませんがな…

具を真ん中に入れて巻く

で、シャリは多くすると巻けないと思って

こんな風になんとも遠慮がちにシャリを入れて作ってたわけです。

そもそもこれが間違い!

シャリを海苔いっぱいに敷き詰める

実はシャリは海苔にいっぱいいっぱい乗せるのが上手に巻ける秘訣でした。

そのときにシャリは薄く延ばすように敷き詰めるのがコツ。シャリをたっぷり入れてしまうと巻けなくなります。

具を真ん中にトッピング

真ん中に具材を置いて…

巻いていく

巻いていきます。

できあがり

できた~*。ヾ(。>v<。)ノ゙*。

前回の記事を参考に作ってしまった方、申し訳ありませんでしたm(__)m

シャリは海苔全体に乗せましょう!

【余談:豆知識】

サラダ巻きと言っておりますが、「レタス巻き」と呼んでいるところもあり、もともとは宮崎県が発祥の地。

宮崎にある老舗すし屋「一平」の初代店主が先日お亡くなりになられた作曲家平尾昌晃さんの野菜嫌いを何とかしてあげようと、考案した料理らしいです。

当時は寿司にマヨネーズという斬新な組み合わせに懸念する人も多かったようですが、次第に認知され全国に広まることとなりました。

基本的な構成はレタスとエビ、マヨネーズ。

これに便乗してカニかまを開発した人も凄い!

ま、レタス巻きに便乗したかどうかは不明ですが、レタス巻きよりも後に発明されたものであるのは確かなので、レタス巻きの中のエビをカニかまで代用して作った人も凄い!

ああ、何が凄いのかよくわからなくなりました。

とにかく、あの美味しい食べ物を作ってくれた先人たちの知恵に感謝!

人気ブログランキング

お役に立てたなら、ぽちっと応援クリックお願いします☆

人気ブログランキング
いつもありがとうございます!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアボタンを押して情報を共有しましょう。

購読する(更新都度お知らせが届きます)

RECOMMEND こちらの記事も人気です。



スポンサーリンク
スポンサーリンク
トップへ戻る