引っ越しの費用はどれくらい?節約するコツは?

引っ越しの費用はどれくらい?節約するコツは?

シェアボタンを押して情報を共有しましょう。

就職や進学、転勤などで新居に移る場合、当然ながらお引っ越しをしなければなりません。

新しい生活の始まりは何かと物入り。

少しでも節約を考えた場合、真っ先に浮かぶのが引っ越し費用なのでは?

そもそも相場はどれくらい?またどうやれば節約できるのかコツをご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

引っ越し費用について

山積みの段ボール

引っ越しと言っても状況に応じて金額の幅があります。

一人暮らしなのか家族で引っ越しなのか、

またどこからどこへ引っ越すのか距離によっても変わってきます。

それぞれの料金の相場をみてみましょう。

引っ越しの料金相場

実家から単身引っ越し

  通常期(5月~1月) 繁忙期(2月~4月)
全平均 27,000円 36,000円
~15km未満(同市区町村程度) 20,000円 25,000円
~50 km未満(同都道府県程度) 21,600円 30,450円
~200 km未満(同一地方程度) 30,000円 47,260円
~500 km未満(近隣地方程度) 43,200円 59,400円
500 km以上(遠距離地方程度) 54,000円 80,000円

実家から単身で引っ越しの場合、大型の家具、家電については新調につき、荷物が少ないという前提での料金相場です。実家から単身で引っ越しでも荷物が多い場合、一人暮らしの単身引っ越しの料金相場を参考にしてみてください。

一人暮らしの単身引っ越し

  通常期(5月~1月) 繁忙期(2月~4月)
全平均 32,480円 50,000円
~15km未満(同市区町村程度) 25,000円 35,000円
~50 km未満(同都道府県程度) 29,800円 42,000円
~200 km未満(同一地方程度) 42,400円 62,000円
~500 km未満(近隣地方程度) 58,000円 81,000円
500 km以上(遠距離地方程度) 73,500円 105,000円

夫婦2人の引っ越し

  通常期(5月~1月) 繁忙期(2月~4月)
全平均 60,000円 80,000円
~15km未満(同市区町村程度) 51,110円 65,000円
~50 km未満(同都道府県程度) 56,000円 70,000円
~200 km未満(同一地方程度) 75,600円 99,000円
~500 km未満(近隣地方程度) 122,240円 182,000円
500 km以上(遠距離地方程度) 150,000円 200,000円

3人家族の引っ越し

  通常期(5月~1月) 繁忙期(2月~4月)
全平均 65,800円 99,000円
~15km未満(同市区町村程度) 60,000円 76,000円
~50 km未満(同都道府県程度) 75,600円 111,500円
~200 km未満(同一地方程度) 85,000円 140,000円
~500 km未満(近隣地方程度) 200,000円
500 km以上(遠距離地方程度) 168,000円 300,000円

4人家族の引っ越し

  通常期(5月~1月) 繁忙期(2月~4月)
全平均 70,000円 108,000円
~15km未満(同市区町村程度) 64,800円 95,000円
~50 km未満(同都道府県程度) 95,000円 116,000円
~200 km未満(同一地方程度) 160,000円
~500 km未満(近隣地方程度) 130,000円 260,000円
500 km以上(遠距離地方程度) 260,200円 350,000円

5人家族以上の引っ越し

  通常期(5月~1月) 繁忙期(2月~4月)
全平均 80,000円 112,500円
~15km未満(同市区町村程度) 76,000円
~50 km未満(同都道府県程度)
~200 km未満(同一地方程度) 150,000円 190,000円
~500 km未満(近隣地方程度) 195,000円 345,000円
500 km以上(遠距離地方程度) 357,500円

<参考データ参照>

引越し侍

引っ越し費用算出方法

基本的な引っ越し料金の算出法は、

「基礎運賃」「実費」「オプション料金」の合計で決まります。

それぞれの算出法を理解しておきましょう。

時間

「基礎運賃」とは、引っ越し業者の約款に基づいて算出される運賃のことです。

基礎運賃については国土交通省でもモデル料金を示しており、どの引っ越し会社もそれにならって料金を設定しているので、法外な金額になることはありません。

基礎運賃には、移動時間による「時間制」と、移動距離による「距離制」の2種類があります。

時間制の場合は、
基礎時間は「4時間」または「8時間」の2種類。

1時間超過するごとに追加料金が発生します。

距離

距離制の場合は、基礎距離は100km(軽貨物業者は30km)。

超過距離によって追加料金が発生します。

人件費

実費に含まれるのは、「人件費」「ダンボールや梱包にかかる資材費」「有料道路通行料」などです。

荷造り・荷解きや荷物の積み込み・積み下ろしなどをしてもらう作業員の人件費で、引っ越し作業員人数分の作業料金がかかります。

交通費、資材費

 

高速道路などの有料道路を利用した場合、片道分を請求されることが多いようです。

またフェリーを利用した場合には、往復分を依頼主が負担するのが通例のようです。

オプション料金

エアコンの取り外し

「オプション料金」とは、「エアコンの取外し・取付け料金」「ピアノの運送料金」「不用品の処理」「ハウスクリーニング料金」など、引っ越しに付帯するサービスにかかる料金です。

引っ越し会社によって異なりますが、直接対応してくれる場合、あるいは引っ越し会社から専門業者に委託する場合があり、プランの内容によって料金は大きく異なってきます。

お得に引っ越しできる時期は?

引っ越しイメージ

引っ越し費用を少しでも安くしたいと思うなら、引っ越し日を考える必要があります。

急な転勤や賃貸物件の退去日が決まっているといった場合や、その日にしか引っ越しができないという場合は仕方ありませんが、日にちがある程度自由に決めれるなら、安い時期や日時、時間を選べば安く引っ越しすることができます。

しかしなぜ同じ引っ越しで同じ量の荷物を運ぶのにどうして価格差が出てくるのでしょうか?

引っ越しが安くなる理由

まず引っ越し料金が安くなる理由は、引っ越し会社の業務の状態による要因が強いようです。

引っ越しというのは年中あるわけではなく、暇なときもあります。当然ながらトラックも空いているし、スタッフも余った状態です。

引っ越し会社としてはトラックやスタッフを遊ばせておくよりも、引っ越し料金を安くしてでも契約を取るほうがいいと考えます。

そこが狙い目です。

ではそれはいつなのでしょう?

引っ越し会社にもよるので具体的にいついつとは言えませんが、だいたいこの時期や時間、季節が閑散期という目安はあるのでそこを狙えば安くすることが可能となってきます。

春と秋は繁忙期

春

就職、転勤、大学進学などで新居に引っ越す人が急激に増えるのは春です。

企業の人事異動もだいたい2月後半ころから始まり、3月がピークで4月上旬くらいまで続きます。

また、大学への合格発表がある3月には新学期に向けての引っ越しが盛んになります。

この時期は不動産会社も繁忙期で大忙しですが、同時に引っ越し会社もフル稼働となります。

マンションやアパートの前にはいつもどこかの引っ越し会社のトラックが荷おろししているという光景を見る時期ではないでしょうか?

そのような多忙な時期は、次から次へと引っ越し依頼が来るので、わざわざ値引きする必要はありません。むしろ通常よりも高くなります。

同じく9月、10月の秋も企業の人事異動発令の時期で転勤を伴っての引っ越しが出てくる時期なので通常月より高くなります。

逆に引っ越しシーズンが終わった4月の後半から夏にかけてはガクンと引っ越しする人が減り引っ越し会社は暇になります。

狙い目はこの時期です。

場合によっては引っ越しシーズンの約半額ほどで安く引っ越しができる可能性があります。

冬の引っ越しがおすすめ

引っ越しに関する実態把握調査の結果、引っ越し費用が一番かかった月は3月でした。

一方一番安かったのは11月。

金額にして5万円もの開きがあったようです。

引っ越しするのは、気候のいい時期やまとまった休みが取れる日を選ぶ傾向にあり、ゴールデンウイークや、夏休み、シルバーウィークをお引っ越し期間に充てる方が多いようです。

また12月は年末のお休みにあわせてお引っ越しをする方も。

となれば12月を除く冬の引っ越しが一番お得になる可能性が高いようです。

休日よりも平日

月で考えた場合
賃貸物件の契約はだいたい月末まで契約を残すことが多く、月末に引っ越す人が増えます。

そのため月で考えた場合、月末は引っ越し会社が忙しくなるという傾向にあり、上旬~中旬は比較的暇な可能性があります。

曜日で考えた場合
引っ越しは基本的に昼間に行うことになります。

仕事が休みの週末の土曜日に引っ越しをして、日曜日に片づけをする計画をたてる方が圧倒的に多いようです。

そうなれば土曜日は特に引っ越し会社は忙しくなります。しかし日曜日の午後には意外と暇になるので引っ越し料金が安くなる可能性があります。

土曜日以外の日曜日の午後から平日がいいようです。

午前よりも午後

時刻

引っ越しには午前便と午後便があります。

午前便は朝一番から引っ越し作業をし、時間がきちんと決まっているため計画的に引っ越し作業を進めることができます。

一方、午後便は時間の指定ができません。午後便は一般にフリー便とも呼ばれます。

時間指定ができないので、引っ越しの予定を計画的に組むことが困難です。

同条件で引っ越し料金を比べると、午後便は午前便に比べて半額程度までなることがあります。

時間に余裕があり安く抑えたいなら午後便のほうがお得です。しかし引っ越し業者がいつやってくるかわからないというリスクを伴うので、そこはしっかり検討したほうがよいようです。

六曜日も考慮にいれる

カレンダーに書かれている『赤口・先勝・先負・大安・友引・仏滅』のいわゆる六曜は、若い人はそれほど気にしませんが、年配の方はまだまだ気にする方が多いようです。

そのため結婚式や祝い事は大安を希望する人が多いのと同様、引っ越しも「大安の日」にしたい、逆に「仏滅」は引っ越しを避けたいという心理があり、仏滅は引っ越し料金が安くなる可能性があります。

引っ越し費用を節約するポイント

自分でできることは自分で

引っ越し費用の実費の中には人件費が含まれています。

なるべく引っ越しの費用を抑えるなら、荷造り・荷解きは自分でやったり、ダンボールなどはすべてを業者で用意してもらうのではなく、スーパーやコンビニなどでもらってくるなどして実費の部分を抑えるのも大事です。

荷物はなるべく少なく

引っ越しというイベントが断捨離をする絶好のチャンスです。

普段、使わないけれどなかなか捨てられなかったもの、クローゼットの中で忘れ去られていた服などたくさん出てくると思います。

断捨離とは、読んで字のごとく

断……入ってくる要らないモノを断つ
捨……家にはびこるガラクタを捨てる
離……モノへの執着から離れ、ゆとりある“自在”の空間にいる私
と定義づけられたもの。

引っ越しはこの“捨”の部分を実践できるいいチャンスでもあります。

本当に自分にとって必要なものか、そうでないかを見極めて不要なものは断ち切るようにしましょう。

大きな不用品はリサイクル業者に

リサイクル

しかしいらないものをガンガン捨ててしまうというのはもったいないし、粗大ごみになるとお金もかかってしまいます。それに環境的にもよくありません。

発想の転換をして、捨てる前に「売る&あげる」ということから考えましょう。

自分が不要となったものでも、他の人にとっては欲しかったものということはよくある話です。

まずはリサイクルショップや、時間があればオークションなどに出品するなどの方法も考えてみましょう。

また大きいものはなかなか自分で運ぶのは大変です。

リサイクルショップのほとんどは出張サービスを行っています。自宅まで現物を見に来てくれ見積りをするので、気軽に相談してみるとよいでしょう。

お住まいの近くにリサイクルショップがあるかどうか、検索してみましょう。

→全国×リサイクルショップの検索結果

段ボール代を節約する

段ボール

引っ越しするときに欠かせないのがダンボール(梱包材)。

引っ越し会社の中には段ボールではなく、専用のラックやケースに入れて運んでくれるところもあるようですが料金は割高です。

一般に段ボールは、引っ越し人数×15~20個(大10~15個、小5個)ほどが必要と言われており4人家族なら80個前後の段ボールが必要です。

引っ越し会社によって異なりますが、大手から中小の引っ越し会社の場合は、個数限定で段ボールのサービスがあります。

無料でもらえる段ボールの数は引っ越し会社によって違うので、見積りのときに確認しておくとよいでしょう。

無料でもらえる段ボールが足りない場合は、有料で追加依頼するのですが、必ずしも引っ越し会社の段ボールを使わないといけないわけではありません。

近くのスーパーやコンビニに相談すれば無料でもらえるところがほとんどなので費用を少しでも安く抑えたいなら、自分で用意したほうがよいでしょう。

また自分で段ボールを用意できる場合、見積りのときに「ダンボールはこちらで用意できるので、その分引っ越し料金を安くしてもらえませんか?」と、引っ越し会社に交渉してみる価値はあるかもしれません。

フリー便を利用する

フリー便とは、基本的に午後で、時間が何時になるかわからない便です。

通常引っ越しは午前便、午後便とあり、午前便は時間が決まっているので計画的に引っ越しを進めることができます。

しかしフリー便(午後便)は引っ越し会社のスケジュールに合わせて動いているので、時間指定ができず待ち時間が発生します。

その分、値引き幅が大きくなり、引っ越し料金が安くなる可能性が高くなります。

時間に余裕があり、引っ越し費用を安くしたいのなら、フリー便を利用するのもいいでしょう。

軽貨物配送予約なら格安ネット便のハコベル

一括見積りサービスを利用する

引っ越しする場合に、この業者に決めているという方以外は、複数の引っ越し会社の見積りをとって引っ越し料金を比較してみることをおすすめします。

引っ越し会社によって割引の種類や料金が異なるので、どこがどんな割引サービスを行っているのかチェックしてみましょう。

インターネットの引っ越し一括見積りサイトを利用すると最短1分の情報入力だけで一括で複数業者に見積もりを依頼することができます。

引越一括見積りサイトの利用は無料です。また見積もりを取ったからといって必ずその引越会社に決めなければいけないということもありませんので安心して利用してください。

こちらでは知っておきたいノウハウなども掲載しています。

ネットで頼むと安くなる!!
引越し屋

値引き交渉

引っ越し一括見積りサイトの利用結果はいかがだったでしょうか?

さてここからが本番。

概算で自分の引っ越し費用がわかったら、今度は正確な引っ越し料金を出さないといけません。

いくつか候補の引っ越し会社に連絡し、訪問見積りや、電話でのやりとりで詳しい見積りを出してもらいましょう。

そして引っ越し料金の値引き交渉は必ずしなければなりません!

ほとんどの人が値引交渉をしてくるので、引っ越し会社も値引きを前提にした引っ越し費用(少し高め)を出してきます。

ここで必要となってくるのが、合い見積もりです。

家や車など大きなものを購入しようとした場合、1社だけではなく複数の業者から見積りをとると思いますが、引っ越しに関しても同じで、交渉する際は他の会社の見積りを引き合いに出して行うほうがいいでしょう。

引っ越し会社も少しくらい値引きしても仕事が取れるほうがいいのですから、値引交渉には応じてくれます。

1度の電話で、複数の見積が揃う見積もり比較サイト【引越しラクっとNAVI】

Note

何度も引っ越しをしたことがある方はコツをつかんでいるでしょうが、そうでない方はどうやって情報収集したらいいか悩みますよね。

1年の流れをつかんでベストな時期やタイミングでお引っ越ししましょう。そのためには知識をしっかりつけて臨みたいものですね。

人気ブログランキング

お役に立てたなら、ぽちっと応援クリックお願いします☆

人気ブログランキング
いつもありがとうございます!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアボタンを押して情報を共有しましょう。

購読する(更新都度お知らせが届きます)

RECOMMEND こちらの記事も人気です。



トップへ戻る