「縮小専用。」で画像の縮小が楽々!便利な無料ソフト

「縮小専用。」で画像の縮小が楽々!便利な無料ソフト

シェアボタンを押して情報を共有しましょう。

スポンサーリンク
出典:ahmiosho

私がもう何年も使っていてこれはいいと思った無料ソフトがいくつかあります。

その中でもこの「縮小専用。」は優れもの。

あまりに便利なためタスクバーに表示させて使っています。

こちらのインストールのしかたから私が使っている使用方法を備忘録として残しておきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

無料ソフト:『縮小専用。』は画像の圧縮に便利

縮小専用。

縮小専用。トップ画面

「縮小専用。」は有限会社インターセクション様が制作した無料ソフトです。

たくさんの画像ファイルを一括で簡単に縮小させたい。
デジカメ画像を綺麗にしたい。 Jpegの圧縮率はもちろん、ファイルサイズを指定して縮小したい。 …そんなソフトが欲しかったので作りました。

このソフトは一度にたくさんの画像ファイルを好みのサイズに一括で縮小できるのでとても便利です。ダウンロードして使用します。

→ホームページはこちら

ダウンロード方法は、

窓の杜からダウンロード

ベクターからダウンロード

どちらかいいほうでダウンロードしてください。

ダウンロードの手順

パソコン初心者の方のために手順を書いてみました。この説明は不要と言う方は読みとばしてください。

「窓の杜からダウンロード」のしかた

インストール画面

『窓の杜からダウンロード』をクリックしてください。

クリックする場所

左下に『ShukuSen150.exe』と出てくるのでここをクリックします。

実行を選択

実行をクリック。

OKをクリック

OKをクリック。解凍されます。

デスクトップにアイコン表示

デスクトップにショートカットができました。

これで使用できます。

ショートカットがなければ、スタートからすべてのプログラムの中にあると思います。

または、Windows(C;)>ProgramFiles>Shukusenにアプリケーションがあると思います。

「縮小専用。」の使い方

画像の圧縮のしかた

ドラック&ドロップして使う

好みのピクセルサイズの〇をクリックし●を入れて、圧縮したい画像をドラック&ドロップするだけ。

画像が貼りついたところ

画像が貼りつき…

リサイスできた

「Resized」フォルダーができました。この中に縮小した画像がストックされます。

320×320で縮小したけど、画像がちょっと小さいので400×400にしたいという場合、400×400に●をして同じようにドラック&ドロップすると、400×400に縮小したものがResizedフォルダーに上書きされます。

両方のサイズを残したい場合は、最初に縮小した320×320のファイルの名前を変更しておけばいいです。

サイズの違いを見てみよう

「範囲内にピクセルサイズを収める」とありますが、ピクセルサイズとは幅×高さのことです。

160×160

160×160

320×320

320×320

400×400

400×400

640×640

640×640

800×800

800×800

※スマホ(iPhone)からだとこれ以上は640×640と同じ見え方になります。

あと1024×1024と1280×1280がありますが、ここでは大きくなりすぎるためUPしません。

画像を複数まとめて縮小する方法

まとめて縮小する方法

複数の画像をまとめて縮小したい場合は、Shiftキーを押しながら画像を選び、一度にドラック&ドロップするといいです。

これ、大変便利です。

ちなみに飛び飛びの画像を選択するときはCtrlキーを押しながら必要な画像をクリックしていくと選択できます。

進化した「縮小専用AIR」

縮小専用AIR

こちらはグレードアップした「縮小専用AIR」です。

画像サイズの選択は変わりませんが、画像効果がプラスされています。

モノクロにしたり、鮮やかにしたり…。おもしろいのがトイカメラ風やポラロイド風。

トイカメラ風

トイカメラ

ポラロイド風

ポラロイド

いろいろ楽しんでみてください。

Vectorをチェックしてみよう!

Note

私はブログにアップする画像も画像を軽くするプラグインは入れているものの、一旦この『縮小専用。』で圧縮してからアップしています。

するとファイルの読み込みもスピーディで軽いです。

またエクセルにデータとして画像を挿入するときもこのソフトで一旦縮小してから挿入しています。いろいろと役に立つ無料ソフトです。

ぜひお試しを!

人気ブログランキング

お役に立てたなら、ぽちっと応援クリックお願いします☆

人気ブログランキング
いつもありがとうございます!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアボタンを押して情報を共有しましょう。

購読する(更新都度お知らせが届きます)

RECOMMEND こちらの記事も人気です。



スポンサーリンク
トップへ戻る