英語が喋れなくても1億人と友だちになれる!ポケトーク。夢の翻訳機

英語が喋れなくても1億人と友だちになれる!ポケトーク。夢の翻訳機

シェアボタンを押して情報を共有しましょう。

英語である。

かれこれ30年以上も前。大学の卒業旅行で友人たちと初海外、ハワイへ赴いたときのこと。

英語は好きだが、英語が喋れない私。

「オーケー!!」

「ぐっど、ぐっど、ないすじょぶ!!」

など片言の英語で悪戦苦闘…。

そして疲れ果て、青い海を見ながら、

「オー、ビックウェーブ~~…」

「びゅーでぃふぉー…」

と、独り言をブツブツ呟きながら旅は終わる…

無念の想いをした私は英会話学校に通うことを決心。

しかし、就職したばかりで覚えることも多く、

とても英会話までする余裕がなく、

フェイドアウト…。

どげんかせんといかん!

そう思う気持ちはあるものの、なかなか脳みそがついてこない。

「キャン ユー スピーク イングリッシュ?」

程度はわかるのだが…

そうこうするうちに、

結婚し、子どもができ、

英語は0歳から教えたほうがいいと言う話を聞き、

息子をベビー英会話スクールに通わせ、

マザーコースで週に1回、1時間受けるようにした。

ところが、

その時間は真剣にしゃべろうとするのだが、ちょっと英語から離れると

もうさっぱり…。

なんでしゃべれないんだろう………

で、なんで英語がしゃべりたいわけ?

そう、英語がしゃべれると1億人と友だちになれるでしょ?

でも、その私の概念を根底から覆すあるひとつのテレビ番組が…。

「世界の果てまでイッテQ!」で出川哲朗さんのはじめてのおつかいのコーナー。

出川さんがしゃべる独特な英語は、出川イングリッシュと呼ばれ、おそらく私くらいの語学力の出川さんが、ミッションを与えられ、街ゆく人々に尋ねながら、お題をクリアしていくというもの。

例えば、

「ロケ地として有名な天文台へ行き、LAの夜景をリポート!」

この天文台とはグリフィス天文台のことで、映画ターミネーターでシュワちゃんが未来からやってきた場所として一躍有名になり、映画ラ・ラ・ランドでも主演のふたりがダンスをした場所として有名。

天文台を英語で言うと、「Observatory」

聞き取りと発音が極めて難しい単語。その単語を引き出すためにガンガン質問しまくり、なんと出川イングリッシュが通じてしまうのです。

そのやりとりに、お腹を抱えて笑ってしまいます。

「ドュー ユー ノウ スター ルッキングマシーン?」

「Telescope?(望遠鏡?)」

(お、ルッキングマシーンで通じてる?)

「ワン モア ソーリー?」

「Telescope(望遠鏡)」

(テェラァスコォゥプ)

テレスポーク??

天文台見つけました!

望遠鏡を早くも引き出しました!

こんな風にガンガン突っ込んでいく。

でも、そこに語学力は関係なく、どんどんとコミュニケーションを取っているではありませんか…。

ほんとうに必要なのは、自分の気持ちを伝えること。

これができれば英語だろうが、中国語だろうが、韓国語だろうが、

関係なくコミュニケーションがとれる。

要は気持ち次第!

そう思ったら、ちょっとの英語とボディランゲージで何とかなるさ!なんて思えてきた。

でも現実問題、ちょっとした微妙なニュアンスを伝えたいことってあるよね?

偶然、みつけたyoutube。

なんですか?これは???

むっちゃ便利ではないですか~??

翻訳機を超えた、夢の「通訳」機

超小型「通訳」デバイス!

英語、中国語、韓国語、フランス語、タイ語、ベトナム語など63の言語を網羅しているようだ。

これ、気になる。

人気ブログランキング

お役に立てたなら、ぽちっと応援クリックお願いします☆

人気ブログランキング
いつもありがとうございます!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアボタンを押して情報を共有しましょう。

購読する(更新都度お知らせが届きます)

RECOMMEND こちらの記事も人気です。



スポンサーリンク
スポンサーリンク
トップへ戻る