バターサブレのおいしい作り方。決め手はアーモンドプードル

バターサブレのおいしい作り方。決め手はアーモンドプードル

シェアボタンを押して情報を共有しましょう。

photo by:ahmiosho

ケーキやクッキーを焼くときに甘い香りがキッチンいっぱいに広がる感じが好きです。もうその香りだけで幸せな気分になります。

そしてその甘い香りは家族もなにやらワクワクしている気配が伝わります。

たまにはひと手間かけてお菓子作りをしてみましょう。

私がクッキーを焼くとき、何度も作るレシピがあります。

最近忙しくてなかなか作ってやれなかったのですが、大学生になる息子がひさびさ母さんの焼くバタークッキーが食べたいと言ってきました。

今回は我が家定番「バターサブレ」を焼いてみます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ほんとうに作りやすい焼き菓子レシピ『バターサブレ』

バターサブレ

材料

(約50枚分)

  • 薄力粉…130g
  • アーモンドパウダー…50g
  • バター(食塩不使用)…110g
  • グラニュー糖…55g
  • 卵黄…1個分
  • 塩…ひとつまみ
  • まわりにまぶすグラニュー糖…適宜
  • 打ち粉用の粉(あれば強力粉)…適宜

私は少し小ぶりに作るのでこの分量で70個くらい作れます。

下準備

  • バターは1.5cm角に切り、冷蔵室に入れておく。
  • 天板にオーブンシート(クッキングシート)を敷く。

作り方

生地

【フードプロセッサーを使って】

  1. フードプロセッサーに薄力粉、アーモンドパウダー、グラニュー糖、塩を入れ、粉類をふるうつもりでざっと回します。

  2. バターを加えてスイッチのオンとオフを繰り返し、バターと粉がサラッと混ざり合ったら、卵黄を加えます。再びスイッチのオンとオフを繰り返し、ひとかたまりにまとまったところで生地を取り出します。

  3. 平らにまとめてポリ袋に入れるかラップで包み、冷蔵室で1時間以上休ませます。

  4. 打ち粉をふった台に生地を取り出し、2等分にしてそれぞれ直径2.5~3cmの棒状にまとめます。ラップで包み、再び冷蔵室で2時間以上休ませます。オーブンを170℃に予熱します。

  5. バットなどにグラニュー糖を広げ、生地を転がして全体にまぶしつけます。7~8cm厚さに切り分け、天板に間隔をあけて並べ、170℃のオーブンで15分ほど焼いてできあがり。

【手で作る場合】

  1. 室温に戻してやわらかくしたバターをボウルに入れ、泡立て器でクリーム状に練り、グラニュー糖と塩を加えて白っぽくふんわりするまですり混ぜます。

  2. 卵黄を加えて混ぜ、ふるった薄力粉、アーモンドパウダーを一度に加え、ゴムベラでざっくりと粉っぽさがなくなるまで混ぜ合わせます。

  3. 生地をまとめて冷蔵室へ。これ以降のプロセスは上記の3からと同じです。

作りづづけてもう10年…

子どもたちが小さいころに何度も焼いてあげたバターサブレ。

それまでもいろいろな焼き菓子を焼いてみましたが、このバターサブレは格別。唯一リピートして作っているレシピです。

そして何より作りやすい。

手軽にできるのはフードプロセッサーのお陰…。

フードプロセッサ

そしてナッツ類がこの上なく好きな私にとって、アーモンドの香り漂うバターサブレはもう格別!

アーモンドプードル

ここでのポイントはアーモンドプードル(アーモンドパウダー)

クッキーだけではなく他にもいろいろ使えます。そのレシピはまたの機会に…

使い込んでヨレヨレになってしまった

『”何度も試作してようやくたどりついた”ほんとうに作りやすい焼き菓子レシピ』

”何度も試作してようやくたどりついた”ほんとうに作りやすい焼き菓子レシピ

これはもう私のバイブルです。

”何度も試作してようやくたどりついた”ほんとうに作りやすい焼き菓子レシピのページ

今回ひさびさにバターサブレを焼こうと本を探したところ本棚にない。はて?

何度探すがない。

なぜ?

あれやこれや探し回ったら、ひっそりと末娘のデスクの本棚に立てかかっていました。

娘もすっかりこの本が気に入った様子。(彼女が焼いたクッキーを食べたことはないのだが…)

本を探し回らずに済むようにレシピをアップしておこう♪と記事を書かせて頂きました。作り方も簡単なのでぜひ焼いてみてください。

人気ブログランキング

お役に立てたなら、ぽちっと応援クリックお願いします☆

人気ブログランキング
いつもありがとうございます!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアボタンを押して情報を共有しましょう。

購読する(更新都度お知らせが届きます)

RECOMMEND こちらの記事も人気です。



トップへ戻る