消しゴムはんこのコースターを作ろう。ぶきっちょでも簡単図案なら大丈夫!

消しゴムはんこのコースターを作ろう。ぶきっちょでも簡単図案なら大丈夫!

photo by:ahmiosho

シンプルなコルクのコースターに何かしらデコレーションして華やかに見せたい…と思ったとき、ホワイトマーカーで絵を描こうか…とも思いましたが、絵心がないのでやめて、はんこをペタペタ押すことにしました。

そこで使ったのがかつてはまっていてせっせと作った「消しゴムはんこ」

photo by:ahmiosho

気合はあるのですが、細部がうまくできず納得いくものはありませんが、作り方くらいは知っているので、下手ですが手順を公開したいと思います。

なので細かな部分についてはスルーして見てくださいね。

消しゴムはんこを作ろう!

材料・道具

photo by:ahmiosho

・消しゴム…100均に専用の消しゴムがあります

・彫刻刀

・カッター

・デザインカッター…あると便利!

・カッターマット

・えんぴつ

・トレーシングペーパー…なければクッキングシードで代用可

・練り消しゴム…なければウェットティッシュで代用可能

・スタンプ

How to make

1図案を転写する

photo by:ahmiosho

図案を決めたらトレーシングペーパーに転写します。

photo by:ahmiosho

消しゴムの表面をきれいにします。消しゴムの表面についている粉を練り消しゴム(なければウェットティッシュ)で拭き取ります。

絵を描いたトレーシングペーパーを消しゴムに転写します。このとき定規など使って優しくこすると消しゴムに絵が写ります。(爪でもシャーペンの書く方と反対側の消しゴムがついてる先っぽでもいいです。)

文字がある場合は反転に気をつけましょう。トレーシングペーパーに描いて写す場合は反転になっていますが、消しゴムに直接書く場合は反転させて文字を書かなければいけません。

2消しゴムを彫ります

photo by:ahmiosho

図案を移したら消しゴムをざっくりカットします。

photo by:ahmiosho

アウトラインを削っていきます。

出典:ahmiosho

ここでポイントとなるのが、刃は絵に対して台形になるようにもってくること。

photo by:ahmiosho

輪郭を彫ったら今度は逆さに向けて、同じように刃を外側に斜めにむけて彫ってくり抜きます。

photo by:ahmiosho

このような感じで輪郭をくり抜いていきます。

photo by:ahmiosho

ぐるっと1周彫ります。

photo by:ahmiosho

シルエットが彫れました。

photo by:ahmiosho

周りの余分なところをカットしていきます。

photo by:ahmiosho

不要な部分を切り取ります。消しゴムの側面の上2~3mmのところにカッターの刃を垂直に入れて切り取ります。

photo by:ahmiosho

細部を彫っていきます。

photo by:ahmiosho

大きいところは何度かに分けて彫っていきます。中も同じように図案に対して外側にカッターの刃を入れて台形になるよう意識して彫っていきます。

photo by:ahmiosho

細かな部分は彫刻刀のV字になった刃を使って彫ります。

photo by:ahmiosho

目の部分はV字の刃の彫刻刀を使います。

photo by:ahmiosho

刃を目にあてたら刃は動かさず、消しゴムをぐるりと1周回しながら彫っていきます。

photo by:ahmiosho

カスを練り消しで押さえて余分な屑をきれいに取り除き、スタンプインクをつけて試し押し。

消しゴムはんこを机において、インクの印面をはんこに叩くように押し当ててインクをつけます。

photo by:ahmiosho

押してみて気になるところを微調整していきます。

彫り方のコツ

彫刻刀やデザインカッターの刃を斜めに入れて彫っていきます。黒い部分は残すように、慎重に彫っていきます。

横から見て台形になるように彫っていきます。

途中でカスがでたら都度練り消しで押さえて取り除きながらやるとキレイに仕上がります。

コルクのコースターに消しゴムはんこ

photo by:ahmiosho

小鳥と木のスタンプをペタペタ…。木のはんこは切り取った余りの部分で作りました。

photo by:ahmiosho

しずくのコースター。こちらも余りの消しゴムをそのまま捨てるのが勿体無くて作ってみました。

Note

消しゴムはんこは図案の線をなぞって切り取って作ります。簡単な図案であれ、込み入った図案であれやり方は同じ。凹凸のあるなしで絵が決まってきます。

色をつけたいところは刃を入れず、色をつけたくないところをくり抜く…。これが基本。あとは図案が斜めにどっしり構えているかどうかを意識して刃を外側に斜めに入れて台形を意識するといいです。

そう偉そうに言っていますが、ここからが難点。くりぬくときにスパッとくり抜ければ成功。ここがきれいにくり抜けずもたついてしまいガタガタになるのですが…。まだまだ修行が足りません。

photo by:ahmiosho

バイブルにしているのが消しゴム作家の津久井智子さんの作品。簡単な図案もあり、ぜひチャレンジしたいと思わせるような絵柄ばかりで創作意欲を掻き立たせてくれます。

カッターでも彫れますが、初心者はデザインカッターのほうが使いやすいと思います。不器用な私はデザインカッターのほうが細部まで刃が届くのでやりやすく、スリムサイズと合わせて使い分けています。

ひとつもっておきたいステイズオンのスタンプ。

スポンサーリンク
人気ブログランキング

ブログランキングに参加しています!応援クリックお願いします♪

人気ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る